疲れをとるのは簡単、とても効果的で超シンプルな5つの疲労回復方法

からだの疲れを簡単に取る方法、疲労回復

疲れを取る方法を知れば、日常的によいパフォーマンスを保ちやすい。人間には体力的な限界があり、疲れないことはないけれど、自分の疲労を自分で回復させる方法を学ぶことで、自信をもって前向きに生きていきやすくなる。

極端に難しいことをしなくていい。人間には自然治癒力がある。それをシンプルな方法で、自然な方向に少しだけ後押ししてあげよう。日々のメンテナンスによってコンディションを保てるという感触は、人生の中で大きな財産になるはずだ。

続きを読む

映画「がんばれベアーズ」に学ぶ、全ての「チーム」に潜む問題点

がんばれベアーズ

あなたのチームで主力を担う選手が「下手な奴は試合に出すな、出てもシュートを打つな」と主張したらいったいどうするべきだろうか。そして同時に実力のない選手が「主力選手ばっかり試合に出してずるい! 自分もシュートを打ちたい!」と不満を言ったのなら、いったいどうすればいいのだろうか。

「がんばれベアーズ」という映画がある。アメリカの少年野球を題材にしたスポーツコメディなのだが、今回はこの映画から「チームに潜む問題」についてを考えることにしよう。

続きを読む

相手を抜くときとボール運びで、練習しておくといい4種類のドリブル

ボール運び、相手を抜く

ここというときにディフェンスを抜けないで困ってしまうときがある。バスケットボールには様々な種類のドリブルがあるけれど、相手を効果的に抜くことを考えた場合に、どのような練習を行うことがよいだろうか。いろんな種類のドリブルを練習しても、相手を抜けないことがある。そんな時はたくさんの技がある中で、重点的に練習するドリブルを絞ってみよう。

いくつかのドリブルに的を絞って集中して練習することで、頼りになる安定したドリブルを身につけることができる。この記事ではドリブルでディフェンスを抜くために、優先して習得するといいだろう4つのテクニックについてまとめる。あなたが自分の武器と言えるドリブルを持っていないなら、この4種類のドリブルを磨いてみてほしい。

続きを読む

センターの面取りのコツを押さえて、インサイドに強い起点を作る方法

インサイドのもらい方、ポストアップ

インサイドの選手が面を取る、ポストアップについて考えるときは、ポジション取りはパワーで行うものという先入観を捨てよう。「面取りを頑張る=力任せに動く」という形で実行する選手は多いけれど、面を取るのがうまい選手は身体の接触など最小限に済ませて、とても上手にペイントエリア周辺でボールを受ける。これはポストアップには確かな技術があり、練習と経験によって効率的で効果的なもらい方ができるということだ。この記事ではどうすれば面取りの技術を高めることができるのか、パスがインサイドへ入る仕組みとコツを書いておく。

続きを読む

低身長チームが脅威に変わる、背が低くても勝利するための6つの方法

小さいチームが勝つ方法

身長が低いチームはいったいどう戦えばいいだろうか。バスケットボールはコンタクトスポーツ、身体能力が大きくものをいう。そして床から305cmのリングに向けてボールを運ぼうとするために、高さという要素は不可欠なものになっている。

では背の小さいチームには打つ手がないのか。自分たちよりでかい相手に対して、成す術もなくやられていく運命なのか。いいや、そんなことはない。どんなチームでも身長の差に抵抗し、勝利を掴むことは可能だ。バスケットボールで戦っていく限り、いつかは自分たちより大きいチームと当たるときが来る。そんな時に備えて、普段からどんな点を集中的に強化していくといいのか。この記事では小柄なチームが戦っていくための作戦をお伝えしていこう。

続きを読む

バスケットのシャッフルオフェンスの特徴と基本の動き方、条件を解説

シャッフルオフェンス

シャッフルオフェンスは1950年代に発祥したオフェンスシステムだ。バスケットボールの歴史にベーシックなパターンオフェンスとして名を刻むくらいの効果を持つこのオフェンスは、以来たくさんのコーチに支持され、多くのチャンピオンチームに導入されてきた。

このオフェンスの最大の利点は、ビッグマンがいないチームにもオフェンス面での活路を見出せる点にある。ということは、ほとんどのチームにとって取り組んだり、仕組みを理解する価値のあるオフェンスだということだ。この記事ではシャッフルオフェンスの基本的な動き方について学んでいこう。

続きを読む

バスケのオフェンスの動きの考え方、パッシングゲームの攻め方の話

バスケットボールのオフェンスの動きと考え方、パッシングゲームでの攻め方

バスケットボールでチームオフェンスの攻め方はどう考えるといいだろうか。多くの人が仲間一人一人の個性を生かしながら、それぞれの判断の中で、強みを生かして攻めていきたいと思っているのではないだろうか。動き方やシュートを打つ人を限定したカチカチのやり方より、もっと自由に、連携しながら、個人能力任せではなくチームの力を合わせて攻める方法を知りたいのなら、この記事はあなたを助けるだろう。

ディフェンスを攻略するときには、選手一人ひとりがディフェンスの状況に応じて効果的なプレイを選択することになる。そのためには一定のルールを共有するのが有効だ。チームに適ったルールを導入することでこういった目標を達成する、「パッシングゲーム」のやり方についてここにまとめておこう。

続きを読む

フリースローを安定して決め続けるためのコツやルーティンについて

フリースローのコツ

フリースローのわずか1点でも、接戦では大きな影響がある。「大切な試合で接戦になった。フリースローをものすごく外したけど試合には勝った」ということはあまりない。ラスト1分を切ったときの点差が2点か、それとも3点かで、攻守両方の戦略や反応が大きく変わってしまったりもする。

バスケットボールのフリースローのコツをここに書いておく。困ったときには一つの助けにしてほしい。少しずつ練習していけば、あなたも確率の高い、接戦で頼りになる選手になれる。

続きを読む

攻め方の全体像を知る、用語でバスケがわかるシリーズ「戦術理解編」

バスケの攻め方の用語

バスケットボールは5人の戦術についての意思疎通がオフェンスに大きく影響する。あなたが何気なくバスケットボールの試合を観ているときも、そこには磨き抜かれた連携があり、一つ一つのプレイの「動き」や「形」には、この競技が長い歴史の中で生み出してきた名前がつけられている。

この記事ではオフェンスの戦略や動きを理解するための用語を解説する。戦略は体系化が難しく複雑だけれど、あなたがのちのち大きく成長していくためにも、これらの用語の輪郭を掴んでおこう。

続きを読む

バスケのオフェンスの基本的な動き方を理解する、種類別カットの解説

カット、もらい方、動き方

バスケットボールでカットのことを理解できれば、試合中の判断が適切なものになっていく。むやみな頑張りがなくなり、味方と協調してオフェンスしていきやすくなる。適切なカットを身につけられれば、スクリーンなしでもディフェンスを振り切りやすくなり、ボールを持っていないときにもアウトナンバーのチャンスが作れるようになり、意図的にディフェンスを動かしてボールマンのオフェンスを助けることもできるようになる。ボールを持っていない選手が上手く動くことで、チームは多くの恩恵を得られる。

ここにオフェンスの考え方と、その中で様々なカットがどのように位置づけられるかについて記しておく。「カットってなに?」という状態では、すぐにわからないかもしれないが、バスケットのオフェンスシステムを学んでいけば、だんだんわかるようになってくるものだ。少しずつ頭に入れていくといい。

続きを読む

守り勝つバスケのための、ディフェンス方法の種類と用語の意味を解説

バスケのディフェンスの用語

今回はディフェンスの用語を使用して、バスケットボールのディフェンス全般について。バスケットボールはオフェンスとディフェンスの出し抜きあい、裏のかきあいでもある。オフェンスで優位に立つためにも、ディフェンス時に相手を押さえる方法を知るためにも、ディフェンスについて知識とイメージを磨いておこう。

続きを読む

バスケットのポジションごとの役割を、初心者にもわかりやすく解説

バスケのポジションの用語

ここではバスケットボールのポジションごとの役割を、初心者の人にもわかりやすく説明する。

バスケットボールという競技を説明しようとするときは、ルールよりも何よりも、選手一人ひとりの役割にスポットを当てたほうがわかりやすい。誰が何をしたかを説明する方が直感的にシンプルに物事を捉えられる。ポジション別の用語を交えてできるだけわかりやすく説明していく。初心者にはもちろん、経験者の方にも役に立つ何かがあれば幸いだ。

続きを読む

イメージ共有するための、用語でバスケがわかるシリーズ「コート編」

バスケのコートの名称

バスケットボールをプレイするときは、コートの周辺の環境やコート上の呼び名についてある程度の知識は身につけておこう。コートにはラインのようにはっきりと外からわかるものと、目印はないが多くのバスケットマンの間で認知されているものがある。どちらも覚えることで、コーチの指示を理解したり、チームメイトとイメージを共有することを簡単にしてくれるだろう。

続きを読む