記憶力が悪い人の記憶力が楽にアップする、トレーニングと暗記のコツ

記憶力アップのトレーニングと暗記のコツ

記憶力を向上させ、暗記をスムーズで確実なものにするための、記憶力アップの方法はいくつかある。この記事では記憶力が悪い人のための、シンプルな暗記方法をまとめる。



sponsored link

記憶力が悪い人の記憶力をアップする、暗記法のコツとトレーニング


暗記のコツは対象と別の感覚と組み合わせること

家を出てからカギをちゃんと閉めたか不安になったことは誰でもある。確かに自分がとった行動なのに何の記憶にも残っていないのは、いつも同じようにしているルーチンワークは脳がすぐに消化してしまうからだ。逆に出会ったことのない新鮮なことや、感動や驚きや恐怖などの心が大きく動いたこと、何か違和感を感じるような出来事なら、脳は反応して記憶の箱においてくれやすい。

覚えたい物事に違うものをくっつけて、脳にひっかかりを与える。例えば私たちが歌う時、歌詞というただの文章に、旋律やリズムといった別の事柄をくっつけている。歌詞を単体で覚えるよりも、くっつけて一緒に覚えてしまった方が効率がよく簡単なのだ。歴史の年号の語呂合わせなどもそうだ。記憶力のいい人は情報と情報をくっつけて、一つのかたまりにして連想しやすい状態で頭に格納している。

だから覚えたい事柄は、まったく関係のないものと一緒にしてしまおう。五感の何かをくっつけることが大きなコツになる。例えば数学ならばリズム(聴力)と関連付ける。「ククハチジュウイチ」も「テイヘンカケルタカサワルニ」も、一定のリズムで言えるから覚えやすいのだ。

記憶力のトレーニング方法

暗記のトレーニングにもコツがある。それは「出力」の「頻度」を意識することだ。

ある情報を覚えるためには、長い時間その情報に触れているよりも、短い時間でも定期的に触れた方がいい。一度に3時間勉強するよりも、1時間を三日に分けて勉強した方が記憶には定着する。物事を覚えようとする時は、短い間で集中して記憶しようと努め、休憩を挟んでそれを繰り返すといい。

また、脳は出力の回数によって記憶を定着させていく。何かを覚えようとするときは情報に触れるだけではなく、その情報を自分の中から外へ出す行程を何度も踏むといい。歌詞カードを何度も見るのではなく、歌詞をノートに書いたり、口に出してみる回数を増やすことが大切なのだ。

日中に覚えたい事柄を覚えるように努めて、それを寝る直前に振り返ろう。朝起きたら、再び同じ出力をする。この一手間で、脳が眠っているうちに整理した記憶をいっそう強固なものにできる。

そして1週間後、2週間後、1ヵ月後にそれぞれ同じ出力をしよう。これは忘却曲線に基づいた最も効率的な復習のタイミングだ。タイミングよく復習することによっても記憶を確かなものにできる。

東大生も愛用する暗記法


生活を整える

気持ちのいい生活は記憶力のアップに役立つ。脳に貯まった様々な情報は、寝ている最中に整理されて記憶として定着する。眠ることで記憶は整理されるのだ。

参考記事:すぐに寝れる、疲れもとれる、ぐっすり気持ちいい眠りのポイント2つ

適度な運動は記憶力向上を助ける。手足を動かすことで記憶中枢の衰えを軽減することができる

記憶力アップのオススメサプリ
sponsored link

関連する記事

古武術オフェンス

シュートマジック
→→→試してみたレビューもこちらで公開中