バスケットボール初心者の疑問と不安を消す、上達のコツとQ&A

初心者の上達方法、コツ

バスケットボールを始めるときに、初心者の人がやっていくといいこと、心がけていくといいこととはどんなものだろうか。このハードで魅力的なスポーツは、他のどのスポーツにも似ていないし、どこから手をつければいいのかわからない。素人でも大丈夫かと不安に思い、はっきりとした指針と不安を消してくれる教えを求める。

4月にはバスケットボールを新しく始める人がとても多い。挑戦の時期であると同時に、出会いの時期だ。もしもあなたのチームに新人が入ってきたら、あなたは何をアドバイスするだろうか?

この記事はバスケットボールを始める初心者の疑問に答えられるように書いた。あなたがバスケットボールをこれから始める超初心者でも、始める人を教える立場でも、何かしらの役に立つものがあればうれしい。

sponsored link

素人でも大丈夫! 疑問と不安を消すQ&A


バスケットボールを始めたいのですが、不安です

Q.体育会系の部活に所属したこともありませんが、バスケットボールがしたいです。体力や運動神経に自信があるわけではありません。こんな僕でもやっていけるのでしょうか?

A.大丈夫です。バスケットボールはたしかにハードなスポーツですし、練習も厳しいと感じるかもしれませんが、頑張って続けていれば体はそれに応じて少しずつ強くなってくれます。未経験者でも体力をつけて、きちんと継続して練習していけば、必ずちゃんとしたバスケットボール選手になれます。


Q.初心者が○○(社会人、大学、高校、中学)から始めてもついていけませんよね? 周りは経験者ばかりですが、彼らに追いつけるのでしょうか?

A.あなたが大人だとしても遅すぎることはありません。大学生からバスケットボールを始めたプロ選手だっています。上達は年齢に関係なく、本人の努力次第です。もちろん簡単なチャレンジにはならないと思います。身体の負担もあり、はじめはミスを連発して身体的にも精神的にもきついかもしれません。
ですが楽しむことを忘れなければ社会人や大学から始める人も、経験者に追いつき追いぬくことだって可能です。実際にそういう人を何人も見てきました。
大切なのは反省しつつねらいを持って練習することで、次第に上手くなっている自分を実感できるようになります。


Q.バスケット部に入ろうと思うんですが、チームがそこそこ強いみたいで不安です。素人でもやっていけるでしょうか?

チームが強いということは、練習がよいか選手が上手いかでしょう。よい練習で努力しても、上手い人と競り合って努力しても、自分が上達するためには、ふつうのチームに入るよりチャンスがあります。ポジティブに考えましょう。はじめはついていけなくて当たり前ですが、しっかり努力し続ければ強いチームの水準に慣れていきます。


Q.背が低いor太っているor痩せているのですが、バスケットボールに向いていないですよね?

A.そんなことはありません。背が低くてシュートがとてもよく入る選手も、太っていてドリブルがうまい選手も、痩せていてとても器用な選手も、みんなバスケットボールの第一線で活躍できます。大切なのは体格ではなく、自分の持ち味を磨いて表現していくことです。体格はたしかに重要な要素ですが、基礎さえしっかり身につけていけばバスケットボールを楽しんでいけます。


Q.やるかどうか迷っています。バスケットボールは楽しいですか?

A.最高にエキサイティングで夢中になれるスポーツです。ぜひ一緒にやりましょう!

練習方法がわかりません

Q.バスケットボールを始めました! まずは何の練習をすればいいのですか?

A.第一に体力をつけましょう。体力があれば一日に練習できる量が増えます。また、何度も反復練習ができるので、身体に技術を染みこませられます。体力がなければ、少ない練習量になってしまいます。
例えば高校生活の一番初めに体力をしっかりつけておけば、3年間で努力できる総量は、体力の少ないチームメイトの何倍にもなります。とにかく、まずは体力です。

参考記事:バスケットボールの体力づくりに効果的な8つのトレーニング方法


Q.頑張って走っているのに、練習や試合ですぐ疲れます。なぜですか?

A.バスケットボールの体力は3つに分類されます。マラソンのように単純に長く動く有酸素性持久力、全力ダッシュをどれだけ長くやれるかという無酸素性持久力、全力ダッシュを何回やれるかという間欠的持久力です。ダッシュばかりでも、持久走ばかりでもスタミナはアップしないと考えられます。
この3つを意識しているのにすぐバテるとしたら、単純に筋力的な弱さか、日常生活に問題がないかを疑いましょう。フットワークで足腰の強化をはかったり、睡眠と食事を見直してみましょう。

参考記事:バスケットのフットワークでおさえておくことと練習メニューのヒント
参考記事:簡単でわかりやすい、スポーツ選手にも役立つ栄養と食べ物ガイド
参考記事:すぐに寝れる、疲れもとれる、ぐっすり気持ちいい眠りのポイント2つ


Q.短期間でうまくなる方法を教えて!

A.バスケは習慣のスポーツなので、継続してトレーニングしていくことがうまくなる唯一の方法です。ただ一つ、うまくなる最短距離を行く方法があります。それは基礎を大事にしていくことです。

Q..効果的な自主練が知りたいんです! 家でもできるやつはありますか?

A.ボールハンドリングの練習をやりましょう。シュートやパスやドリブルは、ボールをキャッチし、保持し、離すという3つの段階から成り立っています。これを正確に行えるようにする、すべての技術の源がボールハンドリングです。基礎的な練習と侮ってはいけません。大多数の選手よりはるかに上達しているプロは、基礎に磨きをかけることを大切にしています。

参考記事:すべての練習の効果を倍増させる、ボールハンドリング上達法の全て

頑張っても全然うまくなれません

Q.やりたいプレイができません……

A.上のボールハンドリングの記事を読んでください。ビデオに撮って、自分が感じている動きと実際の動きの差をよく観てみてください。ダンサーは鏡の前で自分の動きを確認します。自分の動きを細かく観てみましょう。


Q.もっと得点したいんですがシュートが入りません! 1on1で抜くこともできません! どうしたらいいですか?

A.まずはシュート力を磨きましょう。シュートは反復練習すれば必ず入るようになります。正しい打ち方で、何度も練習することが大事です。シュートが入れば、ディフェンスが前に出てくるので抜きやすくなるでしょう。ボールを持ったらまずシュートを狙うことが、点をとるときの基本の一つです。

参考記事:バスケのシュートのコツと、入るフォームを自分で探す方法について
参考記事:飛距離を伸ばし、成功率も向上するシュート練習の方法について

シュートマジック


Q.もっと高く跳びたいです! ジャンプ力を上げる方法を教えて下さい!

A.高く跳ぶには下の記事を参考にしてください。決してコンクリートの上では跳ばないようにして下さい。ひざや腰を痛めやすいです。

参考記事:身長差なんて覆せ!バスケットのジャンプ力を高めるトレーニング方法


Q.練習ではできるんですが、ゲームでミスしてばっかりです。どうしたらいいですか?

A.練習では1対1や2対2、3対3が多いと思いますが、試合になるとコート上に10人もいるわけですから、状況が判断しづらくなります。ボールを持っているときも持っていないときも、周囲の状況をよく観て感じましょう。
もう一つはドリブルを不用意につかないこと。うまくつけないうちにドリブルをつくと目線が下がり、周りを見づらくなってしまいます。まずはパスで繋ぐ意識を持って味方を探す。周りのことをよく観て、必要だと判断できたらドリブルをつくようにしましょう。

参考記事:バスケットボールの視野を広げることと、余裕のある動きについて

そのほかの疑問について

Q.どこのポジションがいいの? このポジションの練習方法を教えて下さい!

A.初心者の頃はポジションを決めなくてもいいですし、どうしてもというなら気の向いたポジションを目指せばいいと思います。まずは土台となる基礎をしっかり身につけましょう。背の高さや足の速さなど、自分の個性を活かそうと思うのは素晴らしい考えです。土台がしっかりすれば個性を活かしやすいですね。
チーム事情で早々にポジションを決められることもあるかもしれませんが、まずは体力をつける、フットワークや筋トレをやる、ボールハンドリングを練習する、シュート・パス・ドリブルを上達させる、というような基礎的なことをやりましょう。
ポジションごとの練習をしていきたいのなら、こちらの記事を参考に。

参考記事:ポイントガードの役割や動き方、どう練習していくといいかということ
参考記事:バスケのインサイドの役割、センターとパワーフォーワードの違いとは
参考記事:シューティングガードとスモールフォワードは違う? その役割を解説

初心者でも大丈夫
いかがだっただろうか? バスケットボールは初心者にとって複雑で難解な競技に思える。頑張っても頑張っても上達しないときは精神的にもきつい。しかしそれは違った考え方で違った努力をしてしまうからだ。

適切な方法で努力し続ければ、初心者でも必ず上達し、試合で活躍することもチームに貢献することもできる。そしてこれはどのレベルの選手にも言えることだ。ぜひバスケットを楽しんでほしい。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス