イメージ共有するための、用語でバスケがわかるシリーズ「コート編」

バスケのコートの名称

バスケットボールをプレイするときは、コートの周辺の環境やコート上の呼び名についてある程度の知識は身につけておこう。コートにはラインのようにはっきりと外からわかるものと、目印はないが多くのバスケットマンの間で認知されているものがある。どちらも覚えることで、コーチの指示を理解したり、チームメイトとイメージを共有することを簡単にしてくれるだろう。

sponsored link

会場設営にも役立つコートの名称と意味


コート設営
(クリックで拡大します)

センターライン

コートを中央で二分するライン。ハーフラインとも。オフェンス時はバックコートバイオレーションに気をつけるようにしよう。

センターサークル

センターラインの真ん中にある円。ゲーム開始のティップオフはこのサークルで行われる。

エンドライン

ベースラインとも言われる、コートの長方形の短い辺。エンドラインからのスローインの際は、フォーメーションを用いてシュートを狙うことができ、各チームはそのためのフォーメーションも練習している。

サイドライン

コートを形作る長方形の長い辺。慣れてくると感覚でラインの位置がわかるようになってくる。

ペイントエリア

バスケット周辺を区切る四角形のエリア。フリースローレーンともいう。このエリアの中は3秒ルールが適用され、長くオフェンスが留まることはできない。また、フリースロー時はシューターがシュートを放つまで、このエリアに踏み込んではいけない。

リング

高さ305cmの位置にある、プレーヤーがボールを通すべく狙う内径45cmのリング。リムとも言う。7号球の直径が24.5cmなので、通常想像している以上に大きなリングである。ネットと合わせてバスケットともいい、バスケットボールに「籠球」という当て字がついているのはこのバスケットという単語の意味をそのままとったものだ。なお、競技が生まれたてのころは、本当にかごを使ってプレイしており、シュートを決めた際にはしごを使ってボールをかごから取り出す係りが待機していた、らしい。

バックボード

バスケットが取り付けられているボードのこと。このボードを使うことでシュートがより容易に決めることができるケースが多々あり、そのようなシュートをバンクシュートという。あまり知られていないが、バックボードはバスケットと合わせてバックストップユニットという名称になる。

ノーチャージセミサークル

ゴールの下にある半円。空中でこの円を横切るように飛んでいるときは、オフェンスがディフェンスに接触してもファウルにはならない。身体の接触を原則的に禁じるバスケットボールにおいて特殊な場所だといえる。

ハッシュマーク

ペイントエリアの左右にある、フリースロー時にオフェンスとディフェンスの位置をわかりやすくするための印。経験者でも名称を知っている人は少ないくらいマイナーな単語。エンドラインに近いハッシュマークが固まっているようにみえる長方形をブロックという。

フリースローライン

ペイントエリア上部のライン。フリースロー時にはこの線を越えないようにシュートをしなければならない。マイケルジョーダンがこのラインから踏み切って長い距離を跳び、レーンアップというダンクを決めたことが有名。

フリースローサークル

フリースローラインについている半円のこと。フリースロー時は、この半円の中ならどこからでもシュートを放てる。もっともたいていの人は少しでも成功率をあげたいので、正面のラインぎりぎりから打つのが普通。

3Pライン

リングから6.75m離れた位置にひかれたライン。その名のとおり、このラインの外から放ったシュートは通常の2得点ではなく3得点が与えられる。初心者のうちはなかなか届かないので、効率よくボールが飛ばせるように練習しよう。

フロントコート

自分たちが攻めるバスケットがあるハーフコートのこと。パワーフォワードとセンターをまとめてフロントコート陣と呼ぶことも。

バックコート

自分たちが守るバスケットがあるハーフコートのこと。ポイントガードとシューティングガード、スモールフォワードをまとめてバックコート陣と呼ぶことも。

スローインライン

第4ピリオドの残り時間2分を切った状態でタイムアウトが請求されると、スローインはフロントコートでのスローインラインから行われる。オフェンスが有利なシュートを組み立てられる時間があり、よりエキサイティングな攻防が観られる終盤になる。

