バスケでパスするときのコツとか、練習の仕方の動画

パスのコツとか、上手くなる仕方とか。

ただしたいようにパスするといい。たくさんバスケットをすれば、あそこにあのくらいで出せばいいパスになるとわかってくる。

ミスをすれば、もう少しこう出せばいいなとわかる。たくさん、楽しんで、繰り返すだけでいい。

こういうときはバウンドパスだとか、インサイドに入れる方法だとか、真似したりして、わかってくる。

パスが苦手な人は、どうしたらいいか。

sponsored link

コツは焦らないこと。よく見て出すことだ。

見るのはレシーバーだけじゃない。レシーバーについているディフェンスがどう守っているか、スペースはどんな感じか。

パスミスが多いなら、もう少しプレイが緩い環境でやってみると、いつもより自分が周りをよく見えていると思えるはずだ。

いつもは緊張したり、疲れすぎていたり、バランスを崩しているからパスミスしやすい。

落ち着いていられることが大切だ。ミスを悔いないで、どんどんミスしていくくらいの気でいるといい。

バスケットの攻め方のセオリーを知っていくことも、助けになるとは思う。

パスの練習方法についての考えとか、捉え方を知りたい人は、下のリンク先の動画を見てみるといいんじゃないだろうか。

リンク:ERUTLUC|PRACTICE

sponsored link

関連する記事