アンクルブレイクの動画特集! 意味や原理を交えたやり方の解説も

アンクルブレイクの動画、原理やコツ

緩急自在のドリブル技術でのアンクル・ブレイクは、ハイライトにもなりやすいバスケットボールの華の一つだ。

いままで「アンクル・ブレイクをしたい」という質問については、これは相手のディフェンスによって起きる現象なので、こうすればできるというものではない、と答えてきた。ただしバスケットボールへのモチベーションを高めたり、目標を持って楽しめるという面もある。

この記事ではアンクル・ブレイクの意味や原理、やり方を説明し、いくつかの動画を紹介しよう。

sponsored link

動画で学ぶアンクルブレイク


アンクルブレイクの意味と原理、やり方

アンクル・ブレイクとは足首を破壊するという意味の言葉になる。バスケットボールのドリブラーに対するディフェンスは、こまめなステップでオフェンスに対応することになる。繰り返されるフェイクや鋭い切り返しの速度に対応するには、コンマ何秒というレベルでの反応をすることになり、床とのバランスをとる脚は素早く動けるような臨戦態勢をとる。

ところが、この反応の駆け引きが急に起こったり、細かく連続して起きてしまうと、バランスを大きく担う脚が自分の動きを上手く制御できなくなる。目で見て相手の動きに対応しなくてはならないということはわかっているのに、脚が思うよりもうまく動いてくれず、ドリブル中の相手選手のリズムと合わないという現象が起こる。このとき、足首が床面をタイミングよく蹴ることができず、まるで壊されてしまったように見える。これがアンクルブレイクの原理だ。

ディフェンスは足裏に安定して体重を乗せることによって、効率的でクイックな対応を実現する。だがドリブルのフェイクや俊敏な切り返しによって、かかとや足裏の外側にまで体重が逃げていってしまったときに、まったく動けなくなってドライブを見送ったり、尻もちをついたり転んだりしてしまうのだ。アンクルブレイクのやり方を知って実現したいなら、相手が足裏で正確に自身をコントロールできなくなるような、巧みな駆け引きができるドリブルテクニックを身につけよう。下にある記事と、その下の動画を参考にして個人練習とイメージ作りに励んでみて欲しい。

参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法とコツ
参考記事:クロスオーバーを成功させるコツとは? 練習方法とやり方を解説



アンクルブレイクしやすいドリブル3つ



こちらの動画ではアンクルブレイクを目指すために修得するといい、ドリブル技術3つが紹介されている。はじめの2つ、インサイドアウトとクロスオーバーはシンプルで効果的だ。手はじめに練習してみるといいだろう。最後のビハインドバックによるプルバックはなかなか難しい。動画のようにシュートを決めるまでになるには時間がかかるかもしれない。

3人のスター選手のアンクルブレイク

また、ここでは3人の選手のアンクルブレイクに注目しよう。



ジョン・ウォールのアンクル・ブレイクからのアシスト。縦方向へのスピードが速いため、横方向に切り返されたときにディフェンスのステップがまったく間に合っていないところに注目。



こちらのデリック・ローズの動画も縦方向へのアンクルブレイク。左右の揺さぶりよりも、縦への揺さぶりからの切り返しの方が対応が難しい。ディフェンスが重心の移動を処理できず、足の外側へ力がかかってしまっている。



ドリブルで強烈な印象を残したアレン・アイバーソン。クイックネスとアジリティーでディフェンスを揺さぶる。シュートを警戒するから距離をあけられないという点にも目を向けよう。相手ディフェンスが「やばい!」と思わず反応してしまうことが肝心だ。

アンクルブレイクのスーパープレイ集



こちらはプロスポーツだけではない、様々なカテゴリーの選手たちのドリブル技術。下はNBAの舞台でのプレイ集だ。それほど長くないので自分のドリブルイメージを高めるために観てみよう。やってみたい動きがあったらやってみよう。



アンクルブレイクを実現するには、相手ディフェンスが必死になることが前提だ。必死に頑張っているディフェンスの裏をとるから、こういった華のあるプレイができる。それにはシュートやドリブルハンドリングの技術、駆け引きを磨くこと、つまり日々の練習が大切だということを忘れないでほしい。
sponsored link

関連する記事

ドリブル上達方法