バスケットのポジションごとの役割を、初心者にもわかりやすく解説

バスケのポジションの用語

ここではバスケットボールのポジションごとの役割を、初心者の人にもわかりやすく説明する。

バスケットボールという競技を説明しようとするときは、ルールよりも何よりも、選手一人ひとりの役割にスポットを当てたほうがわかりやすい。誰が何をしたかを説明する方が直感的にシンプルに物事を捉えられる。ポジション別の用語を交えてできるだけわかりやすく説明していく。初心者にはもちろん、経験者の方にも役に立つ何かがあれば幸いだ。

sponsored link

バスケのポジションの名前と役割を身長順に解説


初心者はまずはゲームを見てみよう

まずはバスケットボールのゲームを実際に見てみよう。たとえばyoutubeで「バスケ」と検索してみれば、本格的なバスケットボールの試合を観ることができる。体育館や公園に行って実際にバスケットボールをしてみるのも手だが、より早く効果的に上達したいなら、まずはゲームを見てみることだ。

はじめは誰が何をしているかわからないかもしれないが、まずは大雑把にプレーヤーの役割から理解していけばいい。バスケットボールにはオーソドックスにいえば5つのポジションがあり、これはそれぞれアウトサイド(3Pライン周辺、比較的外側でプレイする選手)の3人と、インサイド(ゴールの下周辺、比較的内側でプレイする選手)の2人に分かれている。

もちろん例外もあるが、一般的にいってコート上に出る5人のうち、背の低い3人がアウトサイド、背の高い2人がインサイドを担当することが多い。それぞれのポジションには名前の他にポジション番号がついており、慣れた選手たちは「あいつは5番というより4番向きの選手だ」というように、番号でポジションを言い表してコミュニケーションに使う。

ポジションは厳密に決まっているわけではなく、1~5番の選手をすべて出さなければいけないという決まりもない。ただコート上の5人がそれぞれポジション別の性質をうまく備えていると、あらゆる状況に対応できるバランスの良いチームになるということで、多くのチームがこういったバランスで選手起用をするだけだ。サッカーで全員フォワードにしてもいいのと同じだ。もちろん、ディフェンダーがいないと負けてしまう。バスケでも似たようなことだ。

ではさっそく動画で選手たちを観ながら、誰がどのポジションを担っているのかを観察してみよう。

アウトサイド


アウトサイドの選手は俊敏でボールの扱いに長け、遠距離のシュートを得意とするケースが多い。また、アウトサイドは「ゴールから見て比較的外側(遠く)」の範囲の場所を表すこともある。例「アウトサイドで待っている選手にパスをしろ」「アウトサイドからシュートを打とう」
ペリメーターの選手ともいう。

ポイントガード(1番)

ポイントガードを見つけ出すには、コートの真ん中のラインをドリブルしながら超える機会の多い選手を探せばいい。ボールがそのチームに渡ったときに、誰もがその選手にまずパスすることを考えるはずだ。チーム内で一番ドリブルができ、ボールをキープしてパスをさばく能力が高く、ゲームを作るのがポイントガードだ。ゲームを作ることも壊すこともできる、司令塔的な重要なポジションだと言える。

参考記事:ポイントガードの役割や動き方、どう練習していくといいかということ

シューティングガード(2番)

昔はセカンドガードとも呼ばれたポジション。ポイントガードとともにリングから離れた位置でプレイすることが多いので、一緒くたに「ガードの選手」という扱われ方をすることが多い。身体的な特徴やスキルが似る傾向にあるからだ。もちろん、厳密な役割や個性は異なってくる。

この選手を特定するのは簡単ではない。というのも、このポジションは多様なプレイスタイルが見られるからだ。「あいつは1番っぽい2番」だとか「3番っぽい2番だ」という表現が、バスケ経験者たちの間では頻繁に使われるが、初心者にとっては意味がわからないことだろう。なぜこんなことが起きてしまうかは、下の参考記事に説明してある。

一般的にいって、ポイントガードの近くで、同じようなタイミングで走っていたらそれはシューティングガードだ。また、アウトサイドからの3Pシュートを鬼のように決めていたり、味方がシュートを打ったときにリバウンドボールに飛び込まずに、ディフェンスに戻ろうとする素振りを見せていたらシューティングガードの可能性が高い。

注意すべきは同じようなことを3番のスモールフォワードの選手も普通に行うことだ。ドリブルで中に突っ込んだあと、身体をぶち当ててシュートを放ったら3番、うまくディフェンスをかわしてジャンプシュートを打ったら2番と考えてもいいかもしれない。これらはそれぞれ「らしい」プレイなのだ。

マイケル・ジョーダンがこのポジションだったこともあり、2番はバスケットボールの花形だ。ボールを多く扱い、プレイをクリエイトすることも自分で得点を決めることもできる選手が多く、一般的な人が華麗で魅力的だと判断しやすい人気のポジションだと言える。

勝負どころでジャンプシュートを高確率で沈めるクラッチシューター、長距離シュートを専門とするピュアシューター、チームメイトにシュートチャンスを作ってもらう代わりに確実に決めるシュート力のあるスポットシューターなども、このポジションの選手に良く与えられる称号だ。

参考記事:シューティングガードとスモールフォワードは違う? その役割を解説

スモールフォワード(3番)

アウトサイドにいる分、2番と似通ったプレイをすることが多く、一見してもなかなか区別がつかない。が、1番2番の各ガードがボール運びに力を注ぐ面が大きいのに対して、フォワードである3番の選手は得点をとるプレイに特化する傾向がある。

アウトサイドの選手が必要とする俊敏性やボールハンドリングのよさ、シュート力を備えている中で、一番大きな選手がスモールフォワードとして抜擢されやすい。バスケットボールはボールの奪い合いの競技だが、空中戦やぶつかり合いにおいて身体の大きさは有利に働くからだ。チームは技術的に差がなければ、できるだけ大きな選手をコートに送り出すものだ。アウトサイドによくいる選手の中で一番大きな選手が3番だと思っていいだろう。

基本的にアウトサイドにいるが、いざというときはゴールの近くへ突っ込んで身体を張ることも厭わない。多くのディフェンスはアウトサイドとインサイドの両方をうまく守ることに不慣れなため、このポジションにいる選手が優秀だと相手チームが大いに手を焼くことになる。身体が大きくて点をとりまくりたい人向きなポジション。

インサイド


インサイドの選手は力強く、高く跳んで身体を張る役回りが期待されている。ゴール周辺を身体能力で支配できれば、ゲームの行方はかなり決まってくるので、この選手のレベルがチームのレベルを決定するといってもいいほど影響力が大きい。あなたの観たゲームがある程度競ったものであるなら、両チームのインサイドの差は圧倒的ではないだろう。圧倒的であれば競ることは非常に難しい。ゴールから比較的内側(近くの)範囲の場所を表す言葉でもある。

ビッグマンと呼ばれるような長身選手(中学生なら180cm以上、高校生なら190cm以上)が自然とインサイドを担当することになる。インサイドの2人が両方ともかなりの長身者であれば、ツインタワーとも呼び表されることがある。

パワーフォワード(4番)

2番と3番の関係と一緒で、このポジションとセンターの違いもわかりづらいものだが、こちらのほうがまだいい手がかりがある。ゴールの近くにいる長身選手のうち、アウトサイドに時おり出てくるような選手はパワーフォワードの可能性が高い。逆にアウトサイドに目もくれず、絶えずゴールの下周辺にいるような選手がいればおそらくセンターだ。

スモールフォワードが主にアウトサイドから得点を狙うことが多いのに対し、パワーフォワードは主にインサイドで得点を狙う。もちろん場合によってはアウトサイドに出るし、ゴール下での身体の張り合いも積極的に参加する。スモールフォワードが力強いアウトサイドの選手というイメージなのに対し、パワーフォワードは器用なインサイドの選手というイメージだ。

近代のバスケットボールではこのポジションの重要性が高まっている。パワーフォワードが力強く、かつアウトサイドからの攻撃にも長けていた場合、チームはインサイドの支配権を相手に渡さないまま、臨機応変なオフェンスを仕掛けられるからだ。バスケットをよく理解できる優れた知性があれば、自分しだいでゲームの流れを一変させることができるポジションだ。

参考記事:バスケのインサイドの役割、センターとパワーフォーワードの違いとは

センター(5番)

大黒柱としてチームの背骨をしっかりと支える選手。チームで一番大きな選手がゴール下で奮闘しているはずなので、それをセンターだと判断していい。強いセンターが一人いるだけで、ゲームの優位性は大きく傾く。ゴール下で強いということは、バスケットボールにおいてとてつもなく有利なことなのだ。

身体を張ってリバウンドボールを奪い、ボールを保持してアウトサイドの選手のチャンスを引き出し、コートの端から端まで走り、パワー勝負に打ち勝ってボールをリングにねじ込む。実質的に勝利を引き寄せる、頼りにされるポジションだ。

バスケのポジションは流動的


なんとなく、それぞれの選手のポジションや役割が理解できただろうか。完璧ではなくていい。はじめに何となくのイメージを掴むだけで、用語に触れる価値は生まれる。バスケットボールのポジションや役割は固定化されていない。一番大きなセンターが、ポイントガードのようにドリブルでボールを運んでくることもある。厳密な定義を覚えなくていい。

