聞き上手になるには、会話術の心得とグチ聞きのときの注意点の話し

聞き上手になる方法

人の話しを聞くことは難しい。相手のどんな話をどんなふうに聞くのかというところに、愛情は一つの現れ方をする。これは生涯を貫くテーマだ。

sponsored link

聞き上手になる方法


相手はどんな気持ちを伝えたいのか

多くの人が、他人の話をうまく聞けずにすれ違った会話になる。バラエティ番組のようなポンポン速いリズムで笑いをとりあうコミュニケーションは一見楽しそうだが、想いを伝えるには向かない。そんな会話ばかりを目指すクセがつくと、自分の想いを表現したり、相手の気持ちを受け止めたりといったことは向上しない。聞き上手になるには、空気を読もうとしたり相手からこう見られたいと思わず、相手のそのものに意識を向けることが大事だ。

相手の言葉の意味を鵜呑みにするのではなく、相手がその言葉を発するときの身振りや表情や声のトーンから、相手がどんな気持ちになっているかを感じ取ることが大切になる。話している本人でさえも、自分の感情が外に漏れ出ているとは気づけていないことが多い。「走れ!」と叫ぶコーチは、自分の声の中にどれだけイライラや欲望が詰まっているかわからなかったりする。「あいつはダメだ」という言葉が意味するのは、その人がダメだということではなく、「私はいまあいつがダメだと思っていることをこの場で話したがっている」ということの表明だったりもする。

もちろん相手の気持ちはわからない。この人の話はこんな感じがするな、という自分の感覚を磨くことだ。言葉の論理的な意味を追うよりも、よっぽど聞けるようになる。相手の言葉の意味に反応して、安易に「わかる」というとすれ違う。安易なわかるは誤解を深める。相手のその話がどんな感じなのかは、話し初めはわからないものだ。即座に思い込まずに、掘り深めていくように相槌を返していく。相手自身も、自分が何を伝えたいのかはっきりわかっていないケースは多い。想いを言葉して伝えていくのは誰にとっても簡単ではない。相手の伝えたいことを、相手と一緒に探していくといい。

普段の会話にお互いが合意したテーマなどはない。相手の気持ちがある程度は受け取れたと思ったら、それを聞いて自分が思ったことや感じたことを、表現したかったらすればいい。表現する気にならなければ、「そうなんだね」と返せばいい。自分の表現は、表現したいときに表現したいことを、表現したい相手にすればいいだけだ。無理に相手に気を遣っていい感じの雰囲気を作ったり、話しをまとめたりしなくていい。自由だ。相手にどう思われるかなんて気にしなくていい。相手だって「こんな返事をしたらどう思われるだろう」と気にしていない人に、自分の想いを伝えたいはずだ。

相手がどんな気持ちを伝えたいのか、こんな感じがするという感覚を重視して聞いていくと、ときに嫌な気持ちが自分の中に生まれたりもするだろう。その嫌な感覚を与えてくるその人が悪いとイライラせず、自分の中にこの感覚を嫌う部分があると思うと、自分の一面を発見できる。

愚痴の聞き方とは

グチや不満に対して、何かをしてあげる必要はない。それは相手の人生の問題だからだ。その人として代わりに生きてあげることもできない。それはあなたの問題だという態度を保つことが、自分のためにも相手のためにも大切だ。最小限の支援ができ、支援したいと思うのなら、すればいい。最小限とは何か、その支援によって長い長い相手の人生に何が起こるのか、という見極めは大切になるだろう。もしかしたら、その支援をすることは自分の人生にとってどんな意味を持つことなのか、という問いに突き当たるかもしれない。

安易に「そうだよね、わかる、ひどいよね」と同調したり、相手の態度や価値観を批判することで、相手に何が起こってしまうのかを想定できているだろうか。同調で相手が変われる可能性を奪うかもしれない、批判で相手から活力を削ぐかもしれない。相手が自分に話すことを通じて、どんな風になっていって欲しいか、思い浮かぶものがあればそうしてみていい。会話を方向づける主導権は常に聞き手の側にある。上手く聞いて反応することは、上手く方向づけることでもある。グチや不満を言う人は弱っている。その人自身の「どうしたいか」が定まれば、自然と力が出る方向にいく。

相手を望んだとおりに変えようとすること、救おうとすることはしない。自分は他人と違うということ、究極的に他人のことはどうしてあげることもできないのだというわきまえを持つこと。「我慢できずに思わずアドバイスをしてしまう」ような心理状態では、上手いアドバイスも難しい。「結局お前はどうしたいんだ?」と主体的に迫ってしまうと上手くいかない。相手のことを少し突き放して見る態度、距離感がある方が上手く聞いてあげられる。

この人の話は聞いていてツラく耐えられないなと思ったら、会話をずらすことを試みる。それすらも出来ないようなら、その場を避ける、去ることを検討する。相手は自分のメッセージで、あなたがどんな気持ちを抱いたりするか、想定も観察もしていない。そんな相手の言うことを聞く義務はない。聞きたかったら聞く、聞きたくなかったら聞かない。きちんと生活の中でその人を避ける工夫をする。

どんな相手の話しを聞くにしても、その感情や理論を鵜呑みにしない。安易に自分の中に取り込まないこと。自分の意を持って聞くこと。油断していたら、望まない大きな影響を受けてしまう。そうなれば、ノコノコその場にいって話をふんふんと聞いた自分が悪いと諦めるしかない。相手からどんな悪感情が放たれても、「うるさい、おれはおれだ」という熱さを持っていることは生き延びる上で非常に重要だ。

自分の想いを整理したり、表現する機会を持つこと。自分の気持ちがいっぱいいっぱいの時は、人の話をうまく聞くことは難しい。自分の心にたまったものを理解したり、誰かに吐き出したりすることで心が楽になる。相手を一歩引いて見る距離感も手に入れられる。心に余裕を持っているときが、よい聞き手になれる時だ。
sponsored link

関連する記事

古武術オフェンス

シュートマジック
→→→試してみたレビューもこちらで公開中