バスケのシュートでコツやフォームより大切なこと

よいシュートフォームとはこういうもの。シュートを打つときのコツはこう。世の中にはこうした情報がたくさんあります。

例えば大殿筋、大胸筋。指のかかり、脚のターン、BEEF。ボールの真ん中を押し出すこと、ディップ、ホップ、スウィープアンドスウェイ。そのどれも筋が通っているでしょうし、人によってはいいものになるかもしれません。

ですが人の身体は千差万別です。その工夫がいまの自分にとってよいものかはわかりません。また、そうしたコツやよいフォームを知ることで、かえって動きを硬いものにしてしまうこともあります。そういう人は「こう動くように」と身体に強いることが、かえって事態を難しいものにしているのかもしれません。

それはシュートの飛距離を伸ばそうとして、筋トレをしてしまうことに似ています。どこかの部分が重要だと思い込んで、そこを使おうとしてしまい、良くないときには筋肉を硬いものにしてしまいます。ですが、身体に力が流れるようにし、バランスと弾みでシュートを打てば、筋トレをせずともシュートは届きます。

誰でもうまく力を流せなかったり、意識しづらい部分があります。ここでカギになっているのは身体に気づくこと、気を通すこと、身体と繋がることです。

続きを読む

理解力がないのではなくて

得意な把握の仕方に違いがあるだけなのかもしれません。ある例え方ではピンと来なくても、例えを変えればすっと理解できることがあります。誰でもそんなことがあって、それぞれにやさしいわかり方があるでしょう。

続きを読む

トライアングル・オフェンスについて

トライアングル・オフェンスについてシンプルに書いておきます。

モーションオフェンスも戦術もぜんぜんわからなかったとき、このオフェンスを噛むようにひとつひとつ理解して、オフェンスの仕方やスペーシングを理解していきました。

続きを読む

緊張しない方法のこと

試合前に緊張してしまうようなときは、身体が硬くなったりしています。その硬さは避けられません。色々なことを思ったりして落ち着こうとするかもしれませんが、大切なのはその身体の緊張感を感じることです。感じているうちに硬さはほぐれ、緊張感は少し薄れてきます。

続きを読む

仕事に行きたくないときに

無理をして仕事に行くことで、身体にはストレスが蓄積していきます。うまくストレスを身体から抜けさせる時間をとれればいいのですが、そうできないと固まって流れなくなってしまったりもします。

続きを読む