タイトなディフェンスでリズムを狂わせる、バスケのディナイのやり方

ディナイのコツとやり方、練習方法

ディナイはなかなか徹底されづらいものだ。ボールと人の位置が変わっていくコート内で、パッサーとレシーバーの位置や動きを把握していく力がいる。単純に脚力を頼りにパスコースを潰そうとすると、相手チームの駆け引きに裏を突かれたりする。正しいポジションでパスコースを消しつつ、オフェンスの狙いを読み、ときにはディナイを諦めたり、し続けたりといった判断をしなくてはならない。

しかしディナイを徹底して行えるようなディフェンス力を持つ選手は、チームに大きな貢献をすることになる。ゲームの中では相手のキープレイヤーにボールが渡ることを防ぎ、望まない位置やリズムでボールをもらわせることで、オフェンス全体の歯車を少し狂わせていくことができる。その少しのずれが、最終的に大きな差になったりするのもバスケットボールなのだ。

sponsored link

ディナイのコツを知ろう


ディナイの意味について

ディナイとは英語でdenyと綴り、「否定する、拒む、断つ」という意味を持つ単語だ。バスケットボールにおいて、これはディフェンスの技術の一つとして用いられる。自分のマークマンとパッサーのあいだのパスコースに、自分の手や身体を差し入れるようにして、オフェンスの素早いパスを妨害することをディナイという。

次の図を見て欲しい。(クリックで拡大します)

ディナイせず、速くて正確なパスが通るケース
ディナイによってパスを遅く不正確にできる

上の図と下の図では、ディフェンスであるaの位置が異なる。そのせいで、オフェンスのパスコースがない。①は違ったパスコースを探し、②はあいたスペースに移動することになる。

ディナイとは、適切なポジションをとることによってオフェンスの意図する場所へのボール運びを防ぎ、スムーズな攻めを妨害する技術だと定義できる。

ディナイの具体的な効果について

ディナイによって具体的に何が起こるか、もう一度二つの図を見てみよう。

ディナイせず、速くて正確なパスが通るケース
ディナイによってパスを遅く不正確にできる

上の図ではディナイをしていないので、オフェンスのリズムにあう素早いパスを供給されている。そのため②はボールをキャッチして、シュートやドリブルの選択肢を気持ちよく確保することができる。シュートでディフェンスを前に釣り出したり、カウンターでドライブ出来たりもする。オフェンスしやすい状態で1on1が始まるので、これはディフェンスにとって一般的に不利な状態だといえる。

参考記事:より上手くいく1on1のテクニックを磨くためのポイントやコツ

下の図では、aが適切なポジションニングで、②へのパスコースを断っている。このため②は動いてパスを受けることになるし、①も②の動く先のスペースにタイミングよくパスを出すことになる。このパスの精度は、上の図に比べて低くなる。

遅く精度の低いパスを出させることで、たとえばaは②に対して、ボールを持ったときには適切な距離で体勢を整えていることが可能になる。②はキャッチしてから、シュートもパスも安定して狙える状態になるまでに若干の時間を必要とする。上の図のように準備のできた②に対して前に出るようなシビアな状況は避けられる。

また、ディナイによって、aは②に移動を迫ることができる。つまりディナイは、②が有利な場所でボールをもらおうとしても、それを妨害することができるということだ。

3Pシュートが得意な相手を一歩だけ外側に追いやるだけで、シュートの選択肢はなくなるし、パスやドリブルを強いることができる。ローポストでのオフェンスをしたいセンターを少しだけ外に出すことで、ミドルシュートやドライブなど、得意ではない不安定なプレイを選択させられる余地が増える。

ディナイは試合中に相手の1on1の力を弱めるのに、ディフェンスが習得しておきたいスキルだ。この技術を身につけることで、あなたのマークマンへのディフェンス力は向上するだろう。

ディナイのやり方やコツについて

具体的にディナイをするのには、どういった点が大切になってくるか。「ボール・ミー・ユー」という言葉は役に立つ。ボール、私、あなた(つまりマーク相手)が、ほぼ一直線になるようにポジションを保つことが、ディナイにおいて大切な原則だ。

ところで、そのようなディナイの一直線を保つのに必要なことがある。ボールとユーの位置関係を把握し続けることだ。知っての通り、ボールも、マークマンもコート上では移動する。

このため、ディナイをするには視野を広くとり、ボールとマークマンの両方の位置を感じ続けることが大事になる。この技術をビジョンをとるという言い方をする。ビジョンをとることのできる選手ほど、いざというときにディナイを実行しやすい。「ボール・ミー・ユー」のポジショニングをとることができないと、下の図のaのように、気持ちのいいオフェンスを実現されてしまう。

ディナイせず、速くて正確なパスが通るケース

「ボール・ミー・ユー」には、感覚的な練習が必要だ。どのくらい前に出ればディナイができているのかという感覚は経験によって養うことになるけれど、パッサーやレシーバーにパスコースをどれくらい潰せているか聞いてみて、フィードバックを得ることは役に立つ。素早くディナイをするためにも、ディフェンス中は首を振ってコート上での位置関係を把握し続ける。

ミーとユーの距離が近すぎると一瞬で振り切られやすくなったりスクリーンにかかりやすくなる。遠すぎると山なりのパスが安易に通る。マークマンの特徴やチームの方針によって柔軟に距離感を変えられるといい。山なりのパスが相手に通った時には、目の前で待ち構えていられるのが理想だ。

自分の腕をしっかりとパスコースに伸ばすことで、前に出る距離に若干の余裕が生まれる。パッサーはコースに手が出ているだけでパスの出しづらさを感じる。自分の手をパスコースにしっかりとあげる習慣をつけると、ディナイを実践するクセづけになる。

ディナイの種類について

ディナイには状況別によってスタンスが変わる。オーソドックスなものとして、クローズドスタンスが挙げられる。

クローズドスタンスのディナイでは、パスコースを切るように手をしっかり伸ばし、パッサーに対し手のひらを見せるようにする。あごを肩に乗せる意識を持つといいともいわれる。マークマンが外に出てボールをもらおうとするときに見られやすいスタンスになる。

クローズスタンスによるディナイ

クローズドスタンスがパッサーに背を向けるような姿勢だったのに対して、オープンスタンスはパッサーとレシーバーを結んだ仮想の線に胸を平行に合わせるような姿勢だ。コーナーにボールがあり、逆サイドのコーナーにマークマンがいるディフェンスが、ローポストでハーフラインに胸を向けている場合、おそらくオープンスタンスでいる。

これはボールがマークマンから離れていて、いわゆるピストルポジションをとるときに使われるスタンスだ。

オープンスタンスによるディナイ

最後にフロンティングに触れよう。インサイドのプレーヤーにボールを渡さないように、パッサーに対して前に出て、背中で押しこむことによってパスを防ぐ技術だ。裏を取られるような浮き球に対しては片手を高く上げて警戒し、もう片方の腕でしっかり肘をあげることで、マークマンが前に出ようとするのを防ぐ。具体的には次の図を見てみよう。

マークマンを完全に背負い、背中で押す

このように、パスが回ってきて②にボールが入りそうになっても、うまく回りこんで前面に出てしまうのだ。こうすることでオフェンスに不正確な浮き球を出させる。回り込んだだけだと裏を取られて点を決められるだけなので、しっかり相手を押し込んで裏のスペース自体を消してしまうことが大切だ。押し込めない場合、チームとして裏のカバーが必要になる。

完全にマークマンとパッサーの間に入るフルフロンティングよりも、図のように②に対してエンドライン方向へ押し出すといい。裏への浮き球にもハイローにも対応しやすい。

ディフェンスについてもっと知りたい人は、下の教材も観てみよう。動画での解説はわかりやすさが違う。



古武術バスケで有名な金田先生の教材、身体の使い方とコツ。
古武術バスケ、練習方法
sponsored link

関連する記事

古武術ディフェンス