バスケのボールハンドリングの練習を、効果的なものにするために

家でもできるバスケの効果的なボールハンドリング練習

ボールハンドリングの技術はバスケットボールでは大切だ。ハンドリングはシュート、パス、ドリブルという、基本の3つのプレイを根っこで支えている。正しくボールを扱う力を育めば、ミスを少なくし、楽しいバスケットボールを展開していける。よいハンドリングはプレイにおける、喜びの源泉の一つになる。

とにかくボールに慣れて感覚を身体になじませる、感じを自分のものにするというのはボールハンドリングの正しい上達の仕方だ。手が小さい人でもその感覚に夢中になった時間が長ければ、ハンドリングはきっと上達するだろう。ここに記すのはより効率のいい上達のための方針と、正しいボールの扱い方の一つの考え、自分の家でもできる練習方法だ。

sponsored link

効果的なボールハンドリング上達方法


ボールハンドリングの上達に大切なこと

「自分はハンドリングが下手だ、ハンドリングが上手くなりたい」と思うとき、「ハンドリング 上達方法」のようにネット検索することをいったんやめてみる。「ハンドリングが下手」は、ぼんやりとした表現だ。自分のハンドリングを省みてみるとき、なんとなく思い浮かぶ場面やプレイがあるはずだ。それを探そう。

それはパスのキャッチがしづらいということかもしれないし、誰かのようにうまくドリブルを切り返せないということかもしれない。ドリブルからのシュートがスムーズにいかないということかもしれない。「君はハンドリングが悪い、もっと技術を磨きなさい」というように、抽象的な言い方をされると、どうしていいかわからない。自分はダメなんだという感じに何となくとらわれてしまうのはよくないことだ。自分はこのプレイに問題を感じている、このときのこれをこうしたい、というように、ポイントをつかんだ感触があれば先に進みやすくなる。

そのポイント、上達したい動作について、自分がどんな風に動いているか、カメラで撮ってみる。色々な気づきがあることだろう。自分はこんなボールの持ち方をしていたのか、こんな不安定に見える頭の振り方だったのか、こんなにも焦ってせかせかした感じだったのか。ひょっとしたら自分を不格好だと思って嫌になるかもしれない。でもその不格好な、何か不安定だったり変に思えるところが、上達のための大切なポイント、手がかりになる。

もっとここをこうしたいというところが見つかれば、ビデオに撮りながら、そのイメージに向けて何度も試行錯誤するといい。はじめはゆっくりとした動作で構わない。自分が思わずしている頭の前傾や、肩の力みが見つかるかもしれない。自分の中にある感覚をとらえる、動作のクセに気づくことで、どうすればいいかわかってくる。無理にはっきりとした言葉にしなくてもいい。「頭からではなく腰で行く感じ」とか「手で打つというより胸で打つ感じ」のように、自分自身にしか言い表せない感覚を掴めればそれでいい。

桜木花道がシュート練習でやったような、「地面をグっとふんでヒザをグッといれて」という内側の感覚の把握と試行錯誤が大切だ。納得のいく動作ができるまでやってみよう。自分の望んでいることを自分で探し当てること、気づきと変化を通して内的な感覚を充実させること、望みを叶えた実感を持つこと。こういったものが自分への信頼を育むだろう。

誰もが持っている「マネをする能力」も助けになる。親子や仲のいい同士は仕草や歩くリズムが似てくる。人間は「思わずうつる」仕組みを持っている。意図的にすることもできる。例えばシュートなら、カリーの動画をよく観て、カリーに乗り移ったつもりでシュートを打ちこんでみる。カリーのリズムをマネして打ち込むと、普段と違う感覚がするはずだ。コービーに乗り移ったつもりでシュートを打つと、また違う感覚になる。みなそれぞれのリズムや身体の感覚を持っている。他人のリズムや身体感覚をマネしてみると、面白いだけでなく、「使えそうな」「自分に合っているような」感覚が見つかったりする。

NBA選手の動画だけではなく、身近にいる人のマネでもいい。憧れの先輩のリズムや体感覚をマネすると上手くなったりする。画面に映る部分より、呼吸や全体の雰囲気を観察し続けられる。上手い人と練習すると上手くなるということでもある。固い言い方をするとミラーニューロンが活性化するようだ。ただ観るよりも乗り移ったつもりになるように。これは街中で歩いている人が相手でも練習できるのでやってみるといい。内側の感覚に注意を向けるのが大事だ。

