一瞬のズレでチャンスを生み出す、ユーロステップのやり方とコツ

ユーロステップのやり方とコツ

この記事ではユーロステップのやり方やコツについてをお伝えする。ドリブルからランニングシュートのステップを踏むときには、リズムを予測したディフェンスがコースに入ってきたり、ブロックを試みたりすることが多い。オフェンスがそれに影響されるとタフショットを打たされたり、その瞬間を得点に結びつけられなかったりする。そこでゴール付近での得点方法を増やすために、ユーロステップの習得に取り組んでみよう。

どんなテクニックでもそうだけれど、ユーロステップもしっかりと練習することなく思いつきで試合で使えば、ターンオーバーの可能性は増える。けれどポイントを踏まえた反復練習をすれば、フィニッシュの精度を高めてくれる強力な武器の一つになる。

sponsored link

ユーロステップのやり方とコツ


ウェイドのユーロステップを見てみよう

まずはよく聞くユーロステップとはどんなものかを理解するために、こちらのドウェイン・ウェイドの動画を観てみよう。



こんな風にコース上に入ってくるディフェンスの目の前を、横切るような1,2ステップでかわしてシュートまで持って行くのがユーロステップだ。ボールマンがドライブをすれば、近距離からのシュートを防ごうとしたディフェンスとペイントエリア付近で出会う。ユーロステップはこのときに効果を発揮する。

NBA選手ではウェイドの他にもジェームス・ハーデンマヌ・ジノビリのユーロステップがよく注目される(ユーロステップは別名ジノビリステップと呼ばれるくらいだ)。このサイトでもよく「ユーロステップがうまくできない」という相談をいただいたので、スターのプレイを見て多くの選手が挑戦しているようだ。

ところがこのユーロステップをフリーシュートの際に踏めるようになっても、実際に試合で使うことは難しい。ステップ自体ができても「ディフェンスとの駆け引きの中で」ユーロステップを効果的に使うのにはコツがある。

ユーロステップのやり方のコツ

下の図を見てほしい。これは右利きの選手が一般的なランニングシュートに行く際のステップの踏み方だ。

euro-step

右利きの選手はボールをキャッチしてから「右、左」という1,2ステップを踏んでランニングシュートを行う。そして実際には「右、左」というステップを踏む前に、ボールキャッチ直前の「左」のステップを踏んでいる。下の図でいう「0」のステップのことだ。

euro-step

ディフェンスはオフェンスの動きを予測して対応しようとする。その予測に基づいてランニングシュートをどう止めるかというアクションを具体的に起こすのは、「1→2」のステップではなく、「0→1」のステップのときが多い。思い出してほしいが、あなたが試合中に「相手のランニングシュートが来る!」と判断するのは、相手が実際に「1→2」ステップを踏んだときではないはずだ。それでは遅すぎる。ボールをキャッチする動作が入る「0→1」ステップのときにシュートチェックを決断することが多いはずだ。

そして通常、ランニングシュートでは「0→1」のラインの延長上に「→2」のステップが踏まれることがほとんどだ。これを経験的に知っているディフェンスは、「2」の位置にオフェンスの身体が進入することを想定して重心移動を行う。そしてユーロステップの一番のポイントは、この「0→1」の時点でディフェンスに「2」の位置へ重心移動を起こさせ、自分は「0→1」ラインの延長上ではない「2’」の位置にステップを踏むことだ。

euro-step

上の図では「0→1」のステップで緑の点線上の進入を予期したオレンジのディフェンスが右へ重心移動を起こしている。そこで逆の左へステップを踏むことでズレを作ることに成功するわけだ。

つまり「0→1」の段階で、いかにディフェンスを「2」の前方へ引き寄せるか、緑の点線を意識させて重心移動をさせるかが、ユーロステップでのフィニッシュを成功させる一つのカギになる。

ユーロステップのヒントとして

ユーロステップを成功させるために、いくつか試行錯誤のヒントになるものを書いておこう。

ボールハンドリングの記事でも触れたけれど、まずは真似から入ること。ビデオに撮りながら、もっとこんな感じに動きたいんだよなぁという感じで、ディフェンスをつけず、ステップをゆっくり確認すること。力まず安定感のある動きをすると、気持ちよく、よいハンドリングを保てることに気づくこと。はじめてレイアップシュートを練習していった時も、急に無茶な速度ではしなかったはずだ。ゆっくりでいい、ユーロステップでシュートが決められるような感じを探していこう。

参考記事:バスケのボールハンドリングの練習を、効果的なものにするために

この決められる感じはディフェンスが目の前にいることを感じると失われやすい。ディフェンスに守られることを意識して身体が強張ったり、安定感を失ったり急いだりしてしまうと、ステップで相手を出し抜けなかったり、シュートが入らないということになる。大切なのはディフェンスの動きを良く感じることだ。誰かにゆるくディフェンスについてもらい、「0→1」をゆっくりと大きな動きで踏む。そのときに、相手の動きをよく感じ取る。はじめは直接見てもいいし、周辺視野で感じ取れるならそれでもいい。

参考記事:バスケットボールの視野を広げることと、余裕のある動きについて

相手の動きを感じられないと、ユーロステップを有効に使っていくのは難しい。「0→1」のステップがあまりにスピードに乗りすぎると、身体の安定性がなくなることと相手の動きがわからなくなることが起こりやすくなる。少しずつ練習していくこと。ユーロステップは勝利するために絶対不可欠なものではないけれど、シュートの選択肢の幅が広がることは、自分に余裕と自信をもたらしてくれるだろう。練習から実戦へ、局面を見極めつつ挑戦してみよう。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス