身長差なんて覆せ!バスケットのジャンプ力を高めるトレーニング方法

ジャンプ力をあげる方法と筋肉トレーニング

バスケットボールは高さがものをいうスポーツでもある。身長が高ければ高いほど、シュート、リバウンド、パス、ブロック、ルーズボール、あらゆる点で有利になる。

しかし、この絶対的な要素に立ち向かう手段もある。ジャンプ力を鍛えることはその一つだ。人はトレーニングによって高く跳ぶことができるし、それによって多少の身長差を覆すこともできる。それがその人にあった正しいやり方なら。

この記事ではジャンプ力を飛躍的に伸ばすためのトレーニング方法をお伝えする。日本人は高く跳べない? NBAの黒人選手に比べればそうかもしれない。けれど日本人の170cmの選手でも、実際にダンクをしている人もいるのだ。跳躍力のつけ方のメカニズムを知って、上方向への支配力と瞬発力を手に入れよう。

sponsored link

ジャンプ力アップのための鉄板トレーニング方法


正しいジャンプのフォームを習得する

間違ったやり方で練習しても、間違ったやり方がうまくなる。ジャンプ力をあげるいくつかの段階で、実際にジャンプをするトレーニングもするが、そのときにフォームがおかしければ、せっかくの努力が効果のあるものにならない。まずは基本となる跳び方の姿勢を確認しよう。

跳ぶ前の安定感がジャンプ力には必要だ。より力強く伸びあがる感じを地面から得るためには、バランスのいい「感じ」を得ることがポイントになる。実際にジャンプして、上の方に力強く飛べる感じを探していこう。

「バネのように」という連想は役に立つ。全身が協調して一度に伸びていく感じ、バネのイメージを持って身体を気持ちよく動かしていくと、コツをつかみやすい。その過程で腕の振りが重要なことにも気づくだろう。もしも違和感がある場合は、自分の跳び方をビデオに撮って、綺麗なジャンプをする人との差を埋めていくといい。

ジャンプ力を増大させるジャンプアタックトレーニング

ここではバスケットボールのジャンプ力を上げる有名な本を紹介する。ティム・グローバーのジャンプアタックだ。かなりキツイトレーニングであることと、文章の訳がよくないことが玉に瑕だけれど、多くの人に実際にジャンプ力アップの効果をもたらしてきたメソッドだ。



こちらはフォームを見直すのではない。筋力トレーニングと神経をつなげる訓練によって、ジャンプ力を伸ばしていく方法が解説されている。ぜひにジャンプ力を伸ばしたいのなら、この本を読むことをオススメする。

このトレーニングの諸注意

ジャンプアタックのトレーニングは真剣に行えばかなり負荷が強い。そのため肉体の状況に従って、他のトレーニングに重点を置くことも検討しなくてはならない。

例えば年齢的に高めの選手だ。落ちたジャンプ力を戻すために、いきなりこのトレーニングに挑むのはオススメできない。ジャンプ力が衰えるにはそれなりの理由がある。年齢からくる運動不足だったり太ってしまったのならば、まずは軽く運動をして感覚を取り戻したり、やせるための努力をしたほうが、ジャンプ力の伸ばし方として理にかなっている。いきなりこのトレーニングを試みるのは、要らないケガの原因になりかねない。

ミニバスをやっている小学生などでも、まだ身体が出来上がっていない段階でこのトレーニングに挑むのは危険性が大きい。バランス感覚を養ったり、下に述べたような食事と睡眠をしっかりととったほうが、ジャンプ力が伸びるにはよほど効果が望める。

ジャンプ力が伸びない原因が長距離のランニングにあると思っているのなら、その認識は改めていい。確かに長距離走のトレーニングは瞬発力が落ちる原因の一つだといわれているが、よほど長い期間、長距離の走り込みばかりに重点をおいた練習をしない限りはまず問題はない。せっかく頑張ったジャンプ力が低下することを恐れる人がいるが、バスケットボールにおいてスタミナは大切だ。安心して走りこもう。

最大のコツは睡眠と栄養

ジャンプ力アップは純粋に筋肉を成長させる試みだ。筋肉を成長させる方法で肝心なのは、よく使い、よく食べて充分な栄養を取り、よく回復させることなのだ。その点で、下記の2つの記事はあなたの手助けをしてくれるだろう。

参考記事:簡単でわかりやすい、スポーツ選手にも役立つ栄養と食べ物ガイド
参考記事:すぐに寝れる、疲れもとれる、ぐっすり気持ちいい眠りのポイント2つ

食事による栄養補給があなたの筋力アップに必要な成分を補充し、成長ホルモンを分泌する睡眠がそのまま筋肉の回復期間となる。他のバスケットボール選手がこの2つをおろそかにしているなら、ライバルたちに差をつけるチャンスになる。食事と睡眠を重視することは、身長アップにも効果があるといわれる。こういった意味でも食事と睡眠をおろそかにしないようにしよう。
sponsored link

関連する記事

股関節 胴体トレーニング