飛距離を伸ばし、成功率も向上するシュート練習の方法について

飛距離を伸ばすシュートの練習方法

シュート練習は一人で気軽にでき、バスケットボールで一番行われる個人練習だろう。シュートは試合での重要度が非常に高い技術だ。多くの人がシュート力の向上をはかる。ではどうしたらシュート力は高まるだろうか。どんな方法があるだろうか。

シュートが届かないことと、シュートが入らないことは、まったく別の問題ではない。解決するのに必要な方向性は一緒だ。ここにシュート練習の考え方について置いておく。参考記事と合わせて、「届く」と「入る」の関係性など、自分なりの頭の整理、試行錯誤の助けにしてくれたらいい。

sponsored link

一人でできるシューティング練習について


気持ちのいいシュート感覚を磨こう

シュートは身体と心の動きだ。あなたもあなたの周りの人も、違う心身の状態を持っている。こうすれば確実に飛距離が伸びるということはいえない。けれどどうにか飛距離を伸ばし、シュート力の向上をはかりたい人に、おそらくこういう方向で努力すればいいだろうと思うことをここに書いておく。もしいまのあなたの心身にあうものであれば、試してみてほしい。

まずシュートの原則についての下の記事を読んでほしい。

参考記事:バスケのシュートのコツと、入るフォームを自分で探す方法について

上の記事をよく読んで、「力まず気持ちよく、適度なアーチ」を目標に練習してみよう。シュート時に安定感がないと力んだりアーチが低くなって、結果的にシュートが入らないことに気がつくと、シュート時の自分のバランス感覚に注意を払えるようになるかもしれない。身体のどこかに力みすぎたと感じられる箇所があると、アーチが低くなったりバランス感覚がずれたと感じることがあるかもしれない。

「力まず気持ちよく、適度なアーチ」を心掛けて打ち込んでいくことで、結果的に飛距離や打ちやすさ、シュート成功率が向上するはずだ。いままでのフォームと勝手が違うので慣れない感じを覚えたり、微妙なコントロールの調整をしなくてはならなくなるだろうけれど、自分のいまの身体に適した「いい感じの打ち方」が一番よいフォームだし、そのフォームで届く飛距離がいまの自分の最大飛距離になる。

そして「もっと気持ちよく、もっと力まず楽に」という方向に自分の感覚を掘っていけば、日々のシュート練習を繰り返すうちに飛距離は伸びてくる。「もっと力んで飛距離を伸ばす」という経験をすると、もっとたくさんのパワーが必要だと思って筋トレを頑張ったり、強い腕や肩や手首を求める方向に行きがちだ。確かにそれでも飛距離は伸びる。けれど自分の身体の感覚を磨いていく方向にはなかなかいかない。とにかく届けばいい、とりあえず入ればいいという、エンドゲイナー(結果をすぐに欲しがる、結果さえよければ満足)のようになってしまうと、いまは良くてものちのち苦労することになると思う。

シューティングでは入るけれど実際のゲームで決められない人へ。原因が何なのかを特定していくのが大切になる。安定感と気持ちよさというところから一本一本のシュートを見ていく。そのシュートが外れたとき、そのシュートをその場所でそのステップでそのリズムで打つ練習をしていたのかと振り返る。そういうシュートを練習していなければ、バランス的に難しいシュートになったことだろう。チームの中で期待されている役回りや、自分が好む持ち味があるだろうから、その周辺で役立ちそうなシュートのパターンを練習していくといい。

チームメイトからどんなパスがくるか予測できていたか、ディフェンスが見えていたか、スペーシングを保って落ち着いていられたかも、身体のシュート調節機能に影響がある。戦術理解の深い選手や、よくオフェンスがデザインされているチームのシュートは入りやすい。バスケットボールという競技を感覚的に理解していくことで、ますますシュートは入るようになるだろう。

この記事はシュートのための筋トレを否定するものではない。筋力は「力まず気持ちよく」の補助になる要素だろうと思う。けれど安定感のために筋肉を増やすというより、安定感のある身体使いを身につけた人が、「力まず気持ちよく」をより磨くことを邪魔しない形で、確かなねらいを持って筋トレをしていくというのが、シュート能力と筋トレの関係なのかなといまのところ思っている。

飛距離を伸ばすシュートの練習方法
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス