シューティングガードとスモールフォワードの役割と動きの違い

シューティングガードとスモールフォワードの役割

バスケットボールでのシューティングガードとスモールフォワードの役割とはなんだろう。一般には、シューティングガードはボール運びと外角のシュートに優れ、スモールフォワードは中外のオフェンスの中心となる選手という認識がされている。

この2つのポジションは多種多様な特徴の選手を抱える。ロングシュートが得意な選手もいれば、ドリブルで相手を揺さぶってドライブで攻める選手もいて、もらってからのミドルシュートばかりを打つ選手、ディフェンスマンやランナーとして活躍したり、ポイントガードよりアシスト数の多い選手もいる。

アウトサイドのプレーヤーにはどういったプレイが求められ、どういう役割を果たすことが望まれているのか。ここではシューティングガードとスモールフォワードの役割とその動き方、練習方法について思うところを書いておく。自分なりにポジションのことを考える一つの助けにしてほしい。

sponsored link

シューティングガード・スモールフォワード解説


シューティングガードとスモールフォワードの役割と動き

シューティングガードとスモールフォワードには多様なプレイスタイルの選手がおり、それぞれがそれぞれのチームで、それぞれの個性を活かして活躍している。ポイントガードならボール運び、インサイドならリバウンドなどの必修科目らしきものがあるが、この2つのポジションに関しては比較的そういった項目がない。これらのポジションは、これだけは必要だというものが比較的ない、自由度の高いポジションだととらえることもできる。

ハーフコートのオフェンスで基本になるのは、「フロアバランスをとりつつチャンスを作る動きをする」「上下内外でボールをよく回す」ことだ。ボールがスペースの広い場所にいるオフェンスに正確に速く飛ぶことで、1on1に有利な状況を作り出せるし、ペイントエリア付近にボールが入ることでも、ゴールに迫れる+ディフェンスを収縮させてアウトサイドが空く、という効果が期待でき、ディフェンスを攻略しやすくなる。

シューティングガードやスモールフォワードはフロアバランスをとり、主にアウトサイドでボール回しに貢献する。ボールが広く回れば自分たちの1on1のスペースが生まれ、そこに速いパスが供給されることで勝負を仕掛けられるし、深めの位置でボールをもらえばインサイドにパスしてディフェンスを収縮させられる。ボールをもらう技術とパスをさばく技術は大切になる。

アウトサイドシュートの技術も必要だ。外のシュートがないだけで、ディフェンスは引いて守ればいいことになり、ドライブもポストに入れることもできないのなら、パス回しを頑張ってもなかなか有効なオフェンスにならない。特にシューティングガードは、スペースを見ながら動いてボールをもらい、ドリブルをせずにクイックにシュートするスキルがあるといい。得意なシュートスポットをチームメイトに伝え、感覚的に共有することで、強力な得点源として活躍する。

参考記事:バスケのシューターの心得と、練習で意識するといいシンプルな動き方

ゴール付近での有効な得点スキルもほしい。ボールの展開をスムーズにしようとセンターやパワーフォワードが外に出たときには、逆にインサイドの空いたスペースに対して、アウトサイドの選手が入っていくことでチャンスを作り出せる。ドライブの技術や、カットしてのシュート技術を上達させることで、チームは得点の幅を増やせる。

参考記事:バスケのインサイドの役割、センターとパワーフォーワードの違いとは

ゴール付近では接触を好み、ハーフコートオフェンスが上手くいかないときに状況を打破するスモールフォワードが目立ちやすい。スモールフォワードはオールラウンドなスキルを持ち、いざとなればポストプレイやペネトレイトでファウルをもぎ取る頼もしい存在だといえる。力強さを生かしたリバウンドも期待できる。

参考記事:より上手くいく1on1のテクニックを磨くためのポイントやコツ
参考記事:フリースローを安定して決め続けるためのコツやルーティンについて

2つのポジションの違いとは何なのか?

いくつか「こうだといい」というポイントを挙げたけれど、バスケットボールは互いの欠点を補完しあえる競技だ。ドライブができなくてもインサイドが頑張ればチャンスメイクはできるし、全員でよく動くなら、外のシュートが入らなくてもドライブやカットプレーで得点できる。ボールをもらえなくても、スクリーンをもらえればシュートチャンスはある。アウトサイドの選手というのは、他の選手に助けられて活きられる。

アウトサイドは助けることにもなる。ボール運びが難しいなら、シューティングガードが手伝う。リバウンドが弱いならスモールフォワードが飛び込む。シューティングガードとスモールフォワードの違いは、このようにボール運びとペイントエリア付近、どちらの領域で他の選手を助けるかで決まるという見方もできる。

アウトサイドの2選手は、使い勝手がいいようにいちおう、シューティングガードとスモールフォワードという呼ばれ方に分かれているけれど、バスケットボールは助けあってチームの勝利を目指すスポーツだから、ポジションのイメージに自分のプレイをあわせなくていい。大切なのはチーム全体がうまくいくようにプレイすることだ。ポジションはチームのバランスを考えるときの便利な指標だけれど、それぞれの状況にあわせてプレイが上手くいくことに優先されるような「正解」じゃない。

参考記事:バスケのポジションの決め方、そしてスタメンを勝ち取る方法の話

シューティングガード・スモールフォワードの練習方法

シューティングガードとスモールフォワードにはチームメイトを助けられるような万能性が必要ともいえるし、欠点があれどもチームメイトに助けてもらうことで輝く長所が必要ともいえる。こういった課題に役立ちそうないくつかの記事をおいておくので、いまの自分やチームの状況にあわせて試行錯誤していこう。

参考記事:バスケットボールの体力づくりに効果的な8つのトレーニング方法
参考記事:バスケットのフットワークでおさえておくことと練習メニューのヒント
参考記事:すべての練習の効果を倍増させる、ボールハンドリング上達法の全て
参考記事:バスケのシュートのコツと、入るフォームを自分で探す方法について
参考記事:パスの極意を教えます! 力を合わせるバスケットのためのパスの練習法
参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法と考え方
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス