バスケのドライブのコツのこと

バスケのドライブのコツがあるとしたら、どんなものがあるだろう。

まず、1対1がうまくいく感じが大切になる。動きながら相手とのずれを見れる感覚があるのが大事だ。

速さとか強さとか、一生懸命さだけでなんとかしていると、ドライブするのは大変だ。駆け引きの感覚があるときがうまくいく。横に並べればほとんど勝ちだ。

記事:バスケの1on1のコツ、テクニックとか抜き方とか

sponsored link

ドライブをしたら、ヘルプが寄ってくる。ヘルプにびっくりしたり、気をとられすぎるとうまくいきづらい。自分のディフェンスのことも、ヘルプのことも、見えている感じが大事だ。余裕をもって見えているから、シュートまでの判断ができるし、味方にパスすることもできる。

ドライブを決断する前に、ヘルプ、コートの全体のバランスが、なんとなくは見えていること、わかっていること。

ドリブルのハンドリングがよくできていると、周りがよく見える。身体のバランスが崩れたら、ボールをなくしやすい感じがして、気をとられてしまう。その分、周りがあまり見えなくなる。ハンドリング、バランス。

結果的にリングに入ればいい、みたいなのはちょっと違う。シュートを決められたかどうかより、見えていたかどうか、自分でわかることが大切。

ドライブをいきなり仕掛けるより、ボールがコートの左右、内と外を回ってからの方が、うまくいきやすい。ヘルプが自分のドライブを予測していないとき、ドライブにヘルプできる余裕のないときにドライブする。

記事:バスケのオフェンスの動きの考え方、パッシングゲームの攻め方の話

sponsored link

関連する記事