ポイントガードの役割や動き方、どう練習していくといいかということ

ポイントガードの動きと役割

バスケットボールにおけるポイントガードは、速い、身長が低い、ドリブルが上手いなどのイメージがある。また、ポイントガードはゲームの流れを把握し、オフェンスを整え、チームのリズムを生み出す存在でもある。

この記事ではポイントガードの役割や能力、練習方法について触れる。いま現在ポイントガードの選手や、ポイントガードを目指す選手にとって、少しでも役立つものがあればいい。

sponsored link

ポイントガードの役割と動きを完全解説


ポイントガードのコート上での役割とは?

ポイントガードの大切な役割として「ボール運び」がある。ボールはまず一度ポイントガードに収まり、そこからオフェンスが展開していくことが多い。ボール運びを担わない他の選手が走ることに専念すれば、よいスタートを切り、バスケットボールの大きな得点機である速攻・アーリーオフェンスを狙いやすくなる。

ポイントガードにはボールを持った後に、2つの選択肢がある。1つは縦パスを前に飛ばし、得点機を演出すること。もう1つは自らドリブルをついて敵陣に進み、オフェンスをスタートさせることだ。このためポイントガードには長いパスを速く正確に飛ばす能力と、ドリブルでのボール運びの能力があるといい。

ディフェンスからオフェンスに切り替わった直後、チームとして速い展開に持っていくのか、遅い展開で一本作るのかは、ポイントガードの判断・行動によるところが大きい。チームのハンドルを握るのはポイントガードなのだ。そのため、ポイントガードには状況を一瞬で把握し、判断する能力が必要だ。ただパスが上手いのでも、ただドリブルが上手いのでもなく、全体を統率していく能力がポイントなのだ。

ポイントガードはボールを保持し展開する機会が多いので、チームの中で一番周りが見えていること。敵陣に入ってからも、自分でガンガン攻めるよりも、繋ぎ役になってオフェンスのフロアバランスを整えたり、相手チームとの相性を見て攻めどころを示していくことが多い。いざという時に各人が思い思いに攻めるより、ある一つの方向性に意思を統一したほうがオフェンスが機能的になる。その役割を任されているのが、普段から起点になり、ハンドリングがよく、周囲への状況判断能力が優れているとみられるポイントガードということだ。

オフェンスでのポイントガードの影響は大きい。そのチームのオフェンスの形やリズムは、ポイントガードの行動によって大きく変化する。ポイントガードに的確に動いてオフェンスを作り上げる意識がなければ、オフェンスはバラバラになりかねない。

このようにゲームメイクを担当し、オフェンスの形を司るところが、ポイントガードがコート上の監督と呼ばれる所以だ。多くのチームは総合的なデザインに基づいて練習を行なう。自分たちのバスケットとはこういう感じだというイメージがあり、そのイメージを体現するべく練習する。

ポイントガードはチームの理想の形をよく感覚的に把握していよう。コーチの言うこと、どんな役割を期待されているかを明確に理解し、練習での意図が試合で発揮されるようにする。ポイントガードというのは専門職であり、他のポジションからのコンバートがもっとも難しいポジションだ。

ディフェンスについて。ポイントガード同士のマッチアップの場合にディフェンス力は重要になる。ポイントガードはボールに多く触り、オフェンスの流れを作り上げる大動脈のような役目を果たす。そこを完全に抑えられると、チームのボールの流れは止まりがちになり、オフェンスは1on1や単発のシュートを繰り返すようになり窒息してしまう。逆にいえば、ポイントガードのディフェンス力が高ければ、相手チームには大きなダメージを与えられる、リズムを狂わせられるということだ。

ポイントガードに求められる動き方

ポジションというのは目安のようなもので、各ポジションごとに必須の動きがあるわけでもないし、厳密にプレイごとに属するポジションが決まっているわけでもない。たとえポイントガードでもポストアップしてはいけないという事にはならない。

参考記事:バスケのポジションの決め方、そしてスタメンを勝ち取る方法の話

ただ、ある程度の指針を示すことで動き方のイメージを作ることは出来る。それによって努力の方向性を決める手助けになる。

パッサーからボールをもらい受ける能力は選手全員に必要だけれど、特にポイントガードには確実な技術が求められる。たとえばディフェンスリバウンドを得た後に速攻を展開するためには、ポイントガードがいち早くボールをもらい受けるといい。

ハーフコートオフェンスでも、ポイントガードは味方の選手の動きをよく察知し、必要とあればボールの繋ぎ役になって、逆サイドの選手やインサイドにパスを供給する。適切な位置でボールをもらい受ける技術によって、適切な形でのパスが可能になる。

ポイントガードがボールをもらい受ける技術が高いということは、チームに安定感をもたらす。オフェンスが困ったときでも、ポイントガードにボール戻す選択肢が確保されており、そこに預けておけばオフェンスが壊れる心配はない。ボールを落ち着かせられる能力のあるポイントガードは精神的にチームを助ける。

パスを最優先課題にするのではなく、状況を見て、自分がいちばん効果的なオフェンスができると判断したら勝負することも忘れないように。ゲームメイクもでき、点もとれるポイントガードは、相手チームにとって厄介極まりない。外からのシュートだけを狙ってばかりではなく、機を見てドライブするのも大切なことだ。ポイントガードがスコアを稼げるのなら、仲間はより点を取りやすくなる。

味方が攻めているときも、一人だけ夢中になりすぎたり、興奮しないように。常に冷静でいられること。一流のポイントガードは相手のベンチの動きまで見られる余裕があるという。また、シュート時にはセーフティの意識を持っておくようにしよう。

ポイントガードの練習方法とたいせつなこと

ポイントガードには高い基礎力が求められるが、中でも重要なのはパスとドリブルの技能だ。ボールを操る、移動させることのスペシャリストであるといい。

参考記事:パスの極意を教えます! 力を合わせるバスケットのためのパスの練習法
参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法と考え方
参考記事:相手を抜くときとボール運びで、練習しておくといい4種類のドリブル

ポイントガードとして成長するのには場数、経験がいる。もらい方や、パスをどこにどう捌くか、捌いてもいいのか、どうコートのバランスを取ればプレイが成立し、どういうタイミングやリズムでプレイすればいいのか、ゲームの流れ、心理状態、すべてがポイントガードとしての能力を磨く機会になる。ゲーム経験を積み、そのたびに自分で反省・学習して判断力を高めていくこと。

参考記事:ポイントガードが試合の流れを観れるようになるための3つのヒント

ポイントガードはゲームについて多くのことを考える。考えることによって自分が「正しい」答えを握っていると思わないこと。チームメイトを自分の思った通りに操ろうという試みはたいてい失敗する。「どうしてこう動かない?」と思っても、チームメイトを不安がらせるようなガードになってはいけない。操るのではなく、自然にうまく乗せてあげること、支援すること、一緒に楽しむこと。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス