バスケの得点方法を理解するための、種類別のシュート用語集

バスケのシュート方法の用語

ここではバスケットボールのシュート用語をまとめる。耳慣れない言葉があったら、それがあなたに何かの気づきをもたらすかもしれない。

sponsored link

ステップを踏むシュートの種類


レイアップシュート

バスケットボールの基本のシュート。基本は左右の足の1歩2歩のステップからリングに向かって踏み切り、ボールを置いてくるように打つ。初心者ははじめは利き手で打つけれど、左右両方の手で打てるようになるといい。

やり方にはいくつかの種類がある。一般的に知られている「アンダーハンドレイアップ」に対し、手の甲を顔側に向けてボールを持ち上げて放つ方法を「オーバーハンドレイアップ」という。指導する際にはオーバーハンドレイアップを先に教えた方が理に適っているという話しもある。

レイアップシュートの練習方法やコツについてはこの記事を参考にするといい。

参考記事:経験者にも必ず役立つ、初心者に伝えたいレイアップシュートのコツ

クロスオーバーシュート

一方のサイドからミドルライン側にドライブして、逆のサイドからレイアップを放つシュート。例えば左のウィングからハイポスト経由でゴールに迫り、リングの右から右手で指令アップを放つような打ち方。

インサイドハンドレイアップ

右サイドから右のリング下に迫り、通常は右手で打つところを左手で打つようなレイアップシュートのこと。

ワンステップレイアップ

左右、もしくは右左と2ステップで踏み切るのではなく、ボールをキャッチした足でそのまま踏み切って、1ステップでレイアップを打つこと。ディフェンスとのタイミングをずらしたり、とっさにシュートを打つ際に有効。

レイバックシュート

単にバックハンドシュートや、リバースレイアップとも呼ばれる。リングの下を通過して、レイアップシュートを後ろ向きに放つやり方のこと。レイアップシュートに引き続いてマスターしたいシュート。コツはきちんとリングの位置を把握できること。なるべく最後までリングを見るように。慣れてくると感覚的にリングの位置がわかるようになってきて、そこそこ入るようになるけれど、繊細さを大切にしよう。

リーチバックシュート

レイバックシュートの際に、エンドラインに近い側とは逆の手で打つシュート。リングとボード、ディフェンスとの位置関係を総合的に判断して、とっさに打つケースが多い。レイアップシュートを予想したディフェンスとの駆け引きのときも選択肢に入る。ボールが無防備になりやすいのでブロックに注意しよう。

パワー・レイアップ

ゴール下でディフェンスとの接触が予測されるときには、一般的なレイアップのようにステップして片足で跳ぶのではなく、両足を比較的そろえた状態で、低い姿勢から強く飛び上がるやり方がある。このときにはアンダーハンドのレイアップのように自然においてくるよりも、接触時にもコントロールを失いづらいオーバーハンドの打ち方で打つといい。これをパワーレイアップという。

踏み切りを少しずらした両足で行う1.2フットレイアップか、両足で同時に着地して同時に踏み切るジャンプストップレイアップになる。

スクープショット

ハイループ・レイアップとも呼ばれる、ブロックを避けるために通常よりも高く放り投げるアンダーハンドのレイアップシュートのこと。通常のレイアップはゴールの上に置いてくる感覚で放つが、スクープショットではボールの軌道を高くする。ステップにより身体が水平軸にも垂直軸にも動いている状態なため難易度は高い。放物線が高ければヘリコプターショットとも。

フローターシュート

ティアドロップやランナーとも呼ばれる、スクープショットをオーバーハンドのレイアップで放つもの。どちらがやりやすいかは人によって異なるが、こちらもブロックをかいくぐるために通常よりも高いアーチを描くことになるため難しいシュートになる。どちらかというと長めの距離の時に、スナップを利かせずに使用することが多い。

フィンガーロールシュート

通常のレイアップシュートが、リリースの際にボールを指の腹で押し上げるのに対して、このシュートは指の腹を転がすようにして放つ。このためボールを制御する時間が長くなり、ディフェンスを見極めたうえでのショットが可能になるけれど、優れたハンドリングとバランスが必要だ。

アップアンドアンダー

ピボットからオーバーハンドレイアップのフェイクをし、ディフェンスのひざを伸ばしてからアンダーハンドレイアップを打つやり方をいう。インサイドの選手がフックシュートと見せかけてステップし、アンダーハンドでシュートするのは大きな武器になる。

ダブルクラッチ

ステップを切って空中でシュート体勢をとったあと、ディフェンスのブロックをかわすために一度ボールを身体に引き寄せ、タイミングをずらして再びシュートを試みるトリッキーなプレイのこと。「ダブル(2回)」で「つかむ(クラッチ)」という意味。

ダブルクラッチの練習方法としては、ダブルクラッチの真似事を何度も繰り返すよりも、空中でボールを保持し続けるハンドリング力と、姿勢を崩さないバランスを養うことがコツになる。しっかりとした身体能力がなければ難しい。憧れる人は多いが、まずはバスケット選手としての身体をしっかり作ってから挑戦するといい。



ウィンドミルレイアップ

ダブルクラッチを腕を風車のように回転させて打つレイアップ。デリック・ローズのものが有名。

レイ・イン

リングの近くからワンハンドで打つが、ボードを利用するのではなく直接リングに入れてしまう打ち方。

ダンクシュート

305cmの高さにあるリングに、ボールを直接叩き込むシュート。ダンクの種類としては、ボールを腕を最大限に上げてからリングに叩き込む「トマホーク」、空中で360度回転してダンクする「360(スリーシックスティ)」、腕を風車のように回転させてダンクする「ウィンドミル」あたりが有名。

もっとも有名なのは、マイケルジョーダンが決めたフリースローラインからの踏み切りで決める「レーンアップ」だろう。長い飛距離を歩くようにジャンプした姿はエアウォークと呼ばれ、エアジョーダンという異名を生み出すほどの、NBAの特徴的なシーンとなった。

参考記事:ダンクシュートのやり方や練習、筋トレ方法を聞かれたら答えること

ダンクシュートの動画


アリウープ

空中でパスをタップして、そのままシュートするプレイのこと。ダンクのアリウープが一般的に有名だが、ダンクをしないタップシュートもアリウープの一種。昔はアリウープのパスがシュートとみなされ、ゴールテンディングの反則を取られていたらしいが、現在はパスと判定されてアリウープが成立している。

アリウープの動画


タップシュート

空中でボールをしっかり保持し、着地前に放つシュートのこと。アリウープと混同されやすいが、明確な区別はない。ボールを弾くのではなく、どんなに短い間でも手で制御する感覚を持つのを忘れないようにしよう。

姿勢をセットしてから放つシュート


セットシュート

フリースローのときように、ジャンプをせずに打つシュートのこと。オンタイム中に打つ機会はそうそうないが、シュートフォームを作り、リングへの距離感を養う点で、練習で取り組む価値があるシュート方法。自分のフォームを固めたいとき、スランプに陥ったとき、セットシュートを繰り返し打つのはよいだろう。

ジャンピングシュート

3Pシュートなどに、シュート時に、ジャンプした最高到達点で打つのではなく、ジャンプしている最中に打つシュートのこと。打点が比較的低くなるけれど、タイミングが図りづらい利点もあり、モーションが早い選手は武器になる。

ジャンプシュート

一般に、ジャンプが最高到達点に達したタイミングで打つシュートのこと。ジャンパー、アウトサイドシュートとも。シュートについては下の記事も参考にしてほしい。

参考記事:バスケのシュートのコツと、入るフォームを自分で探す方法について

ジャンプシュートの動画


ゴール下シュート

近いところから打つから簡単だと思われがちだが、ディフェンスとの接触やブロックのプレッシャーがあるため、決して簡単なものにはならない。下の記事を参考に。参考記事:ゴール下のシュートを決めるために大切なポイント、コツのこと

フックシュート

肩でディフェンスからボールをかばい、ボールを片手で持ち上げるようにして打つシュート。ディフェンスがブロックできないようにシュートできる利点がある。

カリーム・アブドゥル・ジャバーが用いたロングレンジからも打てる、伸ばした腕の頂点で放つフックをスカイフック、腕の伸展を少なくして近距離から放つフックをベビーフックともいう。

フックシュートの動画


ステップインシュート

フリーフットのステップををゴールに向かって踏み切るようにして放つシュート。身体が流れながら打つことは難しいが、その分ゴールに近づくことができる。ディフェンスとの接触も予想され、身体を安定させられるかがカギになる。

ミドルレンジシュート

ペイントエリア内でもなく、3Pライン外からでもないエリア、つまりペリメーターからのシュートは、ミドルレンジシュートと総称される。練習のコツは下の記事を参考にしてほしい。

参考記事:練習法でシュートは変わる! 飛距離も伸びるシューティングのコツ

ステップバックシュート

ドライブ時にインサイドステップを踏んでリングから遠ざかり、ディフェンスとの距離を確保して放つシュート。往年のNBA選手、キキ・バンダウェイが得意としたことからキキ・ムーブとも呼ばれる。

プルアップジャンパー

ドリブル終わりなどによく使われる、ボールを低い位置から高い位置へ素早く引き上げて放つシュートのこと。ストップ&ジャンプシュートとも。簡単ではないけれど、ディフェンスが対応するのが難しいシュートになる。

フェイダウェイシュート

ブロックをかわすため、後方に跳んで打つジャンプシュート。後ろに下がりながらシュートをするとわかりやすい。難易度が高い。リングが視界の中で遠ざかることが、距離感を狂わせる。後ろに跳ぶことで安定感がなくなり力みが増える。シュートは身体全体で打つものなので、必然的にシュートの難度があがり、よくエアーボールにもなる。一方で身につければ大きな武器になるだろう。

スリーポイントシュート

3Pラインの外から放たれるシュート。ロングシュート、長距離シュートとも。初心者のうちはなかなか届かない。レインメーカーショットダウンタウンショットとも。

フリースロー

シュート動作中にファウルを受けたプレーヤーに与えられる、フリースローラインからの誰にも邪魔されないシュート。フリースロー中はゲームクロックが止まり、両チームはフリースローレーン沿いの決められた位置にリバウンダーを配置できる。

接戦になればなるほど1点の重みが出てくるので、フリースローは確実に決めたい。NBAプレーヤーでも外してしまうことがある。

参考記事:フリースローを安定して決め続けるためのコツやルーティンについて

ちなみにスラムダンクで有名なリック・バリーの下手投げフリースローは、グラニーショットと呼ばれる。

シュートにまつわる用語集


クイックシュート

ボールを持ってから素早く放たれるシュートのこと。似たような動作を表す用語に、素早い動作という意味のクイックモーション、素早く離すという意味のクイックリリース、動作がほとんどないように見えるという意味のノーモーションがある。

バンクシュート

バックボードに一度当ててリングに入れるシュート。リングに直接「落とす」よりも、ボードの一点に「当てようとする」ほうが目標が目で見れるため、特に近距離からのシュートでは重宝する。多少なら強めに打っても弱めに打っても、バックボードが勢いを殺してボールをうまくリングに落としてくれることが期待できる。

コツは四角形の隅を意識して、角度ごとのボードの跳ね方に慣れる事だ。バンクシュートは1点を狙いがちだが、ボールは球形なのでその一点より手前でボードに当たる。

バスケットカウントワンスロー

シュート動作中にファウルを受けた選手の放ったシュートがリングを通過すると得点を認められ、さらに1本のフリースローを獲得する。これをバスケットカウントワンスローといい、バスカンとも略されることも。フリースローを沈めた場合、一気に3得点が記録されるスリーポイントプレイになる。シュートが3Pシュートだった場合はフォーポイントプレイとも。

エアーボール

シュートがリングにもバックボードにもあたらないこと。「エアった」というように省略して言われることも。どんなシューターでもやってしまうことがある。

フィネスシュート

ノータッチシュートとも。リングにあたらずにリングを通過するシュートのこと。

タフショット

ディフェンスのチェックが効いている、難しい状態で放つシュートのこと。プレッシャーがかかると一般的にシュート成功率が下がってしまうので、タフショットが多いと得点が伸び悩む。

ブザービーター

各ピリオドの終了時には時間切れを知らせるブザーやレフリーのホイッスルが鳴るが、ブザー前に放たれたシュートはブザーの後も得点が有効になる。ブザーの後にボールがリングを通過して得点が入ることをブザービーターという。拮抗したゲームではブザービーターで勝敗が決まることも。

イージーシュート

フリーで打つシュートや、ディフェンスをやっつけた後に近くから打つシュート。簡単に決められるシュートというほどの意味。イージーシュートでの得点をイージーバスケットという。

アーチまたはループ

シュートが描く半円状の軌道のこと。最高点が低ければリングに対して狭い入射角になり、ボールが通過しづらくなる。けれど高すぎると今度は力の調節が難しい。40~45度くらいの角度で放るといいとはいわれるが、自分の打ちやすい角度を最優先にしてかまわない。

ホールド

シュート時に、ボールをキャッチした両手を安定させること。これがしっかりできていないと、ハンドリングが乱れてシュートの精度が確保できない。はじめにしっかりキャッチして保持した感覚を得るのが大切。

シュートレンジ

シュートが安定して入る距離の範囲のこと。ミドルレンジで中距離、ロングレンジで長距離で、「あの選手はミドルレンジのシュートは入らない」というように使われる。シュートレンジを広げれば広げるほど、自分とチームのチャンスが増えてオフェンス力が高まるだろう。

フィールドゴール

オンタイム中に記録される得点のことで、フリースローで得られた得点と区別されたもの。ディフェンスがいるときに何点を、どのくらいの確率で決められたかということについて記録される。

シューティングバランス

シュートを打つ一連の動作の中で保たれる身体のバランス。これが崩れてしまうとボールに正しく力を伝えることが難しくなる。コート上での変わり続ける動きの中で、シュートの度にシューティングバランスをしっかりと保つのはなかなか難しく、この能力が試合での得点能力を左右する。フリーシュートではよく入る選手も、試合になると入らなくなるのはシューティングバランスを保てないからということが多い。

テイクオフフット

シュートのときに踏み切るほうの足のこと。軸足が決まっている場合は、逆の足がテイクオフフットとなる。右利きの選手は右足がテイクオフフットになる場合が多い。

フォロースルー

シュートを打った後に腕を伸ばしきると、腕をボールを追った(フォローした)ように振る(スルー)ことになる。このフォロースルーをしっかりすることで、腕の伸ばす程度によってシュートの強さをコントロールしようとするクセを避けることができる。自分のフォームを固めておくことは、シュートの感覚を修正する過程で役に立つ。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス