バスケットのスクリーンプレイを成功させるためのいくつかのコツ

バスケのスクリーンのコツとやり方

スクリーンプレイはオフェンスを楽に展開するための「ずれ」をもっとも効果的に生み出すことができる、ディフェンスを攻撃するよい手段だ。この記事ではオフボールのスクリーンについて、うまくやるためのコツをかんたんにまとめる。

sponsored link

スクリーンプレイのコツ


自分の背後のスペースに向けて、意図を持ってかける。スペースがなかったり、パッサーからパスが出ないような位置に向けてスクリーンをかけても、それだけではうまくいかない。ユーザーがスクリーンをかけにいくためにスクリーンをかけるケースなどもあるけれど、基本的には空いているスペースに向けてチャンスを作るためにかける。

横からのスクリーンはディフェンスの脚を包み込むように。後ろからは死角からのスクリーンなので、距離を保ってかけなくてはいけない。上半身で相手を止めようとするのではなく、適切なポジションで壁になろう。ユーザーと息を合わせることが大事なので、繰り返しタイミングを調整しよう。

ユーザーがスクリーンによって完璧にディフェンスとのズレを作ると、相手チームはそのズレをケアするために動く。スクリーナーについているディフェンスは、ユーザーのディフェンスを助けるために、スクリーナーから離れることが多い。スクリーンをかけた後にボールをもらう動きをする。よいチャンスメイクになる。

ユーザーはスクリーナーと息を合わせて動く。スクリーンがかからない位置にあるときには動かないように。逆方向へ一度フェイクをかけることは有効だ。スクリーンを使うと見せかけて使わない方向へカットしていくという選択肢もある。ブラッシング、ユーザーがスクリーナーの肩すれすれを動くくらい、近い距離ですれ違うといい。ディフェンスは完全に後追いになるか、一歩の遅れをとることになる。

オンボールのスクリーン、いわゆるピックプレイについては下記の記事の本を参考に。

参考記事:バスケのピックアンドロールのやり方と守り方のコツを書いた本の紹介
sponsored link

関連する記事

アーリーオフェンス ディレイオフェンス

4クォーター