ベンチエリア

チームのベンチが設置されるエリア。メンバーや座っていい人数には大会ごとの規定があり、コーチ以外に選手はむやみに立ち上がってはいけないなどのルールがある。

テーブルオフィシャルズ

審判とともにバスケットボールの試合を運営する人たちの座るエリア。多くの大会では前の試合の負けチームがオフィシャルを担当する。

ゲームクロックを操作するタイマー24秒計を担当する24秒オペレータースコアシートランニングスコア(得点者の記録)などを記入するスコアラー、ファウルを記入して表示したりスコアボードを担当するアシスタントスコアラーの4人が座る。その後ろにオフィシャルを監督するコミッショナーを置く場合もある。

オルタネイティングポゼションに対応するポゼッションアロー(通称POS)も、観客や選手に見えるようにテーブルに置かれていることが多い(電光掲示板で示すことも)。

ペリメーター

スリーポイントラインの中で、かつペイントエリア(フリースローレーン)の外のエリアのこと。ここで打たれたショットはミドルレンジショットと呼ばれる。

コート上の大きな仮想エリア


コート
(クリックで拡大します)

オールコート

コート全体のこと。「オールコートマンツーマン」や「オールコートでのゲーム」などのように使われる。

スリークォーター

オールコートの4分の3のエリアのこと。オフェンスに前からプレッシャーをかけていきたい場合は、この距離からマンツーマンを始めたりうることも。

ハーフコート

オールコートの2分の1のエリアのこと。寸法はベースライン15m、サイドライン14mもの大きさ。もっとも一般的なディフェンス方法はハーフコートからマンツーマンでつくディフェンス。

ミドルレーン

コートを縦に3分割したうちの真ん中の仮想のレーン。ミドルレーンをさらに3分割した左右のレーンをトレーラーレーン、ミドルレーン以外の左右のレーンをサイドレーンともいう。

ミドルライン

バスケットとバスケットを繋ぐ1本の仮想ラインのこと。

ファールライン

フリースローラインと、その両端からサイドラインに向けてまっすぐに伸びるラインを足した仮想のラインのこと。

コート上の仮想エリア


コート

ゴール下

文字通り、ゴールの下の周辺のこと。インサイドの戦場になる場所。強さ、高さ、よいステップを踏めること、視野と駆け引き、一連の技術的な引き出しがあることが、この位置でシュートを決めるには重要になる。

ローポスト

ペイントエリア周辺のバスケットに近い位置。ここでどうボールをもらうかが、インサイドの選手にとって非常に重要になる。ボールがもらえる仕組みを理解しよう。

ミドルポスト

ローポストとハイポストの間。

ハイポスト

ローポストが低いポストなのに対して、こちらは高いポスト。フリースローライン周辺のエリアだと思えばいい。チームでどう使うかが大切になる場所。

エルボー

フリースローラインの両端の位置。コーチが指示をするときにために使う用語なので覚えておいて損はない。

トップオブザキー

3Pラインの頂点あたりの位置。

トップ

頂点。トップ周辺にオフェンスがいなくなってしまうとパスが回りづらくなり、セーフティもいないということに。

ウイング

リングから見て45度付近の位置。ここからオフェンスが展開されることが多く、一般的に攻防の要になりやすい位置。

コーナー

ハーフコートの端、0度と180度の位置。ラインが近いのでバイオレーションになりやすかったり、ダブルチームを食らうと危ない。ドライブへあわせやすい位置でもある。

ショートコーナー

コーナーからバスケットに少し寄った位置。角度がないが、あわせのプレイなど多くのシュートをここから打つ機会がある。練習しておこう。

コフィンコーナー

フロントコートの、センターラインとサイドラインの交わる周辺。ここでディフェンスにプレッシャーをかけられてしまうと、バックコートバイオレーションもあるのでオフェンスにとって危険な場所。

頑張って覚えなくてもいい
こういった用語はコーチの指示を理解する上で助けになる。けれど正直に言えば、現役の人でも用語を正確に知っている人は少ない。私自身もバスケを始めて5.6年経ったころでもこれらの半分程度しか知らなかった。

初心者のころはこれらを完璧に覚えようとうんうん唸っているより、ボールを持って体育館に行ったほうがいい。ときどき知りたくなったときに思い出して読んでもらえれば、このページの目的は達成される。楽しいバスケットボールを。

参考記事:審判の笛を理解する、用語でバスケがわかるシリーズ「ルール編」
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス