相手を抜くときとボール運びで、練習しておくといい4種類のドリブル

ボール運び、相手を抜く

ここというときにディフェンスを抜けないで困ってしまうときがある。バスケットボールには様々な種類のドリブルがあるけれど、相手を効果的に抜くことを考えた場合に、どのような練習を行うことがよいだろうか。いろんな種類のドリブルを練習しても、相手を抜けないことがある。そんな時はたくさんの技がある中で、重点的に練習するドリブルを絞ってみよう。

いくつかのドリブルに的を絞って集中して練習することで、頼りになる安定したドリブルを身につけることができる。この記事ではドリブルでディフェンスを抜くために、優先して習得するといいだろう4つのテクニックについてまとめる。あなたが自分の武器と言えるドリブルを持っていないなら、この4種類のドリブルを磨いてみてほしい。

sponsored link
スピードで抜ききるよりも駆け引き

ドリブルで抜こうとするときに注意してほしいのは、頑張るから抜けるのではないということ。頑張って抜けることもあるけれど、それだと運が大事になる。ドリブルの技術を磨くとは、相手を感じてその状況にあったドリブルを判断して実行していくことだ。判断をともなうドリブル技術を磨いていくという方向性をふまえてほしい。ものすごく速いクロスオーバーができるから抜けるといったものではなくて、それだと読まれてしまえば止められてしまう。相手との駆け引きの中でドリブルをするから、抜いたりボールを確実に運んだりといったことができるのだ。

抜き方を練習するといい4つのドリブル


フロントチェンジ

身体の前方で左右にドリブルを切り返すフロントチェンジ。ディフェンスは原則的にボールマンの進みたい直線上に存在し続けるけれど、正対したディフェンスを左右に揺さぶることによってズレを生み出して、ドリブルコースを自力で作り出すことができる。

クロスオーバーとも呼ばれるこの技術は、ドリブルを生かしたいいろいろな状況で核となる重要な役割を果たしてくれる、もっとも習得する価値の高いドリブルだ。ボールを運びたい時も、ジャンプシュートを打ちたいときも、相手を抜きたい時もフロントチェンジは役に立ってくれる。肩や頭、目線のフェイクを交えてこれを練習しよう。

参考記事:クロスオーバーを成功させるコツとは? 練習方法とやり方を解説

インサイドアウト

インサイドアウトとはフロントチェンジをするとみせて、ドリブルしている手の側に切り返すドリブルを言う。詳しくは下の動画を見てみよう。インサイドアウトとフロントチェンジを交互に続けているが、とても綺麗にフロントチェンジの途中で切り返しているのがわかるはずだ。



フロントチェンジが「右から左」だとすれば、インサイドアウトは「右から左と見せかけて右」というようなドリブル方法だ。一番王道のフロントチェンジはディフェンスが予想してくるので、駆け引きの中でこのドリブルを入れると、横への揺さぶりが細かくなって抜きやすくなる。滑らかにできるように練習しておこう。

ヘジテーション

行くと見せて行かない、と見せて行くというような、縦方向の緩急の技術。ゆりかご椅子の動きのようなロッカーモーションや、細かくステップを踏むスタッターステップもヘジテーションの一種になる。フロントチェンジもインサイドアウトも横への変化だったけれど、この変化は相手を縦に揺さぶることができる。

相手が下がったのならそのままドリブルで進めばいい。距離があるから加速しやすく、突き出しドリブルで抜いてしまうチャンスもあるだろう。相手が縦のズレを修正しようと距離をつめてくるようなら、これもカウンター気味に抜き去るチャンスになる。横の変化と合わせて臨機応変に使いこなせれば、この3種類だけでも十分に相手を翻弄できる。

緩急をつけるときはヘッドアップして視界を確保する。ボールをディフェンスに近い位置に置かず、ディフェンスがギャンブルしてきたらクロスオーバー(もしくは後述のレッグスルーやビハインドザバックなど)ですぐに対応ができるように良いコントロールを保つ。抜いた後はバックファイアに備えてボールを前に突き出せるようにするといい。

バックロールターン

バックロールターンとは、ドリブルをしている側と逆の足を軸にして背面にターンすることで相手を抜く技術だ。下の動画を見てみよう。



このドリブルは相手が引いた状態だとあまり効果がない。だが進んでいく中で接触が起こるくらいディフェンスとの距離が近づいたなら、身体を入れ替える形でこの技術が生きる。駆け引きの中でディフェンスとの距離が急に縮まった時に使ってみるといい。ディフェンスの後ろ側がオープンな状況で使うこと。(※これはラップアラウンドで代用できるかもしれない。得意な方を選んでもいいだろう)

参考記事:個人で局面を打開できる! バスケのドリブル技の種類(動画あり)

レッグスルーとビハインドバックは?


練習する4つのドリブルの中に、レッグスルーとビハインドバックという、有名なドリブルは入れなかった。これらは状況によって便利な動きになる。クロスオーバーではカットされそうなくらいディフェンスからプレッシャーを受けている最中では、体勢を整え身をかわす有効な技術だ。しかし自分から仕掛けて相手を抜いていく時には、安定性と効率で上記の4種類のドリブルをオススメした。

ビハインドザバックは斜め横方向に行く動きになるので、前へというと少し違う。レッグスルーはヘジテーションやストップアンドゴーと組み合わせることで確かに効果を発揮するが、身体動作がなかなか難しいものになってしまうと思う。

この2つは見た目が華やかで身につけたがる人は多いだろう。もちろん、これらを練習しなくてもいいということではなく、ドリブルやハンドリングのスキルを高める上で練習してみるといい。ただ、すべてのドリブルを平均的につけるよりも、いくつかの強力な得意ドリブルを持っていた方が試合で自信を持ってプレイできるし、相手にとっても脅威になれる。まずは得意なものを磨くと良い。

ボール運びかハーフコートオフェンスか


相手を抜くといっても、ポイントガードがボール運びをするのと、フロントコートで1対1をするのとでは状況が違う。

ボール運びをする場合、単純に言えば相手が下がってしまえば抜くことはほとんどできない。しかし本来のボール運びをするという目的は達せられる。これらのテクニックで相手を揺さぶりながら8秒以内にゆるゆると前進する運び方も大切なスキルだ。もしスキを見つければスピードで一気に抜いてチャンスを作ることもできる。

ハーフコートオフェンスになった時は、やはりシュートという選択肢が大切になる。ディフェンスはあなたとの距離を詰めなくてはいけないから、シュートの可能性を意識させる駆け引きの中でドライブすることをオススメする。ヘルプディフェンスの存在を感じとり、スピードに頼ってフィニッシュまでいくのではなく、いつでも冷静にシュートやパスを選択できるようなドリブルを身につけることが大切だ。

参考記事:より上手くいく1on1のテクニックを磨くためのポイントやコツ
参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法と考え方
参考記事:鋭いドライブはバスケの華! 明日から練習で意識できる上達のコツ
sponsored link

関連する記事

ドリブル上達方法