スタミナがないあなたへ、体力をつけるシンプルで効果的な4つの方法

体力をつける方法

体力のつけ方というのは大切だ。何かに取り組むためのエネルギーを体力だと定義すれば、その量がその人の取り組みに決定的に影響する。色々なことに力を注げる大きなエネルギーを持つ人は、それだけチームの活動で成果を上げ、経験を得て成長していくメリットが得られる。あなたは活動の初期に体力をつける努力をすることで、成果と成長へ効率よくアプローチすることができるのだ。

今から挙げるのは体力づくりのための、魔法のようなスタンダードな取り組みだ。これらの4つの体力アップの方法を意識することで、あなたが疲れやすいと感じていても、簡単に改善することが出来る。その理由は、これらは昔から人類が体力の維持と増強に使っていた、人間ならば小学生や中学生の子供だろうが、仕事の忙しい社会人だろうが高齢者だろうが、老若男女の区別なく健康づくりができる方法だからだ。

体力づくりに欠かせない4つの方法まとめ


習慣づけて定期的に運動する

あなたがプロバスケットボール選手かオフィスワーカーかで、求められる体力はずいぶんと違ったものになる。もっと言えば、あなたがプロ棋士だった場合、プロバスケットボール選手とはまた違った体力をつける必要があるだろう。活動目的によって必要となる体力というのは異なってくる。それでも、運動があなたの成果と成長を後押しする基礎的な体力を増やすことははっきりとしている。

あなたが激しい運動をしないとしても、散歩、つまりウォーキングの習慣は体力を向上させるのにもっともいいものだ。少ない負荷で効率的に全身を鍛えられ、脂肪を燃焼させてやせる効果もある。心臓の負荷を気にせずに気持ちのいい疲労感を味わいたいのなら、有酸素運動であるジョギングやランニング、マラソンなどは一人でも実施できてオススメだ。自転車があるならサイクリングにいってもいいし、縄跳びのような気軽なものでも継続できれば効果はある。

室内で子育てをしている主婦のように、家の中で体力を増やしたい人もいるだろう。階段を上り下りしたり、その場でスクワットをしたり、エアロバイクに乗るのも運動不足を解消するにはいい考えだ。すぐ疲れるという人は、血流が滞っているケースも多いので、ストレッチを試みるだけでも感覚が全然違ってくる。わずかでもいいので、育児や家事や仕事の隙間をぬって体を動かそう。

繰り返すが、大切なのは継続して習慣にしてしまうことだ。ギプスをつけたことがある人ならみな、筋肉というのが使わないだけで瞬く間に衰えていくことを知っていて、その速度は想像以上だ。「朝や食後に歩く」「日曜日は走る」など、目的の活動強度にあわせて自分に習慣を根づかせよう。

参考記事:バスケットボールの体力づくりに効果的な8つのトレーニング方法


理想的な食生活を送る

食事はあなたの不足したエネルギーを補給してくれる唯一の方法だ。私達の身体は日々生まれ変わっていて、食事によって身体の構成が変化する。あなたが体力を増進したいのなら、より健康的でバランスのとれた料理を食べなければならない。アスリートならば更に気を使い、練習後の筋力増強にタンパク質を、試合前には炭水化物を摂るなど、トレーニング内容に合わせた栄養素を含む食べ物を積極的に摂取しなくてはならない。

主食、主菜、副菜となる食材を日頃からバランスよく摂ろう。あなたの活動にたくさんの体力が必要なら、長い目で自分のことを考えなくてはならない。1週間に3回インスタント食品を食べれば、7年間のうち丸1年をインスタント食品で過ごすことになる。これは体づくりには致命的なことだ。どんなに成長したいと願っても、細かいことを疎かにしては決して不可能だ。いま目の前の習慣を変えよう。

参考記事:簡単ですぐわかる! スポーツ選手に必須な栄養と食べ物ガイド


睡眠を良質で適切なものにする

体力面において、睡眠はいつもないがしろにされている。十分な睡眠をとれないことが、人のパフォーマンスをどれだけ阻害するかについては明らかだが、普段から睡眠をとらない人ほどその影響を無視してしまう。多少の無理をきかせることで、睡眠不足を補うことは出来ないことではないが、その非効率さは本人が思うより深刻だ。

睡眠の不足は集中力、ストレス耐性、免疫力を低下させ、安定的で質の良い活動を壊す。自分のことをコントロール出来なかったり、突発的な怪我や病気に弱い状態を自分で作り出すのは自由だが、同じ口で「上手くなりたい」ということはできない。徹夜などを頻繁にし、いつも眠い状態にあるのなら、他のいかなる手段でもあなたの活動を素晴らしいものにはできない。

ここに用意したのは睡眠の質を根底から向上させ、あなたの体力、ひいては成長力を高めてくれる方法を伝える記事だ。睡眠について疑問を持っていたり、より強く賢く成長したい人はぜひ活用してほしい。

参考記事:睡眠リストの完全版! あなたの眠りを改善して質を高める27の方法


回復力を高めるための休息をとる

体力増進のコツは運動時よりも休息時にある。どれほどハードに運動できたとしても、適切に休まなければスタミナが増強されることはない。人間の体は運動によって疲れたあと、回復時に前の段階より少しだけ強くなろうとする。この働きを助けているのは、すでに挙げた食事と睡眠に加えて適度な休息に他ならない。

休養には消極的なものと積極的なものがある。消極的なものは身体を動かすような真似をせずに、肉体的な疲労の回復を主な目的とする。激しい試合を終えたばかりのアスリートや、妊娠中と出産後の女性、風邪を治した直後の人などが体力をつけたい場合は、運動を控えて睡眠や食事を重視した休息に集中することが大切になる。安静にすることで人間の身体の回復力を活性化させるわけだ。

一方で、積極的なものはレクリエーションや遊び、軽い運動とともにメンタル面でのリフレッシュを測るものだ。この休息は精神力、集中力、気力の低下に効果があるため、うつ病の人や神経を減らすような仕事についている人に積極的に奨められる。旅行などのレジャーやホットヨガなどのレッスンを受けて気分転換を図るのも非常にいい。

その時々で、自分が心から好きだと思える方を選べばいい。あなたが素晴らしいスポーツ選手でも、四六時中、運動をしていては体力向上には逆効果だ。正しい休息を選択して自分を助けてあげよう。

参考記事:疲れをとるのは簡単、絶対効果的で超シンプルな5つの疲労回復方法
これらは短期間で体力をつける方法だ
もう一度まとめてみよう。

習慣づけて定期的に運動する
理想的な食生活を送る
睡眠を良質で適切なものにする
回復力を高めるための休息をとる

よく質問を受けるのが、短い期間で体力をつける方法はありませんかというものだ。だがすでに挙げたこれらの方法以上に体力をつけられるものなど存在しない。薬や漢方、サプリメントでは、4つの強力な方法に太刀打ちすることはできないし、この4つのどれかが欠けている状態を穴埋めすることはできない。逆に言えば、これらの4つのことに1週間でもいいので真剣に取り組めば、間違いなく体力の増加を体感することができる。

この4つのコツをうまく意識し続けられれば、体力は必ず向上して疲れない身体を手に入れられる。それはすなわち努力の量と質の向上を表している。1日100km走れる車と、80kmしか走れない車では、長いあいだにとんでもなく距離が開く。全力でアクセルを踏もうが、追いつくことは出来ない。まずはスタミナというガソリンを多く身体に積み込もう。あなたが周りの体力のない人と競争した時に、その効果は驚くほど浮き彫りになってあなたを満足させるだろう。
sponsored link

強いチーム作りのためのコミュニケーションに
   
チーム紹介企画を実施しています!
現在NO LOVE, NO TEAMでは、あなたのチームの取り組みやイベントを紹介する企画を行っています。団員募集や大会、ホームページなど、告知してほしいことがある方はこちらをご覧ください。ミニバスから社会人まで、どんなチームの活動でも大歓迎でお待ちしています。

→NO LOVE, NO TEAM 「チーム紹介企画」
BBSであなたの質問に答えます
NO LOVE, NO TEAMでは読者の方の質問にお答えするBBSを用意しています。バスケとチームの質問、初心者の方の質問など、わかる範囲でお答えしますので、よろしければどうぞご覧ください!

→NO LOVE, NO TEAM 「総合掲示板」
この記事へのあなたの考えを聞かせてください!
  1. 帆帆帆| 2013年10月9日11:17 AM

    ためになりました。

  2. ふじこ| 2013年10月11日6:48 PM

    「1週間に3回インスタント食品」
    この時点で読む価値の無い記事だと確信

  3. 田中| 2013年10月12日6:30 PM

    ↑頭大丈夫?ふじこさんの読解能力を疑います。

  4. オレ| 2014年3月17日9:42 PM

    消極的と積極的ってなんの事?
    休憩に積極的とかそういうの?

  5. オレ| 2014年3月17日9:46 PM

    休憩取る頻度が多いか
    少ないかって事なら
    自己解決したんで。

  6. ララ| 2014年3月21日7:49 PM

    文章が読みやすく、なおかつわかりやすかったです。
    4つの方法で健康になろうと思います!!

    ↑ふじこさん、最後まで読むことをオススメします。 これは例えです。
    本文↓
    主食、主菜、副菜となる食材を日頃からバランスよく摂ろう。あなたの活動にたくさんの体力が必要なら、長い目で自分のことを考えなくてはならない。1週間に3回インスタント食品を食べれば、7年間のうち丸1年をインスタント食品で過ごすことになる。これは体づくりには致命的なことだ

  7. 負け犬| 2014年4月2日12:30 AM

    高校中退した私には、関係のない話ですね(笑)

  8. りんりん| 2014年4月13日8:59 PM

    やってみました!
    体力はついたと思うけど、筋肉痛やばいです!

  9. u86| 2014年4月24日3:06 PM

    すごい

  10. 崖っぷちのらん| 2014年4月28日5:33 AM

    胃ガンからのうつ病からの、家族の不理解。最低最悪。疲れ半端ないよ、でも、休む居場所ない。

  11. サッカーの頂点を目指すもの| 2014年5月8日1:58 PM

    皆に足が速いと言われるけど体力が無くて困っていました、ありがとうございます。

  12. 匿名| 2014年6月27日8:43 PM

    最後まで読んだが、当たり前過ぎてびっくり。
    参考にならなかった

  13. ばすけすき| 2014年7月10日11:53 AM

    >12
    当たり前のことがわかってない人に向けた記事なんじゃ・・・
    どんな分野の記事でも、プロレベルの人から見たら全部当たり前すぎて学べることはないかもしれません。

    でも

    いろんな環境でスポーツやってる人がいて、知識のない指導者の下でプレイしている人もいる。

    そんな人にとってはこういう記事はすごくありがたいものになると思います。

    当たり前のこと=基本

    すごく大事なことだと思いますけど、どうでしょうか?

  14. 匿名| 2014年7月20日11:11 AM

    不思議な日本語ですね
    翻訳記事か何かですか?

  15. 名無しパン| 2014年7月20日10:44 PM

    どこが読みやすい?
    英語を無理矢理翻訳した感じ。

  16. 筋肉マン| 2014年10月26日7:49 PM

    あそーーーーーー

コメントを投稿する

※名前とコメントは必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>