オスグッド・シュラッター病での膝の痛みを治療する方法の基礎知識

オスグッド病の治療方法

今回はオスグッド・シュラッター病の治療方法を簡単にまとめる。

オスグッド病は成長期のスポーツ障害として有名だ。10~15歳の間になりやすく、足を曲げるような運動時に膝の下部に痛みを感じる。バスケットボールでも床を蹴ったりジャンプをしたりといった競技の性質上、想像以上に多くの選手がオスグッドに悩まされることになる。

ここでオスグッドについての一般的な知識をまとめる。オスグッドの痛みは体験したことのある人にしかわからない。根性論で無理やりに頑張れと励ますのではなく、知識を得て適切に対処していくことの重要性を意識して、楽しく喜びのあるチーム活動にしていってほしい。

sponsored link

オスグッド病の治療方法と予防


オスグッドの症状と原因

オスグッド・シュラッター病は膝の皿の下あたり、すねの骨の上部に痛みを感じる、成長期に多く見られる症状だ。オスグッドではよく「膝の下の出っ張っている骨が痛い」という表現がされることが多い。この痛みの原因はいったい何か。

膝の前面では大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)が、すねの骨の上部分に繋がっている。この大腿四頭筋が伸縮することと、膝の曲げ伸ばしは連動している。試しに椅子に座った状態で太もも前面に手をやり、つま先を持ち上げるような動きをしてみよう。触れている筋肉に力が入ることがわかる。大腿四頭筋がすねの骨の上部に繋がっていて、縮むことでひざ下を持ち上げているのだ。

この大腿四頭筋の縮む力が強すぎると、大腿四頭筋とすねの骨を繋いでいる部分に負荷がかかり、炎症が起こる。さらに悪化すると骨が剥離してしまう。つまりオスグッドでは痛みが起こっている部分というより、大腿四頭筋に原因があると考えられる。

オスグッド病の治療方法

ひざの骨が痛いのは成長痛なのか?

よくオスグッドは成長痛と言われるがこれは違う。成長痛は原因や痛みの出る部分、持続期間も不明・不特定なものだが、オスグッドはスポーツ障害の一つとして、原因や痛みの出る箇所もはっきりしている。成長期では骨が柔らかく負荷に耐えづらいために、10~15歳の思春期の子供に発症することが多いので、「成長途中の人に多い痛み」というイメージで成長痛と混同されているだけだ。

オスグッドの辛いところは、なったことのない人にはその痛みが理解されないところだ。捻挫や靭帯の断裂なら大変さが想像されやすいが、オスグッドは成長痛の一種だと誤解され「放っておけば治る」「気にせずに練習しろ」などということにもなりかねない。チームにおいてはれっきとしたスポーツ障害の一つだということを認識して、これから説明するような適切な対処をしてほしい。

オスグッド・シュラッター病は非常に成長痛と混同されやすいスポーツ障害だ。

引用記事:膝やかかとの成長痛の対処法を解説! 子どもの成長痛の原因と知識


治療方法と期間、ストレッチについて

痛みが出てきた場合、絶対安静が第一の選択肢になる。炎症が治るまでにだいたい10日間ほどの期間、休息をとればいいといわれる。この時期の競技は愉しく、10日間も待ってはいられないという人も多いと思いけれど、オスグッドを治したいなら休息は必ずとろう。悪化させすぎると手術も必要になってくる。競技人生を長い目で見て必ず休みを取って欲しい。

休みに加えて、大腿四頭筋を柔らかくする処置を行っていこう。この部分の硬さが縮む力の強さに繋がってしまうから、日ごろから柔らかくしておくことには価値がある。下記の動画を参考にしてストレッチする。動画内では腸腰筋と大腿四頭筋を効果的にストレッチ出来る方法を教えてもらえる。正座による圧迫の痛みもないところがいい。


このストレッチを入念にやることに加えて、ふくらはぎやハムストリング、股関節のストレッチも行うようにしよう。ある特定の筋肉が硬いときは、その部分をかばおうとして周辺の筋肉も疲労して硬くなっていく。そうすると特定の筋肉もますます硬くなっていきやすい。大腿四頭筋だけではなく、周りの筋肉も柔らかく保つことがオスグッドの痛みを和らげるには大切だ。

参考記事:太もも裏を効果的に鍛える、ハムストリングスの筋トレとストレッチ

冷えも筋肉の硬さを招く。身体は常に暖かく保つようにしよう。お風呂に入ったり、温かいものを口にして身体を温め、血流を良くすること。

身体の使い方にも注意してみよう。歩くときや走るときに、大腿四頭筋に極端に頼るようなフォームになっていないだろうか。例えば猫背の人は太ももの前面で「いちいち止まるような」動き方になっていることが多く、オスグッドになりやすい。すぐにフォームを変えることは難しいが、大腿四頭筋の硬さを招かないような動き方を意識することも治療、予防になる。

オスグッドのサポーターとテーピング

基本的にサポーターやテーピングを使用しての練習はオススメしない。これらは筋肉が硬くなっていくことを軽減してくれるかもしれないが、オスグッドを治すものではない。休養を取り、筋肉に柔らかさを取り戻すのがベストで、どうしても出たい最後の大会があるだとか、特別な事情がない限り、テーピングやサポーターで痛みをごまかしながら競技を続行するのはやめよう。

ただこれまでのような処置を取ったうえで、運動復帰直後の心理的な不安を緩和するためにテーピングをしたりサポーターをつけるのは悪くないだろう。テーピングについては下のキネシオを使った動画を参考にしてみよう。


以上、オスグッドの治療方法について簡単にまとめた。これらはあくまで怪我の悪化を防ぎ、治療への理解を増やすための基礎的な知識に過ぎない。大人になってから後遺症として痛みが出る場合もあるので、異変を感じたらすぐに最寄りの医療機関を受診してほしい。一番いけないのは無理解による練習や試合の強要だ。この記事をうまく予防、対処に役立てて、どうか不安や苦しみのない素晴らしいチーム活動にしていってほしい。
sponsored link

関連する記事

腰痛治療 腰痛治療