NBA選手の本気のワークアウトを収めた、7つのトレーニング動画集

NBA選手のトレーニング動画

バスケットボールの自主トレーニングのメニューをいろいろ考えているあなたに、NBAのスーパースター7人のワークアウト風景を収めた動画を紹介する。ここに挙げる7つの動画に見てとれる練習のすべてが、無条件ですべての選手に適用できるわけではないけれど、トッププレーヤーたちが厳しい練習を自分に課している姿を見ることで、新らしいトレーニングの発想や、モチベーションアップの効果を受け取れる。

レブロンやコービーなど、スター選手でも実施している自主練習のメニュー自体は私たちと大差ない。けれど中身の濃密さ、姿勢、徹底ぶりなどは、どのカテゴリーの選手にとっても参考になるはずだ。エクササイズ時の姿勢や練習に取り組む雰囲気、表情の一つでさえも参考にするつもりで見れば、役立つ何かがきっと見つかるだろう。

sponsored link

NBA選手のワークアウト・トレーニング


レブロン・ジェームス


200万回以上も再生されているレブロン・ジェームスのワークアウト。細かいメニューまで注釈つきで丁寧に説明してくれる動画が1時間近くにわたって見られるのはうれしい限りだ。シュートモーションやエクササイズの時の身体の使い方をじっくりと観察しよう。

クリス・ポール


縄跳びや腕立て伏せ、ラダーや両手ドリブルなど地道なドリルが目につく。NBAのスタープレーヤーでもこうした基本的な動きを繰り返していることがわかる動画。両手ドリブルで前後左右に自在に動く姿や、ディフェンスのトレースハンドとの接触を意識したドリブル練習などにも注目。

コービー・ブライアント


コービーブライアントのトレーニング。ダンベルを使った地道なワークアウトは、私たちでもジムで出来そうだ。種目やトレーニングというより、必要な練習を突き詰めてやりきるところが参考になる。肩周りの筋肉を鍛えていることがよくわかる動画。

ステファン・カリー


NBAでトップレベルのシューターであるカリーだが、ゴムを使ったドリブルやテニスボールを使ったコーディネーションドリルなど、基礎的なことにもじっくりと時間を割いているようだ。確率を意識したシューティングもしており、日ごろの自分の成果や調子を把握しようとしているとわかる。

ドワイト・ハワード


ハワードのトレーニングは筋肉単独ではなく身体全体で引っ張る最初のエクササイズでわかるように、体幹を駆使したハードなものになっている。後半の手足を滑らせるようなエクササイズは、自分でやってみれば手足がばらばらになってバランスを崩してしまうとわかるはずだ。バスケットボールのパフォーマンス向上には、工夫を凝らして負荷をかけることがポイントになる。

ネイト・ロビンソン


身体能力抜群のスラムダンカー、ネイト・ロビンソン。ハードなトレーニングを、気持ちを込めてやっていることがわかると思う。日々のたゆまぬ訓練こそが、試合での活躍のカギになる。

ドウェイン・ウェイド


重さで身体を鍛えるというよりは、四肢に負荷をかける中で体幹部のエクササイズを重視し、全身の連動性を鍛えているように見える。バランスディスクに乗っての動きは、シンプルで実践しやすいので、自主トレーニングに取り入れてみるのもいいだろう。


7人のNBA選手のトレーニングをご紹介した。これらは世界最高峰の選手たちが実際に行っている最先端の訓練だ。なぜこんなことをしているのかわからないものよりも、私たちが実際にやってみることができるものの方が多いことに気づけるだろう。自分のトレーニングに導入すれば、新しい世界が開けてくるかもしれない。レベルアップの助けにしていこう。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

WOWOWでNBAのスーパープレイを楽しもう! たった15分で初期費用/加入料不要