経験者にも必ず役立つ、初心者に伝えたいレイアップシュートのコツ

レイアップシュートのコツと練習方法

レイアップシュートはバスケットボールのもっとも基本的なシュートだと考えられている。スラムダンクによって庶民のシュートという異名が広まったが、このシュートの特長は、体得すればたとえ初心者だとしても、実際の試合で得点を決められるチャンスに恵まれる点にある。

そしてレイアップシュートは、レベルの高い試合においても役に立つ、経験者にとっても汎用性と重要度の高い技術だといえる。ゴール下の決定的なシーンにおいて、この技術が確かなものであるだけで得点はほぼ約束されるのだ。

レイアップシュートのコツを知ることは、初心者だけではなく経験者にとっても必ず役に立つ。初心者に対して教えることもあるだろうが、もっと重要なのは稀にある「レイアップシュートのスランプ」に対して対処できるからだ。この記事ではアンダーハンドのレイアップシュートのやり方、ポイントを解説し、全ての選手にとって有益な情報をお伝えする。

アンダーハンドのレイアップシュートのコツ、やり方


初心者に打ってつけのレイアップ練習

もしもあなたがバスケットボールの初心者だったり、まったくの素人である友人や後輩にレイアップシュートを教える必要が生まれたときには、どのようにレイアップシュートを把握し、修得・指導すればいいだろうか。

まずレイアップシュートにはいくつかの種類があることを理解しよう。私たちが一般的に認知しているレイアップシュート、いわゆる漫画のスラムダンクでいう庶民のシュートは「アンダーハンドレイアップ」と呼ばれている。ボールの下を手で支え、手の甲がボード側を向く形で行われるシュートのことだ。

アンダーハンドレイアップは、両足でリズムよくステップを踏み、床を強く踏み切って身体を高く上昇させ、その勢いを生かしてボールをバックボードに上手く預けることで得点する打ち方だ。この打ち方にはいくつかの特徴があるが、もっともここで強調したいのは「非力な子供」や「ステップで上に飛び上る感覚がつかめない初心者」にとって、このシュートは難しいものになるということだ。

そこでまずは下の記事を参考に、オーバーハンドのレイアップを習得することを勧めたい。オーバーハンドのレイアップとは、通常のジャンプシュートのように、手の甲が自分の顔の方を向いている状態でボールを持ち、ステップを踏んでシュートする方法だ。身体を上昇させる感覚や腕を伸ばすタイミング、ステップのリズムなどをまずオーバーハンドで練習してみよう。

参考記事:ランニングシュートの入門練習に最適なオーバーハンドでのレイアップ


放り投げるような形でのアンダーハンドレイアップを無理やりに実践することは利益にならない。まずはステップを伴って跳ぶことと、リングに向かってボールをコントロールする感覚を養おう。

アンダーハンドでの練習へ

アンダーハンドでのレイアップは、リリースまではオーバーハンドのレイアップを参考にできる。右利きであるのなら「右足・左足」の順にステップを踏んで、横ではなく上に飛び上がってみよう。右足の時点で体を少し後傾させ、左足は身体より前に投げ出す感じで飛ぶと、太ももの前面を使うことなくより高く飛べる。踏み切り時には右の足のひざをしっかりと意識して振り上げるといい。

ドリブルもおぼつかない完全な初心者なら、ワンドリブルからのランニングシュートをせずに、ボールをただ持った状態から、トラベリングなどお構いなしにリングに近づいてステップを切ろう。これらは先のオーバーハンドのレイアップの練習方法を参考にしてほしい。

とはいえドリブルやパスから「ボールをキャッチする」動作は、レイアップシュートの技術の習得には欠かせない大切なものだ。ステップのクセをつけるとともに、ドリブルやパスの練習を行うことが求められるだろう。

参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法とコツ
参考記事:パスの極意を教えます! 力を合わせるバスケットのためのパスの練習法

ボールをあまりにも正しく扱えていない場合、レイアップを練習するよりもボールハンドリングに力を入れたほうが、結果的にレイアップシュートを習得するのが早まる。ボールを掴み、中心を感じて自分の理想的な位置に正しい持ち方で持ってくるために、ハンドリングの練習は不可欠だ。

参考記事:すべての練習の効果を倍増させる、ボールハンドリング上達法の全て


空中で自分の身体を制御するように務めること。ただ上に飛べばいいのではなく、自分の身体を制御する感覚を持ちながらジャンプする必要がある。この感覚を知ろうとする意識があるのとないのとでは、上達具合がまるで違ってくる。後者の場合、レイアップシュートを「放り投げる」ようなイメージとやり方が身についてしまうのだ。

多くの人が知っているように、アンダーハンドのレイアップシュートとは「リングに置いてくる」ように打つものだ。地面から勢い任せに狙うのではなく、空中でも完全なコントロールを保ってシュートしなければならない。技術的な要素の他に、「高速で安定して高く飛び、ソフトに打つ」ための身体能力が関わってくる。下記の記事を参考にトレーニングを積むことも、レイアップの修得には効果的だ。

参考記事:身長差なんて覆せ!バスケットのジャンプ力を高める鉄板トレーニング
参考記事:体幹トレーニングで世界が劇的に変わる!体幹の効果と鍛え方メニュー


ボードの四角形の上隅を狙い、目を離さずにシュートすること。慣れれば感覚でリングとの距離感を把握できるだろうし、あいまいな放り方でもボールはリングを通ってくれるようになる。しかしそこで楽をせずにリングに触れず真ん中に通すことを目標に練習すること。この意識が後々になって決定的な差になってあらわれる。

すべての技術がそうであるように、真似をする、模倣を試みることは初歩的な技術習得のやり方だ。何も知らない初心者は、レイアップの方法を理論で学ぶよりも、実際にゴールに向かってステップを切ってみよう。

実際の身近な選手でもいいし、テレビやDVDで見たバスケ選手でもいいので、頭のなかに綺麗なレイアップシュートのイメージを描いて実施することがポイントだ。できればビデオに自分の姿を移して、イメージとのズレを修正する形で取り組むこと。

男子だろうが女子だろうが、この効果的なレイアップシュートの練習のコツを活用し、何度も反復練習することが大切になる。正しいやり方で行ない続ければ、必ずこのシュートを確実に決めることができるようになるだろう。

レイアップシュートが入らなくなるスランプについて

経験者にとってレイアップシュートは入って当たり前のものだ。しかしバスケットボールに長く取り組んでいる選手でさえ、簡単なレイアップシュートを外してしまう事がある。そしてそのような事態が2,3回続くだけで、なぜ外してしまうのかとパニックになり、すっかり自信を失ってしまうものだ。もっとも簡単な「庶民のシュート」で、なぜこんなことが起こるのだろうか?

このような経験者のスランプが起こる大きな理由の1つには「レイアップシュートを打つ機会があまりない」ことがあげられる。日々の練習では、レイアップシュートが打てる前提のメニューは少ないはずだ。外からのシュートやスクリーンプレイ、フォーメーションなどで、いかに相手ディフェンスからシュートチャンスを得るかという考えが、練習メニューの大前提となる。これはレベルが上がれば上がるほどそうだ。

「レイアップシュートは決めて当たり前」なのだから、わざわざそれ自体をメニューに組み込むチームは少ない。気がつけば何ヶ月もレイアップシュートを意識してしっかり打っていないという状態すらありえる。しかし試合では、プレッシャーのかかった状況で、一瞬の判断でタイミングを間違えずにステップを切る必要がある。いかにレイアップシュートでも、これは日頃から意識していないと難しいプレイだ。

レイアップシュートが不安ならば、あなたがどれだけ長いバスケ歴を誇る人でも、何度も繰り返し練習し直す必要がある。遠い昔に乗っていた自転車に乗ると、誰もがおぼつかない動作になるものだ。しかし繰り返し乗っていると、やがて身体は昔の感覚を思い出す。レイアップも同じことだ。

もうひとつのケースは、そもそもレイアップシュートの技術を正しく習得できていないケースだ。経験者の中にも、しっかりとしたレイアップシュートを打てていない選手はたくさんいる。レイアップでは間違った打ち方でも、至近距離からのシュートなため、なんとなくリングに入ってしまう。フリーの状態ではいいだろうが、これではいざという時に、確実な得点を期待できない。

経験者が犯しがちなミスとして、ステップの際の上への推進力が足りない場合がある。実際の試合では自陣から長い距離を走りこんできたり、全速力でゴール方向へ切れ込んでからのレイアップシュートになる。自分のスピードを制御できずに、横方向に流れてしまうとシュートの精度は当然下がってしまう。上に向かって跳びやすいタイミングでボールを振り上げ、ボードに置いてくることを、しつこいくらいに意識しよう。

もう一つは手元の不確かさが原因だ。至近距離では慣れてくればボールを無造作に放り投げてもある程度は入ってしまう。このことが、多くの選手に自分のあいまいな技術を放置させる。ミドルシュートが外れれば、原因を修正しようとするが、レイアップはそもそもあまり外れないので、確実な技術の習得の必要性を日常では感じられない。だから多くの選手が肝心の試合でミスを犯し、後悔することになる。

腕をしっかり伸ばして、可能なかぎりギリギリの高さまでボールをコントロールするように務めること。ボールハンドリングの基礎をもう一度見直し、指先で最後まで操ること。腕の振りでボールを上に投げるのはやめ、下半身が生む力を手元でボールに伝えることを意識しよう。



上の動画のエクササイズは、ボールの持ち方を確認するのにもっとも適している。指先を曖昧にするのではなく、しっかりとボールを上方向に持ち上げることが大切だ。自分の手元の技術に不安があるのなら、何度でもボールハンドリングの基礎に立ち返ろう。

左右両方の手で入るようになる方法

初心者は多くの場合、利き手が右手だと左手でのレイアップシュートがまったく入らないというように、利き手と逆の手での技術が未完成だ。この場合はレイアップを簡単なシュートだと思ってみくびらず、右と左ではまったく違う技術だと思って真摯に練習しなければならない。

とはいえ、これまで述べてきたようなコツをしっかり意識すれば、たとえば左手でもレイアップをしっかりと決めるようになることは困難なことではない。ここでは2つのポイントだけを挙げよう。

1つは動画で説明したような、ハンドリングのトレーニングをしっかり逆の手でも行うこと。右利きの選手の場合、左手でボールを持ってからある程度速いスピードで動かしてみると、ボールがこぼれてしまうケースが多い。これは指を広げずにボールを制御することが出来ていないからだ。この場合だと、左手でシュートを打てばボールはうまく持ち上がってくれず、かえって自分のバランスが崩れてしまうだろう。

もう1つは、左手で打つ場合は左足をしっかりと振り上げることだ。これには右足で強く踏み切る必要がある。逆手で入らないのは、この動きがバラバラになっているケースが多い。フットワークにワンステップ、ツーステップというメニューがあるが、これは踏み切りと振り上げの身体動作を鍛えるいいエクササイズだ。レイアップを打つイメージを持って、ボディバランスを意識して取り組んでみよう。
1.ボールハンドリングを高める
2.ボディバランスのトレーニングを増やす
両手でレイアップシュートを決めることが出来るようになれば、左右の両サイドでオフェンスの選択肢は驚くほど増える。また左サイドで右手で打ってブロックされることも減り、得点力自体もアップするはずだ。はじめはなかなかうまくいかないかもしれないが、練習していくうちに楽しくなってくる。ぜひとも粘り強く取り組んでみてほしい。

反復をやめないこと
いかがだったろうか。時を経てしまえば、あらゆるスキルは失われてしまう運命にある。これに少しでも抵抗するには、定期的な反復練習が絶対に欠かせない。それがどんなに簡単で楽勝な技術だと思われていたとしても。

レイアップシュートはすべてのバスケットボール選手にとっての原点だ。誰もがここからバスケットボールを学ぶし、練習の楽しさを覚えてきた。単純なプレイだと侮らず、正しい知識を得ることで、あなたはチームにも、はじめたばかりの初心者にも大きな恩恵をもたらすことができる。あなたがどんなレベルの選手であれ、この記事が少しでも役に立つことを願っている。
sponsored link

強いチーム作りのためのコミュニケーションに
   
チーム紹介企画を実施しています!
現在NO LOVE, NO TEAMでは、あなたのチームの取り組みやイベントを紹介する企画を行っています。団員募集や大会、ホームページなど、告知してほしいことがある方はこちらをご覧ください。ミニバスから社会人まで、どんなチームの活動でも大歓迎でお待ちしています。

→NO LOVE, NO TEAM 「チーム紹介企画」
あなたの質問に答えるメールマガジンを配信中です!
NO LOVE, NO TEAMでは読者の方の質問に答えていくメールマガジンをQ&A形式で配信していきます。下記の投稿フォームにメールアドレスを入力して無料でご購読いただけます。バスケとチームの質問は随時募集していますので、メルマガの連絡用アドレスへお気軽にどうぞ!

この記事へのあなたの考えを聞かせてください!
  1. pf| 2013年7月31日10:17 PM

    ダブルクラッチを決められるようになりたいんですがレイアップがしっかりできてれば出来るようになるもんですか。あとダブルクラッチはどんな場面で使えばよいですか。

  2. ikeyann| 2014年7月15日9:26 PM

    subarasii

コメントを投稿する

※名前とコメントは必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>