バスケットのシャッフルオフェンスの戦術、作戦

シャッフルオフェンスの動き方のまとめ。

sponsored link

シャッフルオフェンス

シャッフルオフェンスの基本的な形が上。ここから始まる動きが終わると、これを反転させた形が逆サイドでできあがる。

シャッフルオフェンス

ボールはウィングからトップを通って、逆サイドの上がってきた③にいく。②はハイポストの⑤のスクリーンを受けてボールサイドへカットする。これが一番初めのカット。③はカットを待つ前に、シュートやドライブができるならする。パスだけを狙っているわけじゃない。

シャッフルオフェンス

②にボールがわたらなかったら、次に④がまた⑤のスクリーンでボールサイドのハイポスト(エルボー)へ飛び込んでいく。パスが渡ればジャンプシュートかカットインで攻めてしまう。②はローポストのエリアを空けるためにコーナーへ出る。ボールをもらったら、シュートを狙うか、手薄なベースラインにドライブ。

シャッフルオフェンス

④にもボールが通らなかったら、①がダウンスクリーン。⑤をトップに出してシュート。これがダメなら、①はウィングに開いてボールを受ける。

シャッフルオフェンス

これでコート上のポジショニングが、はじめの形から鏡のように反転した形になった。だから同じようなカットとスクリーンの動きを始められる。

1番目のカット→
2番目のカット→
ハイポストのスクリーナー→
トップでボール経由からのダウンスクリーン→
ウィングのパッサー→
1番目のカット→……

シャッフルオフェンスの動きをディフェンスが知れば、予想されて防がれやすくなる。そうなったら裏をとる。

シャッフルオフェンス

トップへパスを渡すとき、赤い丸のディフェンスのディナイでパスが出ない。⑤にパスをして①がバックカット。緑の矢印のパスが通る。もしパスが入らなくても、③のマークマンにスクリーンをかけてトップにあがる。パスを⑤出した②は④にスクリーンをかける。④は⑤からのパスを受けてシュートを狙える。シュートが打てなくても、同じくらいのタイミングで逆サイドの③がトップに上がってくるなので、パスをさばいて①に展開して、ベーシックなパターンに入れる。

シャッフルオフェンス

①がディナイされて、⑤にもパスが入らない。逆サイドの③がハイポストにあがる。③のマークマンがついてきたら、⑤に裏パスが入る。③のディフェンスが⑤への裏パスを警戒すれば③はボールをもらえる。③はボールを持ったらシュートを狙おう。⑤とのハイロー、①のバックドア、ピンチポストも狙える。

シャッフルオフェンス

①にボールが入ったら、③がボールをつなぐ。ディナイされたらバックカット。①がそのままドリブルでウィングに降りていって、③とポジションをかわってもいい。

①がウィングにいくタイミングで、②が基本どおりのハイポストを経由するカット。ディフェンスがフロントカットを読んでいたらバックカットする。

これ以外にも、逆をつくようにチャンスメイクしたり、ドリブルやクリアを駆使してフォーメーションを作り直すパターンを用意できる。ほかのパターンを知りたかったら、下のリンクに動き方のフラッシュがある。

リンク:シャッフルオフェンスのオプションパターン

やっぱり一人一人が止まれる、攻めれる、判断できる、みたいなことが大事になる。でもこういう形、攻めの動きのパターンを覚えることも、上手くなるには役に立つと思う。

記事:ブルズとレイカーズを優勝させた、トライアングル・オフェンス
記事:バスケのオフェンスの動きの考え方、パッシングゲームの攻め方の話

sponsored link

関連する記事