瞑想のやり方とかコツ、注意すること

瞑想のコツとかやり方を調べている人に、少し書いておく。

瞑想とは、自分で自分自身に気づきやすくなっていくもの、という感じだ。

マインドフルネスとか、スポーツに応用できる効果もある、みたいにいわれるけど、この種類の瞑想をすればこうなる、みたいなことはない。自己流でやろうとしないで、瞑想指導の経験を長年もっている人のところで教えてもらって、フォローアップもしてもらうのが安全で大切だ。

sponsored link

代表的なのは2つ、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想。サマタは特定のものに集中する、止観とかいわれる。ヴィパッサナーはありのままに気づいていく。「ああ、いまこれがあるなぁ」くらいで、自分に浮かんでいるものを観ていく。

サマタのコツはわからないけど、ヴィパッサナーのコツは掴まないみたいなことだ。思いが連鎖していったら、連鎖していることに気づいて「ああ、連鎖したなぁ」くらいでさっと放す。あまりに放せないようだったら、やめるといいと思う。無理くり頑張るものじゃない。やっぱり指導してもらうこと。

もともとは宗教的なところからきたものだから、ビジネスに効くとか、美容にいいと雑誌で紹介されていたから、みたいなので取り組むものじゃない。やるべき理由がある人は、それでもやるだろうから、せめてちゃんとした指導ができる人に会いに行くといい。自己流でやると魔境とか、辛い目に遭うこともあると書いておく。軽い気持ちで深みにはまる、みたいなのはやめた方がいい。

辛い目に遭って抜けられなくなったら、瞑想指導ができる人に相談するか。身体とか脳が興奮しすぎてしまっているので、セラピーとかボディに働きかけられる人のところにいくか。どっちかだろうかなと思う。

瞑想の本来の目的は、悟りといわれる、ある境地にいくことだ。集中力だとか気持ちの安定とかを目指すなら、ボディワークとか人に相談するとか、もっと違ういい方法もあるのになと思う。副次的にというか、いい効果もあるといえばあるだろうから、全部を否定するわけじゃない。うまくいく人もいるだろう。ここでは、気をつけてね、と書いておく。

sponsored link

関連する記事