ふくらはぎの筋肉を抜群に鍛える、カーフレイズの筋トレ方法と効果

ふくらはぎを鍛える筋トレ方法、カーフレイズの効果

ふくらはぎの筋肉を柔らかく強いものに鍛えることは、バスケットボールのパフォーマンスに貢献する。ここではふくらはぎの代表的な筋トレ方法として、カーフレイズをご紹介する。これは家でもオフィスでもできる簡単で効果的なトレーニングでありながら、バリエーションに富んだやり方で様々な負荷や頻度を実現できる、もっともオーソドックスなふくらはぎの鍛え方だ。

続きを読む

競技能力を高めるための、スクワットの正しいやり方と効果のまとめ

スクワットの正しいやり方と効果

下半身は上半身よりはるかに大きなエネルギーを生み出せる。足腰は日常的に私たちの数十キロもの体重を支えるだけではなく、急な加速や方向転換、静止に耐えるだけの柔軟性と強度がある。中でも太ももが生み出すパワーは大きく、バスケットボールをはじめとしたスポーツでのパフォーマンスに大きく影響する。

ここでは下半身を鍛えるスクワットの正しいやり方を伝える。この筋トレで肝心なのは正しいフォームと回数を心がけること、そしてどの筋肉に意識をおいてエクササイズするかということだ。

続きを読む

腹式呼吸の簡単なやり方と効果、わかりやすいコツと練習方法について

breathing-techniques

腹式呼吸にはいい効果がある。この呼吸法はメンタルタフネスとセルフコントロールにおいて、大きなメリットをもたらす。緊張をおさめ、自信や冷静さ、心の平穏や身体のコントロール感覚を取り戻すのに、無意識にしている呼吸に意識を向けることが役立つ。なるべく簡単にこの呼吸法を実践していくためのポイントをここにまとめていく。

続きを読む

論理や言葉ではなく、感覚が人間とチームを成長させていく話

feeling-first

理屈や言葉だけでは個人に変化をもたらすことは難しい。「考え方を変えてみる」ようなことでは難しいことがある。感覚や感情に具体的な手触りを持って訴えかけてくる何かが、変化をもたらすためには重要だ。つまりチームの変化のためにも感覚や感情への働きかけが大切なのだ。ただマニュアルを配布してもチームがなかなか良くならないのはそのためだ。

続きを読む

エゴの調和が最高のチームを作る! 欲望と自己犠牲についての考え方

エゴの調和がチームには大事

チームのためという大義名分で自己犠牲を強いない。個々人は裁量の中で時として、自然と自己を犠牲に見えるような選択をする余地があるのがいい。自分で選び取るのだ。リーダーは個々人がチームからしっかりと自分の利益を得られているかを、大きい視点で見ること。喜びや楽しさ、やりがいはあるのだろうかを観察を通じて知ること。

続きを読む

チームは多様性が重要だから、個人の貢献をよく見るのが大事という話

team-diversity

チームの強さは多様性に関係している。個々人の長所をよく見ることが大切だ。私たちは誰がどのくらいチームに貢献しているかを明確に計る手立てを根本的には持たない。手立てを持たないというわきまえが、人に接する際の謙虚さ、何か見落としていることはないかという慎ましさにつながる。数字に基づいたジャッジではなく、相手とその場で関わりあうことになる。

続きを読む

稀代の名将ジョン・ウッデンに学ぼう! 成功のピラミッドと名言集

ジョン・ウッデンの名言と成功のピラミッド

ジョン・ウッデン(ウドゥン)という一人のバスケットボールコーチのことをご紹介しよう。日本でバスケットボールのコーチなら、ましてアメリカではバスケ選手ではない人も知っている有名な人だ。残念ながら99歳で亡くなったが、長いバスケットボールの歴史の中で偉大なコーチの一人に数えられている。

彼こそ幾多のコーチの目標とされるような、素晴らしいモデルとなりえる「コーチ」の一つの見本といわれているほどだ。ここでは生涯勝率8割、660勝をあげた稀代の名将がどんな成績を遺したのか、バスケットボールについてどんな考え方をしていたのかをまとめていこう。

続きを読む

バスケをもっと深く知って楽しむための、バスケを分析した21の論文

バスケを分析した論文

ふだん私たちがバスケットボールをしていく中で、何気なく気づいてくこと、わかっていくこと、常識になっていくことがある。私たちは経験からバスケットボールという競技を理解していく。一方で、バスケットボールでは様々な数字や科学的な分析が行われている。そういったものを知っていくことも、あなたがこの競技を楽しむために役立つ面があるだろう。

ここではバスケットボールの論文の数々をご紹介する。なんとなく常識だと思われていることでもデータとして見れば理解が深まるし、新しい発見をもたらしてくれるかもしれない。簡単な説明もつけたので、興味があるものから読んでいこう。

続きを読む

下手だった中学生の自分に教えたい、短期間に上達する3つのヒント

バスケ、短期間で上達

中学生の時、自分は上手い選手ではなかった。どれだけ練習しても結果を出すことができなかった。チームは万年最下位で、後に自分が全国大会に出られるだなんて想像もしていなかった。はっきり言って下手なプレーヤーだった。ミニバスはやっておらず、中学からバスケットボールをはじめたので、知識もなかった。

努力をしていなかったわけではない。自分としては一生懸命にやっていた。だがいま思えば残念なことに、「一生懸命にやる」とはどういうことかを理解できていなかった。そして一生懸命にやっていたつもりのその努力も、いま考えるととても非効率なものだった。逆に言えば、効率的な努力とは何か、必要なことは何かさえ知っていれば、当時よりずっと劇的な上達が期待できただろう。

ここに中学生の自分に教えてあげるのならどんなアドバイスをするかを記す。自分のように一勝もすることのないまま引退する選手を一人でも助けられるといい。結果を出せない選手はどうすれば上手くなるのかについて、とても大切な部分を見落としてしまっている傾向がある。あなたにすぐに上手くなりたいという想いがあるなら、次の3つのポイントを省みて努力すれば、短期間でいまよりもっと上達するヒントにできる。

続きを読む

ブルズとレイカーズを優勝させた、トライアングル・オフェンスの解説

トライアングル・オフェンスの解説

バスケットボールをやっている人なら、トライアングル・オフェンスという言葉を聞いたことがある人は多いだろう。NBAで合計11個ものチャンピオンリングを獲得した名将、フィル・ジャクソンがシカゴ・ブルズとロサンゼルス・レイカーズで導入し、両チームで3連覇を達成したときに使われていたオフェンスシステムが、トライアングル・オフェンスだ。

参考記事:フィル・ジャクソンのコーチ哲学に触れる、イレブンリングスの感想

有名なオフェンス・システムだけれど、名前は知れども詳しくは知らないという人が大勢いる。簡単なようで複雑だといわれているこのオフェンスは「決まりごとはあるが、決まりごとを破っていい」という、すぐには理解できない原則に支えられるシステムだ。

このオフェンスを理解するためには電話帳1冊分の厚さの説明を読まなければいけないなどと言われている。だがそこまでの詳細を理解しなくとも、このオフェンスの概観を理解することは十分に可能だ。ここではできるだけシンプルに、トライアングル・オフェンスの解説をしてみよう。

続きを読む

筋トレ後の回復に必ず役立つ、筋肉痛の基礎知識と治し方・解消法

筋肉痛を治す方法

優れたバスケ選手になりたいのなら、身体能力の強化は一つのポイントだ。筋力、筋持久力を高めるための方法をこれまでもまとめてきた。

参考記事:筋力と持久力をつけるための、バスケット選手の筋トレ方法マニュアル
参考記事:バスケ筋トレの定番、家でも実践できる7つのトレーニングメニュー

筋肉トレーニングに取り組めば、筋肉痛を経験することになる。筋肉痛について正確な知識を持っていれば、痛みを解消し、筋肉の動きを回復させる対処がしやすい。ここでは筋トレ後の筋肉痛について、覚えておくといい基礎的な知識についてピックアップする。

続きを読む

一人ひとりに自由を与える考え方をすると、チームの活動が活発化する

チームに自由を与える

チームの活動を決めていく、仕事や練習の内容をデザインするというときには、何をどのようにどの程度まで規定すればよいのだろうか。まったく自由であっては力を合わせることができないが、マニュアルでガチガチに行動内容を決めてしまうと、楽しくないばかりかストレスのたまる集団になる。個々には自由を与えると良い。それも集団の目的に反しないような、方向づけられた自由を。

続きを読む

集中力がない人に効く、集中力を高める方法とトレーニングのコツ

集中力のない人が集中力を高める方法

自分の集中力を鍛える、育てることは可能なのだろうか。集中力がない、集中しようとすると眠くなるということは、その時にはその物事に気が向いていないということでもある。気が向かないときはやらないというのは一つのいい手段だけれど、仕事のようにどうしてもやらなくては、という時もあるだろう。覚悟を決めて取り組むと、集中力は高めることができる。

ここで集中力がもっと欲しい人に、集中力を高めるためのコツとトレーニング方法をまとめておく。集中の持続する時間や集中の深さは、自分で育てることができる。

続きを読む