バスケの1on1のコツ、テクニックとか抜き方とか

1on1のコツとか、抜く方法、攻める方法とか、どうしたらうまくいくか。

駆け引きで勝つとうまくいく。駆け引きで勝つ、相手が予想とか対応ができないことができると勝つ。

ドリブルのテクニックとか、抜き方、ずらし方の技みたいなことで書いてみる。

自分のデイフェンスの、左右のどっちかの足が前にある。自分に近い方の足がある。そっちの方を抜きにいく。

相手が足を引いたら、反対の足が近くなるから、切り返してそっちを抜きにいく。また引いたら、また反対を抜きに行く。

左右のこの駆け引きがある。近い足の方を抜くときに、相手の前足が変わったと見たらすぐに切り返す、に相手が対応したらすぐ切り返す。

この左右の駆け引きの仕方のなかに、いろいろなドリブルのテクニックがある。

続きを読む

バスケでパスするときのコツとか、練習の仕方の動画

パスのコツとか、上手くなる仕方とか。

ただしたいようにパスするといい。たくさんバスケットをすれば、あそこにあのくらいで出せばいいパスになるとわかってくる。

ミスをすれば、もう少しこう出せばいいなとわかる。たくさん、楽しんで、繰り返すだけでいい。

こういうときはバウンドパスだとか、インサイドに入れる方法だとか、真似したりして、わかってくる。

パスが苦手な人は、どうしたらいいか。

続きを読む

バスケットボールの体力づくりのトレーニングをするなら

どういうものがあるか。

むやみに身体を追い込むようなことはしないで、伸び伸びやる。できる範囲でいい。自分をいじめてもどうにもならない。気持ちよく続けることのできる範囲やる。

それを続ける。やりたくない日はやらない。こうなったらいいなという夢をもって日々を過ごす。走りたくなったら走る。トレーニングしたくなったらする。どんな練習も一緒だ。

続きを読む

頑張っても報われないときとか、報われない努力を変えていくときに

真面目に頑張ることが、報われることにつながるわけじゃない。真面目とか頑張るには、やらなければいけないとか、やるべきだ、みたいな力みが入る。

それよりもいい方法がある。報われたいと思って努力するより、夢を見よう。こうなったら楽しいぞとか、こうなったら気持ちいいだろうな、という想像を膨らませよう。

続きを読む

バスケットのフットワークの仕方とか、練習メニューのこと

バスケのフットワークのこと。

全力で頑張ったり、こなすものじゃないと思っている。ケガをしにくい機能的な動きとか、力まず楽に動ける身体づかいを身につけるために、動作のトレーニングがある。たくさん頑張っても、消耗の大きい身体づかいをたくさん身体に覚え込ませることになってはよくない。

動作を観ることができる人がそばにいて、丁寧に一人一人を見ていくことが大切だと思う。あまり上手じゃない人にこそ、そういうものが大事になるのだなと思う。決められた形を、その人にあったフィードバックもなしにとにかく頑張らせるのはおかしなことだ。

続きを読む

バスケのボールハンドリングの練習をどうやっていけばいいだろうか

バスケのボールハンドリングを練習するとき、ハンドリングをよくしたいとき。

ボールの扱いは全身でする。手だけでボールをたくさん触って馴染ませるやり方よりも、身体のバランスが変わる中でボールを扱うことが大事になる。手先だけでボールを扱うと、いざというときに手先を力ませてボールを処理することになる。なかなか思ったようなボールさばきになりづらいし、疲れやすい。足や背骨や、身体全体がつながりあるなかでボールを操れれば、気持ちがよくきれいな動きになると思う。めざすといい方向はそうだろう。

色々な事情でそういった手先の力みや、ぎこちない動きがある。頭でわかったからといって、すぐ全身でそうできるようになるということにはならない。いますぐこの特定の動きができるようになりたいと、目の前のできるできないの結果にのめり込むことが、かえってハンドリングが上手くなっていかない感じを呼んでいるのかもしれない。結果はいますぐに変わらないが、動きは日々、少しずつ良くしていける。身体を動かしていく。

続きを読む

体力をつける方法と、そのときに気をつけるといいだろうこと

体力をつける方法。

身体を動かすこと。身体を動かさないで食事だとかサプリだとかで栄養をとっても、身体の力はつかない。身体を動かさないでたくさん眠っても、休んでも、体力はつかない。身体を動かすこと。

ただ、身体をむやみに動かすことは違う。気持ちよい動き方で動くこと。小さいときは走ること自体が気持ちよかった。あんな感じで、楽しめるような動きをすること。勝利とか数字とか努力とか、そういうことじゃなくて、気持ちいいから続けたいような動きがいい。やめたいと思ったらすぐにやめる。無理をしたって続かない。気持ちいい動きは疲れてきても続けたい感じが続く。したくない動きはしなくていい。

ランニングをどれくらいやれば体力がつくとか、ダッシュを何本やればつくとか、そういったことじゃない。自分で動きたいように動いていくのが、健康だし、体力をつけるということだと思う。数字で目標を作る、みたいなことはあまり奨めない。数字目標は自分をいじめる方向にいきやすい感じがする。心身にいいことじゃない。ただ動きたいという欲求があれば、それに従っていくといい。動きたくないなら、動きたくなるまで休む。休んだら、動きたいように動く。ラジオ体操でもいい、子どものように適当にピョンピョン跳ねるのでも悪くない。気持ちよく動く。

続きを読む

眠れないときにどうするか、どんなことを試してみるか

眠れないときは、むりに眠ることはどうやら難しいみたいだ。難しいっていうのは、ほとんどできないくらいの意味だ。

眠れないときは、わりと諦めることにしている。眠いときに寝れるんだから、眠くないときには寝れない。食べたいときは食べられるけど、食べれる感じがしないときは、食べれないし、くらいで。眠るべきなのに眠れない、みたいなのでよけいに苦しくなる。すっぱり諦める。明日は眠い感じで過ごすだろうけど、仕方がない。眠い中でも動けば、明日は今日よりは眠りやすいだろう。

バイオリズムとか、月の満ち欠けでも身体の調子は変わるという。誰もにそういう時期がある。仕方がない。眠らなかったから心身に大変なことが起こるということはない。

本を読んだりゲームをしたりして、眠くなってこないか試すこともある。でも頭が冴えるような面白いものに熱中するより、歩いたりストレッチしたりなにかを叩いたりして、身体を使ったほうがいいかと思う。背伸びするのは好きだ。

続きを読む

食べ物のこと、栄養とか健康のこととか、いろいろ勉強してきて

食事について、いろいろと読んだりしてきた。

食べ物のいろいろ、あれこれと知識がたくさんある。食べ方、栄養のこと、バランス、カロリー。どれも間違ったものじゃない。けどそれを守れば望み通りのことが起こるという風にはならないと思う。どうやら私たちはこのあたりの食生活が適しているみたいだ、という相場はあっても、自分自身がそれに適するかはわからない。

自分で試すといい。妊娠中、部活中、アスリート、女性、子ども、アレルギーの有無、好み、遺伝、生育環境。ふだんは微妙でも疲れているときにはおいしく感じるものもある。身体はそのときの自分にあった食べ物を知っている。あった食べ物なら唾が出たり、それを食べたい感じがする。あっていないなら食べたい感じがしない。食べたい感じがしないなら、無理に食べることはない。動いたり過ごしていればそのうちに食べたくなる。

続きを読む

バスケのシュートのコツとか、いいフォームのこと

久しぶりに書こうと思う。

シュートフォームのことについて、どんなフォームがいいんだろうとか、いいフォームってどんなのだろうとか。

ついつい力の伝わりづらい、力みの大きいシュートフォームになるのはよくあることだと思う。誰かのフォームを見たとき、明らかにひじが窮屈になっていたり、手首が変なことになっていたりすれば、入りづらいだろう。けど、それはその人のいまの身体感覚やコンディションの中でベストなフォームが出ているものだなとも思う。

人間の身体の構造的にいいフォームはあるだろう。解剖学的に、運動力学的に。でも、いろんな事情でいまのそのフォームになっているということがある。全員がトンプソンとかレイアレンみたいなフォームで打てるわけじゃない。自分なりにフォーム改善に努力してきてなかなかうまくいかない人が、もしも少しでもそういった理想のフォームに近づきたいのなら、ヨガとかボディワークとか、武道系のなにかとか、身体の感覚を育てたり広げたりするようなものに取り組むといいのかなと思う。

でもそういうことをする余裕がない人だとか、なかなか目がいかない人が多いだろうから、そういう人はどうしたらいいだろう。

続きを読む

人生に疲れたときに効く、こころを回復させて元気になる5つのヒント

人生に疲れた、というような気持ちになることは、程度の差はあれ誰にもある。自分がそうなってしまったときは、何とも言えない暗く窮屈な感じが生活全体に覆いかぶさり、助けが欲しくなったり何もかも投げ出したい気持ちになる。こうしたときはいったい私たちにどんな方法が残されているのだろうか。

人が人生を穏やかな喜びとともに生きられないのは、それなりの理由がある。これから示す方法は全ての人の万能薬ではないが、丁寧にしっかりと実践すれば、不全感や苦しみを取り除く助けになるはずだ。

続きを読む

本番に強い自分になれる、効果的な4つのメンタルトレーニングの方法

メンタルトレーニングの方法を知ることで、自分のパフォーマンスを高められるようになるのがこの記事の狙いだ。

スポーツだろうと仕事であろうと、強いメンタルは重要だ。ここではスポーツにも仕事にも使えるメンタルトレーニングの基本的な種類とやり方をまとめ、いくつかのエクササイズを紹介する。どうすればタフなメンタルを手に入れて心理的に強くなれるのか。悩んでいる人は試行錯誤の助けにしてみよう。

続きを読む