腰痛の原因とか、筋トレやストレッチよりいい対処方法

腰痛の原因とか、筋トレやストレッチよりいい対処方法

ひどい腰痛に困っているときには、日常の動作を見直していくこと、その方法を知ることがとても大切です。

腰痛にも種類があります。重いものを持ったときなどに起こるぎっくり腰など、急性期の腰痛では、激痛で動けなかったり歩けなかったりが普通です。そのようなときは、身体の回復力に任せて、炎症が治まるのを安静にして待つといいです。ずっと横になって休む期間があり、できる範囲で身体を動かしていき、徐々に回復していくことになると思います。

ですが長年続いているような慢性的な腰痛には、違うアプローチが必要です。それはジムに通ってやみくもに筋トレをしたり、整骨院で何度も電気をかけてもらうようなものではありません。

sponsored link

慢性腰痛の原因は特定できない

慢性的な腰痛では、何が特定の原因ということははっきり言えません。ストレス。運動不足。適切じゃない身体の動かし方。こころの傷。疲労。我慢。自律神経の乱れ。ゆっくり身体を休ませる時間がないこと。脳の機能低下。いろいろなメカニズムが働いて痛みになっています。

ヘルニアがとび出ていても腰痛とは無関係だったりするので、どんな対策、治し方をしていけばいいか、多くの人が情報を探しています。ここを見ているあなたも色々と、試してみたことがあるかと思います。

たとえばX脚やO脚と腰痛を関連付けて、トレーニングを頑張る人もいるでしょう。ですがプランクやデッドリフトを繰り返し、腹筋や背筋を鍛えることで背骨をかばおうとしても、かえって筋肉を固くしてしまい、痛みに悩まされている人は少なくありません。

腸腰筋、大腰筋、臀部、太もも、足の付け根とされる股関節など、腰椎や骨盤にくっつく部位も注目され、トレーニングの対象になっていますが、身体においてはすべての場所がつながりあい、影響されあっています。特定のどこかだけをよくしようとしても、慢性痛はなかなか改善されないでしょう。

たくさんの腰痛グッズ、柔軟に使うフォームローラーやポール、emsは長期的に見て役に立ちましたか? デスクワークで腰痛を抱える人だとしたら、オフィスチェアのクッションは、かえってよくない座り方に導かれて、あごが突き出るような悪い姿勢になりませんか。

病院を受診して注射や鎮痛剤を打ってもらったことは? バファリンやロキソニンなど、痛み止めの薬を飲むことは応急処置的です。コルセットやベルト、テーピングなどで緩和しても、かえって伸びやかな動きを制限してしまうかもしれません。

お風呂に入って冷やしたり温めること、プールで歩くこと、湿布やエレキバンに頼ってみること。たっぷりと時間をかけるストレッチ。どれも血流をよくするでしょうし、一時的な対処にはなるかもしれません。針やお灸、足つぼ、マッサージでお尻をほぐすこと、整体も、できれば根本的な解決をもたらしてくれるものに置き換わってほしいものです。

こういった身体を「強く鍛える」「ほぐす」「よくしてもらう」といった努力はたくさんありますが、そこには「身体を感じる」「身体につながる」という視点が欠けがちです。この視点を持つことが、腰痛から抜け出すにはとても大切です。

理解が対処法になる

長く続く痛みへの対処に必要なのは、生活環境の中で自分を腰痛に導いている動きと感覚を知ることです。

自分の動きを見直すこと、生活している中での身体への負荷を感じること。たとえば電車通勤での椅子が身体にあわないこと、運転中の姿勢、ふだん背負うリュックの位置、柔らかすぎる座椅子、固定した動きしかないエクササイズを続けることは、自分の身体にどんな影響をもたらしていますか。

長く続く腰痛では、自分の身体とつながること、自分の動きを教育することが見逃されてきた可能性が高いです。体操やヨガ、ピラティスなどで腰痛がよくなるのは、これらが身体とつながり、新たな動きの学びを促せるものだからです。自分の身体とじっくり向き合う時間がなければ、慢性腰痛からなかなか抜け出せなくても不思議はありません。自分の動きと感覚への気づきが必要です。

たとえばベッドでの寝方、枕の高さ、抱き枕の抱え方、仰向けと横向きとうつぶせで、身体への負担はどう変わるかが自分でわかりますか。布団からの起き上がり方や日常での歩き方を、自分で意識したことはありますか? 自分がどんなふうに感じて動いているかを識別できはじめたとき、腰痛から抜け出すだけでなく、生活全般に違った可能性が生まれます。

身体は筋トレやマッサージをしておけば大丈夫、というものではありません。身体につながり、根付き、住み着くことが必要です。つながるとはどんなことかについては、こちらのnoteに少し書いてあります。身体を感じることが大切だと覚えておくことは、慢性腰痛から解放される大きな一歩になりえます。

腰痛に苦しんだときに、寝心地のよかった寝具を紹介しておきます。


いろいろ試した中で、このマットレスが沈み具合や寝返りのしやすさがベストでした。寝心地の良し悪しを知るには、自分の身体の感覚を感じられることが大切ですが、腰痛のときはそれがなかなか難しいこともあります。ふつうの布団よりもかなりよかったので、睡眠環境をよくしたい方の助けになればと思います。

また腰痛に役立つ本をこちらでも紹介しています。正しい椅子の座り方や、運転中の姿勢、呼吸と腰痛、健康的な姿勢とはなにか、背骨や身体について知りたい方にはとてもいい本になると思います。

腰を少しずつ楽にすること

sponsored link

関連する記事