バスケットボールのシュートの種類や名前のまとめ

バスケットボールのシュートの種類、名前のまとめです。

sponsored link

レイアップシュート

こんな風に打ちます。これは「アンダーハンドレイアップ」です。手の甲が下向きのレイアップ。手の甲を顔側に向けて、普通のシュートみたいにボールを持ち上げて放つ方法を「オーバーハンドレイアップ」といいます。ミニバスとかではオーバーハンドレイアップを先に教えた方がいいんじゃないかっていう話しもあります。

こちらもどうぞ:レイアップシュートのコツと練習方法、左で打つとき

クロスオーバーシュート

片方のサイドからドライブして、逆のサイドで打つレイアップシュートです。例えば左のウィングからドライブして、ミドルラインを通る形で、リングの右からレイアップシュートみたいなシュート。

インサイドハンドレイアップ

右からレイアップを打つとき、外側の右手じゃなく、内側の左手で打つようなシュートです。

ワンステップレイアップ

こんな風に、2ステップじゃなく、ボールをキャッチしてそのまま1ステップで打つレイアップのことです。

リバースレイアップ

レイバックシュートとかバックハンドシュートって言ったりします。コツは何度も打ってつかみましょう。エンドライン側の手で打つとレイバックシュート、逆の手で打つとリーチバックシュートっていうこともあるみたいです。

パワー・レイアップ

こんな風に打つレイアップのことです。力強い感じがしますね。

スクープショット

こんなシュートです。普通のアンダーハンドのレイアップシュートは「上まで行って置いてくる」感じですが、こちらをみると「すくいあげる」感じで打っているとわかりますね。

これでアーチが高いと「ハイループレイアップ」とか、呼ばれます。わかりやすいですね。もっと高いと「ヘリコプターショット」とか呼ばれるみたいです。

フローターシュート

「ティアドロップ」ともいいます。オーバーハンドのレイアップに似ていますが、ふわっと浮かせていますね。

フィンガーロールシュート

「置いてくる」とか「浮かせる」というより、指の転がりまでよくコントロールされているようなシュートのことです。

ダブルクラッチ

ステップを切って空中でシュート体勢に入ったあと、そのまま打つのをこらえて、もう一度持ち直して打つような動作、やり方のシュートです。トリッキーに見えて華があります。

ウィンドミル

ボールを風車のように回転させて打つシュートのことです。レイアップでもダンクでも、ウィンドミルといいます。

ダンクシュート

リングに直接、叩き込むシュートです。動画はジョーダンの、たぶん一番有名なダンク。

アリウープ

空中で味方からのパスを受けて、そのままシュートするプレイのことです。ダンクにいかなくても、アリウープです。

タップシュート

空中で持ったボールを、そのままシュートするようなシュートのこと。リバウンドにゴール下で跳んだあと、着地せずにそのまま入れるシュートとかです。

コツとかやり方は、とにかく練習してつかんでいくことです。続ければ、できるようになっていきます。

セットシュート

フリースローのときみたいに、構えて打つシュートのことです。

ジャンピングシュート

ジャンプと同時に打つシュートのことです。初心者の人とか、ミニバスの子とかがよく打ってますね。大人が打ってもグッドです。

ジャンプシュート

ジャンプして一番上にいったタイミングで打つシュートのことです。一番上にいく前に、打つシュートは「エレベーションシュート」といいます。

こちらもどうぞ:バスケのシュートのコツ、よいシュートフォーム、練習のやり方

フックシュート

こういう風に、ブロックされないように打つやり方です。繰り返し練習してコツをつかみましょう。マイカンドリルあたりが有名です。

ステップインシュート

インサイドにステップして打つシュートです。トラベリングがとられやすいですが、ルールについては、こちらにまとめられています。ありがたいですね。

アップアンドアンダー

こんな感じです。ステップワークに注目した名前ですね。

ミドルレンジシュート

ペイントエリアの外、3Pラインの中、くらいの位地でのシュートのことです。「ペリメーター」ともいいます。

ステップバックシュート

後ろに下がってディフェンスとの距離をあけてから打つシュートです。昔、得意としていたNBA選手の名前から「キキ・ムーブ」ともいいます。

プルアップジャンパー

ボールを引き上げるようにして打つシュートのことです。

フェイダウェイシュート

このジョーダンみたいに、後ろの方に跳んで打つジャンプシュートのことです。コツは繰り返して覚えることです。

スリーポイントシュート

3Pラインの外からのシュートです。「レインメーカーショット」とか「ダウンタウンショット」ともいいます。

フリースロー

シュート動作中にファウルされたら、フリースローラインから誰にも邪魔されずにシュートできます。決めると1点です。

参考記事:バスケのフリースローのコツやルーティンについて

クイックシュート

素早く放たれるシュートのことです。似たような言葉に「クイックモーション」「クイックリリース」「ノーモーション」とかがありますね。

バンクシュート

バックボードに一度当ててリングに入れるシュートのことです。

バスケットカウントワンスロー

シュート中にファウルされて、そのシュートが入ることです。得点は入って、さらに1本フリースローが打てます。

エアーボール

シュートがリングにもバックボードにもあたらないで落ちることです。

フィネスシュート

「ノータッチシュート」ともいいます。リングに触れないでリングを通過するシュートです。

タフショット

ディフェンスのチェックが効いている、難しい状態で放つシュートのことです。

ブザービーター

制限時間の終わりのブザーが鳴る直前に打ったシュートが入ることです。

イージーシュート

簡単に決められるシュートのことです。イージーシュートでの得点を「イージーバスケット」ということもあります。

アーチまたはループ

シュートの軌道のことです。

ホールド

シュートを打つ時に、安定したボールキャッチをすることです。

シュートレンジ

シュートが安定して入る距離のことです。

フィールドゴール

オンタイム中に記録される得点のことで、フリースローで得られた得点と区別されたもの。ディフェンスがいるときに何点を、どのくらいの確率で決められたかということについて記録される。

シューティングバランス

シュートを打つときの身体のバランスのことです。

テイクオフフット

シュートのときに踏み切るほうの足のことです。

フォロースルー

シュートを打ったあとの腕の動きとか伸びのことです。最後まで腕が伸びると気持ちいいですよね。指とか気にしないでいいです。

sponsored link

関連する記事