クロスオーバーを成功させるコツとは? 練習方法とやり方を解説

クロスオーバーのやり方とコツ

クロスオーバーはバスケットボールのドリブルの花形だ。カッコいいだけではなく実用的でもある。ドリブルで相手と駆け引きをするには、知っているドリブルすべてを完ぺきにマスターしようとするのではなく、いくつかの強力な得意技を身につけることが大切になるけれど、クロスオーバーはもっとも重要な技になる。

ここではクロスオーバーを身につけるための方法、ポイントをまとめる。ドリブラーにとって初歩の初歩だと侮らないで、頼りになる自分の武器にする助けにしてほしい。

sponsored link

クロスオーバーのやり方と練習、コツ


ドリブルの練習をして状況判断をできるように

クロスオーバーには確かなハンドリング技術が必要になる。両手でのドリブル技術も、ヘッドアップして目の前のディフェンスの動きを感じることも大切だ。両手でドリブルできることでファンブルを防ぎ、次の動作にも移りやすい。ヘッドアップすることでディフェンスの動きを感じとり、いつ切り返すかという判断を下せる。その判断の余裕には、ボールを強くついていてコントロールの感触を長く持てることが大切になる。下の記事をよく読もう。

参考記事:すべての練習の効果を倍増させる、ボールハンドリング上達法の全て
参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法と考え方



コツは相手を動かすこと

一人で覚えたクロスオーバーをそのままディフェンスに使っても、その動きについてこられてしまう。ドリブルを練習してヘッドアップした状態でボールをつけるようになれば、単純に右を抜こうとする、相手が右にずれようとする、即座に左に切り返す、といった、相手を観てからのクロスオーバーができるようになる。本気で右に行くと感じさせるような上体の動作やボールの振りが役に立つ。ジャンプしたりせず、足を大きく踏み出すといい。次の動きができるようなバランス感を大切に。チェンジオブペースの技術としてヘジテーションやストップアンドゴーの動きをいれることで、ディフェンスはより困難な状況に陥るだろう。

動画で確認したい足さばきのこと

このクロスオーバーについてのめちゃくちゃカッコいい動画を観てほしい。アレン・アイバーソンやドウェイン・ウェイド、ティム・ハーダウェイなどの、ミスタークロスオーバーと呼べる選手たちがクロスオーバーについて語っている(邦訳しているサイトなどあったら教えてください)。



ここで注目してほしいのは選手たちの足さばき、つまり自分のバランスを失わなわずに素早く切り返すのに、どのような身体の使い方をしているのかだ。ドリブル技術があってもクロスオーバーがうまくいかない選手は、身体の使い方を見直してみよう。

どの選手もはじめの右のフェイクのときは、「右足を踏み出す動き」と「右手が上がってボールを迎えいれている動き(ボールが床から跳ね返って手のひら方向への力が働いている状態)」がセットになっている。

実戦をビデオにとってみて、自分の動きが動画の選手たちとどう違うかを確認しよう。速さや力強さは違っても、基本的な体の使い方まではそうそう変わらない。自分の気に入るイメージのクロスオーバー、自分にとってやりやすい感じのクロスオーバーをしている選手を見つけたらマネをする。その選手を一つの理想として、いまの自分の動きを少しずつ見直していくといい。

筋肉で地面に対して踏ん張るというより、脚で地面からの反力を上手く受け取れるような、バランスのいい身体づかいを目指そう。右足で頑張って急停止するという感じではない。左足に重心がいった時もなお余裕のある足さばきができること。

ハンドリングとバランス感覚を磨き、上半身と下半身のコーディネーションがよくなってくれば、ナンバのように右手と右足を連動させなくても、上下半身がバラバラのタイミングで動き、かつ安定性と敏捷性がなくならない「うねうねしていてキレのある」ドリブルがつけるようにもなってくる。そうなればあなたのクロスオーバーの技術はより一層高まり、対人戦がもっと楽しくなるだろう。
sponsored link

関連する記事

ドリブル上達方法