ブルズとレイカーズを優勝させた、トライアングル・オフェンス

トライアングル・オフェンスについてシンプルに書いておく。

モーションオフェンスも戦術もぜんぜんわからなかったとき、このオフェンスを噛むようにひとつひとつ理解して、オフェンスの仕方やスペーシングをわかっていった。

sponsored link

トライアングル・オフェンスは三角形を作って攻める。下みたいな感じだ。

トライアングルオフェンスの図解

ボールマンのウィング、コーナー、ポストでトライアングル。残りの2人はトップと逆サイドのポストにいる。この基本のセットアップに5人がエントリーしてくる。

もしもこの形を作ることをディフェンスがボディチェックとかで防ごうとしてきたら、オフェンスはポジションチェンジを行ったり、裏をかいてシュートまで持ち込んでしまう動きをする。それも含めてトライアングル・オフェンスになる。

例えばオーソドックスに、スタックからトライアングルのポジションをつくろうとするとこうなる。トップからウィングにパスをした選手が、コーナーに切れていく。

トライアングルオフェンスの図解

そのときトライアングルをつくらせたくないディフェンスが、ウィングでボールを持たせないように、オーバーにディナイしてくるときがある。このとき、トライアングルにはこだわらないで、すぐバックドアのプレイで攻めてしまう。オフェンスにこの用意があるから、ディフェンスは無理にディナイしづらい。

トライアングルオフェンスの図解

それかガードがそのままウィングへとボールを運んで、ウィングがコーナーまで下がってもいい。これで三角形になる。

トライアングルオフェンスの図解

ウィングにボールが入ったあと、トップの選手が厳しいボディチェックをされることもある。そうしたら逆サイドの人がコーナーに移動してトライアングルをつくる。

トライアングルオフェンスの図解

こうして「はじめのトライアングルを作れないようにディフェンスされたときはどうするか」ということも、トライアングル・オフェンスの一部になっている。ディフェンスがオーバーしたら、裏をつく。

トライアングルができたらどうするか。第一にポストにボールを入れる。センターじゃなくてもいい。ジョーダンやコービーとかの外の選手もここでプレイできる。シャックだったら強力。

トライアングルオフェンスの図解

ポストマンがボールを持ったら、他の4人はポジションチェンジとかスクリーンを使った動きをする。たとえば下の図。ボールサイドではポジションチェンジが、逆サイドではバックスクリーンのカットがある。2つともチャンスをつくる動きになる。

トライアングルオフェンスの図解

ボールサイドの動き。動いていることが大切。動きがないときにコーナーのディフェンスがポストマンに寄っていけば、ディフェンスはコーナーのオフェンスへのパスを防ごうと手をあげることができる。挟まれる。それに、コーナーへのリターンパスに反応してすばやく戻ることもしやすい。

ポジションチェンジしていれば、コーナーからポストマンに寄ったディフェンスが、ウィングに移動したオフェンスへのパスをじゃましたり、すばやく反応することはむずかしくなる。単純なポジションチェンジでもディフェンスとずれができて、シュートチャンスにしやすくなる。

逆サイドの動きも見る。トップの選手にバックスクリーン。ポストについているディフェンスは、がら空きのローポストをケアするために下がることになる。そうすれば、スクリーナーはハイポストからシュートするチャンスができやすい。

他にもパターンがある。たとえばボールサイドでダウンスクリーンをかけて、ポストマンからの手渡しパスでリングにいく。逆サイドでシュートのできるポストマンをあげて、トップの選手がサイドに開く。

トライアングルオフェンスの図解

これはボールサイドでコーナーでシュートチャンスを作り、逆サイドでポストマンのバックドアを狙うパターン。

トライアングルオフェンスの図解

っていう風に、ポストマンにボールが入ったときに、両サイドでチャンスを作る動きをはじめる。選手ひとりひとりのスタイルとか好きなプレイとかによって、いちばんいいやり方で攻めていく。ポストマンがそのまま1on1してもいい。外の動きがよければ、フリーになるのでディフェンスはカバーに寄りづらい。ポストマンが強力なら、ディフェンスはけっこう困る。

これがトライアングルオフェンスではじめに狙うかたち。

じゃあ、ポストマンがディナイされて、ウィングからボールが入らないときはどうするか。

ポストマンが高すぎも低すぎもしない位置にいる。ディフェンスがフルフロントでパスコースを切ったら、逆サイドのポストマンがハイポストにあがれば裏にボールが入る。

トライアングルオフェンスの図解

ディフェンスが残っていたら、ハイポストでフリーのシュート。

トライアングルオフェンスの図解

トップのディフェンスがハイポストをケアする場合は、トップからフリーのシュート。ここからトップのボールマンからのパターンにも入れる。

トライアングルオフェンスの図解

こういう風に、ディフェンスはフルフロントで守るのが難しい。じゃあサイドライン側からケアしてくるときはどうか。このときも、ポストマンはゴール側へ単純にスライドすればいい、決定的なチャンスになってしまう。これはディフェンスのミスになる。

トライアングルオフェンスの図解

ディフェンスはディナイをするときは、裏をとられないようにして上からかぶる。角度のない場所でボールをもらわせれば、エンドラインを味方にできるし、ドリブルからの縦足(ドロップステップ)も難しいから。

トライアングルオフェンスの図解

こういうディナイをされた場合はどうするか。ウィングのパッサーには3つの選択肢がある。

コーナーの選手がボールをもらえれば、角度が変わってポストマンにボールを入れられる。

トライアングルオフェンスの図解

コーナーのディフェンスもディナイされていれば、ポストマンがほんの少し外へ出てバックドア。逆サイドの選手が上にいっているから、ゴール下があいている。

トライアングルオフェンスの図解

トップの選手にパスしたときは、おもに2つのプレイになる。一つはピックアンドロール。がら空きのサイドを使える。5のポストマンがあがって、逆サイドでポジションチェンジする。そうすればダイブしたスクリーナーをケアしようとヘルプが寄っても、ハイポストとかトップ、逆サイドでシュートチャンスになる。

トライアングルオフェンスの図解

もうひとつはエルボーに移動したポストマンへパスを出し、ハンドオフパスしてシュートする。ピンチポスト。

トライアングルオフェンスの図解

もしトップがディナイをされてたら、ハイポストの選手にパスでバックドアになる。

トライアングルオフェンスの図解

ハイポストからはハイアンドローもできる。ポストマンが強力だと、頼りになるパターンになる。

トライアングルオフェンスの図解

だいたいこれくらいだ。ポストにボールを渡すことを第一にして、いろいろなパターンで攻められる。ある程度のパターンが用意されているから、ディフェンスの守り方によってひらめくように自由に攻めやすい。大事なのは、一人ひとりがしっかり止まれる、相手の状況をよく見れる、自分がチャンスだと気づける、味方のチャンスに気づいてパスできる、といったようなことだったりする。下はレイカーズのトライアングル・オフェンス。

バスケの攻め方があまりわからないときに、トライアングル・オフェンスがわかるようになると、なかなか楽しいことになるかもと思う。考案者のテックス・ウィンターは「このシステムにはバスケットボールのすべてのオフェンスが含まれている」と言ったらしい。

そのほかのオフェンス方法を知りたい人に、下の記事。

参考記事:バスケットのシャッフルオフェンスの特徴と基本の動き方、条件を解説
参考記事:バスケのオフェンスの動きの考え方、パッシングゲームの攻め方の話

sponsored link

関連する記事