バスケのシューターの心持ちとか、動き方のヒントのいくつか

シューターのプレイ面での心持ちだとか、動き方のヒントになりそうなものを書いておく。

sponsored link

考えないこと。夢中になることが大事。ああだこうだ考えるときはシュートが難しくなる。没入していくこと。シュートを打つ自分がいるだけ。

ゆとりを持つこと。入らない日もあるさと認めていること。「自分は絶対に入る」とか「決めなければ!」みたいな力みで、外したときに乱れる。決める力はあるが、入らないときもある、ということ。

なるべくクイックに打てるようになれるといい。リズムで打てるといい。慌てている感じがするのはよくない。クイックだけれど、内側では安定している感じが欲しい。いろんなパスにステップを合わせてシュートできるといい。

参考記事:バスケのシュートのコツとか、いいフォームのこと

外でスペースを保って待っていることは大切だ。動きも入れる。たまにディフェンスをみて、内側にカットする。スクリーンを使ってボールをもらう、スクリーンをかける側になって開く。フリーになってボールを受けるパターンをたくさん持つと、ディフェンスを忙しい状態にできる。ボールを持っていないときにチャンスを作ることで、ボールマンを助けることにもなる。全体のバランスありきだと忘れない。


シュートマジック

インサイドからボールをもらうとき、大切なのはインサイドの選手からパスがもらいやすいアングルに動いてあげること。自分のマークマンに直線上にいられるとパスがでづらい。すぐパスが来るようないいアングルにいれば、マークマンはインサイドにヘルプにいきづらいし、いけばすぐにパスはくる。

チームメイトとのその時々のあわせの感じもあるから、いつも望んだとおりの結果が出ることにはならない。けれど繰り返していくことで、フィットしてくる、馴染んでくる、混じりあってきてやりやすくなる。いろんな人と繰り返すと、いろんな人と馴染めるようになる。

sponsored link

関連する記事