自分にあったポジションを知りたかったり、どういった役割を果たせば試合に出られるのか、スタメンになれるのかを知りたいのなら、こちらの記事を参考にするといい。

参考記事:バスケのポジションの決め方、そしてスタメンを勝ち取る方法の話

次に、コート上のプレイヤーは次のような言い方で表現されることもあるので読んでみてほしい。興味本位の読み方でかまわない。

スターティングメンバー

スタメンとも略される、ゲーム開始時にコート上に送り出されるはじめの5人のこと。一般的にチームでベストの選手たちが送り込まれるため、スタメンの選手であることは一種の名誉だったりする。とはいえ、ベストの選手をベンチで温存させておくチームもないわけではなく、過去にはNBAのチャンピオンチームも、スタメンをベストメンバーにしない選手起用をしていた。

また、試合によく出場するメンバーはレギュラー主力と呼び表される。バスケットボールは個人能力の差がまともに結果に出やすい競技なので、大事な試合で出場できるのは多くて8人程度になることが多い。ユニフォームをもらって選手登録され、ベンチに座ってはいるが試合に出られない選手のことをベンチウォーマーという。

シックスマン

スタメンがベストの5人だとするならば、一番初めにベンチから交替で出てくるようなスタメンに近い実力の選手を6番目の選手、シックスマンという。強豪チームでは、ある種の名誉だったりする。(あいつ一年なのに、もうシックスマンだって!)

オールラウンダー

バスケットボールではポジションごとにある程度プレイに特徴が生まれる。アウトサイドとインサイドの特徴差がもっともわかりやすいが、器用で素早いアウトサイドの選手と、力強くよく跳べるインサイドの選手は、それぞれお互いの代わりをすることは通常なかなかできない。1番のポイントガードと5番のセンターではポジションを入れ替えること自体、ほとんど不可能なケースが多いのだ。

ところがごくたまに、ポイントガードのようにドリブルがうまく俊敏でシュートも入るうえ、センターのように力強くゴール下でもプレイできるような、バスケットボールのあらゆるスキルに長けているような選手が存在する。こんな選手をオールラウンダーという。

すべてのスキルを強化するということは、特定のスキルに特化できる時間を削ることになるので、下手をするとオールラウンダーではなく器用貧乏になってしまう。このためオールラウンダーといわれるのは、そのカテゴリー(中学や高校、市や県)でトップレベルの選手だけだったりする。

ロールプレーヤー

本来バスケットボールでは状況に応じていろいろなプレイを選択できなければならないが、色々なことができなくても、ある程度特定の役割(ロール)を期待されてコートに送り出されるプレーヤーをロールプレーヤーという。欠点はあるが一芸に秀でている選手。

ロングシュートを期待されるがドリブルや1on1をしない方がいい選手や、シュートは打たないがリバウンドやスクリーンを頑張ることを期待される選手がロールプレーヤーとして起用される。自分のロールを徹底して表現することと、それ以外の余計なことをしない献身性が求められる傾向にある選手。

インサイドで身体を張ってアウトサイドの選手を生かすスクリーンや、落ちたシュートを奪うリバウンドなど、泥臭いプレイを徹底して行うロールプレーヤーのことをブルーワーカーと呼ぶ。

フィニッシャー・スコアラー・エース

得点力の高い選手のことを一般的にこう呼ぶが厳密な定義はなく、それぞれニュアンスは異なっている。フィニッシャーはチームオフェンスの中で、最後のシュートを託されるような信頼性の高い選手。

スコアラーは1on1の能力に優れ、とにかく点を量産することのできる選手。エースは得点力の高い選手であると同時に、接戦の試合終了間近にボールを託される選手、チームメイトが「こいつが勝負して外すんだったら仕方ない」と思えるような選手だ。バスケットボールにおいては、エースナンバーは特に存在しない。自由に背番号が選べるチームでは、自分の憧れの選手と同じ番号を望む選手が多い。

シューター・スラッシャー

主にアウトサイドの2番と3番の選手のタイプを表すのに使われる言葉。シューターはアウトサイドのシュートが得意で、積極的に外から打っていく選手。2番の選手に多い。

スラッシャーはドリブルを駆使してゴールに向かって突っ込み、ディフェンスをやっつける選手のこと。カットマンとも呼ばれる。

コンボガード

ポイントガードとシューティングガードの特徴を併せ持った選手のこと。ボール運びもするし得点もとりにいくというスタイルのガードのこと。スコアリングガードとも。近年のNBAで顕著にみられる。

イメージを持とう
ここでの言葉の定義を完璧におぼえなくてもいいし、「ポイントガードとは」という議論ができなくてもバスケットボールの上達にはあまり関係がない。大切なのはバスケットボールという競技のなんとなくのイメージ作り上げるために、多くの情報に一度は触れてみることなのだ。

お気づきのとおり、バスケットボールとは多様な特徴の選手たちが、互いに助け合い、弱点を補強しあって力を合わせて戦うスポーツだ。その中で1~5番のポジションがあると理解してくれればいい。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス