バスケのフリースローのコツやルーティンについて

フリースローのコツのことを書きました。

sponsored link

フリースローのコツ

入る気になって打ちましょう。ふだんから練習しているように入ります。

こちらも参考にどうぞ:バスケのシュートのコツ、よいシュートフォーム、練習のやり方

ルーティンは何でもいいです。気に入るものを自分でやりましょう。アファメーションやセルフトークみたいに、「入る入る入る」とこころの中で唱えるのも、付け焼刃かもしれませんが、効果はあります。でもそれをしなくてすむなら、無心で打てるなら、その方がいいです。

成功率が低いとか、緊張して入らないとかがあるなら、それが実力だと認めましょう。難しいことですが、認められればうまくなれます。

sponsored link

関連する記事