食生活のこと、どんな食べ物を、どんな風に食べていけばいいか

食べ物は、食べたいものを食べたい分だけ食べましょう。

sponsored link

食べたいものを身体は知っている

「良薬、口に苦し」はウソで、身体が必要としていれば、苦いものでも辛いものでも美味しく感じます。必要な量を過ぎると、美味しく感じません。どんなものもそうで、食べたければつばが出て、それで食べると美味しいです。身体が求めていなければ、寿司でも焼き肉でも美味しくないです。

食べたくないと感じたら食べない。もう食べたくないなと思ったら食べるのをやめる。頭の知識で栄養とかカロリーとか添加物とか考えても、本当にそのとき必要なものは、身体に聞かないとわかりません。動いたあとはどんなものも美味しいし、動かなければ身体は欲しがらないから、食べても美味しくないです。食べたいように、食べたい分を食べましょう。

sponsored link

関連する記事