バスケのセンターのポストアップの方法、コツ

ポストアップ、面取りのやり方とコツ。

あまり力任せに頑張らない。身体をこわばらせてディフェンスを押し込むんじゃない。相手をうまく抑えられるような、いい位置関係にいく、作る感じを目指せる。

sponsored link

手とか上半身で抑え込むんじゃなくて、真ん中の軸をとる感じで相手に接触する。相手の胸とか下腹の真ん中あたりに身体を入れてしまうと、相手が前に出づらい状態を作れる。手や腕じゃなくて、脚で相手の中心軸の前に入りにいく。手で抑え込むとファウルだから、シリンダーを守って肘を張る。

中心軸を抑える重要性
(クリックして拡大)

相手の中心軸とパッサーのあいだに入れれば、カットされづらくて楽だ。何度も繰り返して上手になる。感覚的なもの。バランスが大事。

コートの位置関係でいうと、ミドルポストとハイポストのあいだにいるのもいい。ディフェンスはトップにボールがあれば、基本的にサイディングハイでいる。一歩ずつハイポストに向かえば、どこかでサイディングローのポジションになろうとする位置にいく。そのギリギリで止まると、サイドにボールが展開したときにボールをもらいやすい。

ディフェンスの視界から消えてみる。相手が首を振ったり、ポジションを微調整しようとしたスキに、前に飛び出したり、中心軸をとる。

大事なこと。スクリーンを使う。スクリーンをかけてもらったり、かけたあとに動くことで面をとるやり方を覚える。がんばってパワーで押すんじゃなく、位置関係とタイミングの感覚を磨けば、楽にボールをもらいやすくなる。

相手と接触したら、手を挙げたり下に構えたりして、ここにボールが欲しいとパッサーに伝えよう。ターゲットハンド。ターゲットハンドは、ディフェンスから一番遠いところにおくといい。

sponsored link

関連する記事