バスケのボールハンドリングの練習をどうやっていけばいいだろうか

バスケのボールハンドリングを練習するとき、ハンドリングをよくしたいとき。

ボールの扱いは全身でする。手だけでボールをたくさん触って馴染ませるやり方よりも、身体のバランスが変わる中でボールを扱うことが大事になる。手先だけでボールを扱うと、いざというときに手先を力ませてボールを処理することになる。なかなか思ったようなボールさばきになりづらいし、疲れやすい。足や背骨や、身体全体がつながりあるなかでボールを操れれば、気持ちがよくきれいな動きになると思う。めざすといい方向はそうだろう。

色々な事情でそういった手先の力みや、ぎこちない動きがある。頭でわかったからといって、すぐ全身でそうできるようになるということにはならない。いますぐこの特定の動きができるようになりたいと、目の前のできるできないの結果にのめり込むことが、かえってハンドリングが上手くなっていかない感じを呼んでいるのかもしれない。結果はいますぐに変わらないが、動きは日々、少しずつ良くしていける。身体を動かしていく。

sponsored link

ハンドリングが悪い、は漠然としている。どんなプレイでミスしやすいか、どんな動きが納得できなくてハンドリングが悪いと思い込んでいるか、までをよく見るといい。苦手な動きなら、落ち着ける場所で何度も繰り返して練習していけば、自分なりのやり方でできるようになっていく。いつもより負担のない場所、急いでプレイしなければと思わせられたり、バランスを崩されたり、いろんなことが目まぐるしく起こりすぎたりしない場所で、繰り返しやること。忙しすぎると動きを見直しづらい。

いまの自分にとって忙しすぎる環境でやると、動きを見直すことが難しい。焦らないで! もっと正確に! なんて自分に言いきかせながらプレイしても、上手くいかないだろう。いちど負担を減らすこと。場の緊張感を減らす、マッチアップ相手の強度を減らす、忙しくないチームでやる。プレイが上手くいった、いかなかっただけを見ないで、自分がどういう動きをしているかを見てみる。そうすれば、自分がこんなに力んでいたのかとか、バランスを崩していたのかとか、ふだんはこんなに焦っていたのかと気づけるかもしれない。それが大事だ。

軍手やゴム手、スーパーのお惣菜コーナーのビニールなどを手につけて練習すると、身体ははっきりとした感じを求めて注意をボールの感触に向ける。脱いだ後に素手でやってみると、普段ないくらいにボールをつかめている感じがして楽しいだろう。それはふだん、周りの忙しさに気をとられて抜け落ちている。その感じがあれば、ゲーム中にもっといろいろ出来そうだと感じるはずだ。そうなればきっと楽しいだろう。

sponsored link

関連する記事