集中力がない人に効く、集中力を高める方法とトレーニングのコツ

集中力のない人が集中力を高める方法

自分の集中力を鍛える、育てることは可能なのだろうか。集中力がない、集中しようとすると眠くなるということは、その時にはその物事に気が向いていないということでもある。気が向かないときはやらないというのは一つのいい手段だけれど、仕事のようにどうしてもやらなくては、という時もあるだろう。覚悟を決めて取り組むと、集中力は高めることができる。

ここで集中力がもっと欲しい人に、集中力を高めるためのコツとトレーニング方法をまとめておく。集中の持続する時間や集中の深さは、自分で育てることができる。

sponsored link

集中力が続かない原因を知ろう


乱れをできるだけ排除する

瞑想を試してみるとわかるけれど、集中しようとするときはなるべく騒がしくないところ、身体を楽にしていられるところの方がしやすい。大きな刺激を感じると、どうしてもその刺激の方に意識をとられてしまう。集中していく、集中力を鍛えていくようなときは、なるべく集中しやすい状況を作って行うといい。

参考記事:瞑想のコツと方法をわかりやすく解説、効果を感じられるやり方とは?

そのために身体のコンディションを整えておく。疲れていたり、リラックスできていないときに、集中力を高めていく練習をしようとしても難しい。下の記事を参考に。

参考記事:スタミナがないあなたへ、体力をつけるシンプルで効果的な4つの方法
参考記事:疲れを簡単にとるための、絶対効果的で超シンプルな5つの回復方法
参考記事:緊張を治すいくつかのコツ、簡単にすぐリラックスする方法のヒント

集中力を高めるコツ、トレーニング方法


少しずつ集中している感覚を育てていくつもりで練習していく。いきなり完全な集中状態を目指さないでいい。集中していく自分を感じる。下のものを試していく。

①視線をどこかの一点に集中する。一点に集中している状態を長く続ける。
②自分の身体の感覚に注意を向ける。自分の手足でもいいし、呼吸をしている胸の感じでもいい。
③実際に集中力を発揮したい場所で、①と②を行う。慣れてきたら2つの切り替えをする。
④集中力が深まるようなルーティンを作る。深呼吸や特定の動作がいい。

集中していない普通のときと、集中しようとして僅かでもできたときの、意識・感じ方の違いを自分で把握する。「自分は集中力がない」という雑な思い込みをしないで、少しだけでも集中できたことを自分で感じ取る。自分の「集中する力」をよしよしと育てていく。

どうしても集中できないというときは、自分のコンディションを見直す。それでもダメならやめて、集中力のトレーニングをしたいという気になるまで待つ。一生懸命に力んでも集中は難しい。気分を変えてみてもいい。自分にあった集中しやすい音楽を探してみるのもいいだろう。

参考記事:短時間で簡単リフレッシュ、気分転換をする5つの効果的な方法とコツ

なぜその物事に集中したいかという、自分の現状をちゃんと見つめる。何かから脱するためかもしれないし、何かを得たいからかもしれない。そういう自分の欲求があること、自分の中の想いを確かめる。自分がいまそういう状態だということを見つめると、覚悟のような力を感じる。深く呼吸して集中していく。

イメージトレーニングは集中力を高める助けになる。集中している自分を外から観ているところを思い浮かべたり、集中しているところを思い出してそのときの身体の感じを味わってみると、集中力を高めていきやすいだろう。下の記事も参考にしてほしい。

参考記事:成功と自信に効果を発揮する、イメージトレーニングの方法とコツ
sponsored link

関連する記事

メンタルトレーニング