理解力がないのではなくて

得意な把握の仕方に違いがあるだけなのかもしれません。ある例え方ではピンと来なくても、例えを変えればすっと理解できることがあります。誰でもそんなことがあって、それぞれにやさしいわかり方があるでしょう。

sponsored link

こういう違いがあるとわからずに、理解力が足りないと思いこんでしまうことはもったいないことです。相性のいい人から教わった方がいいということがあります。頭の回転がいい人というのも、その人にとっての得意分野ではそうだというだけで、苦手な分野はからっきしということだって普通にありますね。

問題は理解力ではないこともあるでしょう。コンディションがよくないとき、新しいものごとを身体が受け取れないのかもしれません。興味関心のないことに取り組むのはエネルギーが要ることです。理解力を高めたいときは、自分の心身の状態を整えていくのが近道かもしれません。

sponsored link

関連する記事