バスケの1on1のコツ、テクニックとか抜き方とか

1on1のコツとか、抜く方法、攻める方法とか、どうしたらうまくいくか。

駆け引きで勝つとうまくいく。駆け引きで勝つ、相手が予想とか対応ができないことができると勝つ。

ドリブルのテクニックとか、抜き方、ずらし方の技みたいなことで書いてみる。

自分のデイフェンスの、左右のどっちかの足が前にある。自分に近い方の足がある。そっちの方を抜きにいく。

相手が足を引いたら、反対の足が近くなるから、切り返してそっちを抜きにいく。また引いたら、また反対を抜きに行く。

左右のこの駆け引きがある。近い足の方を抜くときに、相手の前足が変わったと見たらすぐに切り返す、に相手が対応したらすぐ切り返す。

この左右の駆け引きの仕方のなかに、いろいろなドリブルのテクニックがある。

sponsored link

前足が出ないように平行に守ってくるディフェンス。ジャブステップを踏んで抜きにかかったり、ヘジテーションでどちらかを抜こうとすると、下がる。

ディフェンスが下がったら、こちらは止まったり下がったりしてシュートを打とうとする。シュートのヘジテーション。ディフェンスは前に出る。前に出るとき、前足が出る。そちらをまた抜きにいく。

相手が近づきすぎていたら、ビハインドザバックとか、ロールしたりできる。抜けそうだったらそのままいける、いけなそうならステップバックでまた距離ができる。

左右を抜く駆け引きの中で、決められるときにシュートを打つ。読みあいになる。夢中になれば、自分の得意なやり方がでる。

ドリブルが自由にできるほど、1on1は楽しい。ヘッドアップして、相手の状況をよく見られると、駆け引きがよくできるようになる。

バランスを崩すと、ドリブルをつくのが大変になって、相手の前足とか距離感をみていられなくなる。緊張して力んでしまう。駆け引きが難しくなる。

ハードに守ってくるディフェンスとすると、こっちも強さとか速さでがんばろうとしてしまう。駆け引きがうまくならない方向にいく。

うまくいかないことが続いたら、もう少し緩い相手とやってみる。そしてムリに何とかしようとしないで、駆け引きでずらそうとしてみる。

いつもより、落ち着いてできると思う。いつもはその落ち着いた感じがないから、駆け引きが上手くいかなかったりする。

落ち着いたなかでやっていると、いつも自分が相手のことを見られなくなるから、駆け引きのコツが掴めないで、1on1がうまくいかなくなっていることに気づく。

繰り返して、相手の反応を見られるようになってくると、コツがつかめてくる。ずらすやり方の感じがつかめてくる。

自分がずらしやすいやり方で攻めていると、相手はそれを覚えて対応してくる。

ずらし方、フィニッシュのパターン、好きな位置、苦手な位置、左右のドライブの加減。相手の中で、どんな感じかがわかられてくる。相手がこちらを読みはじめる。止められはじめる。

そうすると相手が予想していないことをやることになる。ヘジテーションでずらしてくると思っているところで、いきなりシュートを打ったり、ペネトレイトしていく。

技術と位置関係をよくみるコツというよりも、雰囲気とか直感を感じる方向になる。これも駆け引きのうまさになる。

いきなりそういった心理的な駆け引きをするというより、位置関係とかずらし方を丁寧に身につけていった方が、楽しくなるのかなと思う。

sponsored link

関連する記事