特定の動作より、いろんな状況に対応できる幅広いハンドリング技術を育みたいときは、全てを一人で学ぶのは難しい。よいコーチを探して、その人の示すものが自分に合っていると感じられれば指導を仰ごう。スクールも増えて選択肢は多くなるだろう。色々な人を多く指導して試行錯誤してきた人は、ものの観方も課題設定もフィードバックも精確になってきている可能性が高い。

人間同士のことだ、相性はある。ハードワークでアプローチする方法を好むコーチや選手もいるだろうが、あなたがそれを好むかはわからない。理屈で納得させてくれるコーチが好きな人はそういう人に、こちらの気持ちや状態に合わせたペースで進みたい人はそういう人に出会えるといいだろう。猛練習がしたい時期なら、猛練習をするコーチがいい。ただこれまで書いてきたように、「ものすごい頑張る」のではなく自分の感覚に深く集中できたり、感覚的な変化を実感できる手法をとる人を選ぶとよいと思う。

これまでのことは、個別のシュートやパスやドリブルのことについてもいえる。内側の感覚の試行錯誤が何かにつけて大切だ。考え事をしていたり、疲れ切っていたり、ストレスにさらされすぎると、自分の内側を感じ取る力が足りなくなってしまう。

参考記事:バスケのシュートのコツと、入るフォームを自分で探す方法について
参考記事:バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法とコツ

ちなみに身近にいる上手い先輩に上達のやり方を聞くのは微妙だ。指導経験がない人の教えは的が外れやすい。心身についているクセ、波長が合えばいいけれどそれは運になる。鵜呑みにするのはオススメしない。自分自身で試行錯誤することがやっぱり一番大切だ。

ハンドリングの上達について、いま言えるのはこのことくらいだ。色々な考え方、教え方の人がいる。それがいまのあなたに合ったものならよいと思う。下にマニュアルのようなものを残しておく。もっとよい伝え方をする人もいるだろうが、あなた自身の試行錯誤の参考になればいい。

ボールハンドリングとは

ボールを扱うときは、キャッチがあって、持っている時間があって、リリースがある。キャッチだけ、リリースだけといった練習が必要なこともあるかもしれない。上手くいかないクセを改善していくとき、ポイントを絞るのは有効だ。たとえばイスに座ってキャッチの練習だけをすることが、ときには有効だろう。けれど実際にはボールを身体全体で扱うことになるし、キャッチして保持してリリースするといった動作が必要になってくる(ジョイント)。限定した部分だけの反復練習が、全体としてのボールの扱いにどう影響を与えているのか、振りかえっていくといい。

手のひらを指を自然に無理のない範囲で広げる。力まずにできる範囲で手を広げる。ボールを乗せて、一番安定感のある位置を探す。ボールと自分が一番繋がっているところがある。真ん中で捉えている感じがある。安定感を感じられるということは、安心感があるということに通じる。自分がボールをコントロール可能な状態にあるという自信のもとになる。

この感覚を失ってしまうと、試合中にボールを持つことに不安になったり、ドリブルが落ち着かなくてミスになりやすい。ボールとの繋がり、安心感が切れると、力んだ状態、不自然な動作でボールを扱いやすくなる。クセを直すのは簡単じゃないので、やはりボールに慣れ親しんで、ボールの安定感を把握できるようになるのが大切だ。ストレスや気の散るような何かがあると、この安定感が切れやすくなることも覚えておくといい。

ボールを両手で持つときによく言われるやり方を説明する。

両手の親指と人差し指で三角形を作り、床に置いたボールを上から抑えて持ち上げる。このとき三角形はなるべく小さくしない。左右の手が近すぎるとボールを安定して持ちづらい。指は柔らかく広げる。手首が自然に返せて、ボールの安定を感じられる場所を探す。ボールを持つ位置を変えづらくなるので、脇を締めすぎないようにする。

ディフェンスがついてプレッシャーを受けるときは、ピボットを踏みつつ身体のミドルラインではなく、左右でボールを持つことになる。例えばミドルラインのボールを腰の右に動かせば、左手は側面からボールを下支えする形で動き、右手は親指が左手の親指よりも手前側に来る形でボールの表面をスムーズに回る。左手側では逆になる。

この説明がわかりづらく、実際にやってみて身体に合わないようであれば無視しよう。誰かのマネをしたり、目の前の自分を観たコーチにフィードバックしてもらった方がずっといい。

ボールをキャッチするときは、自分に向かってくるボールがとりやすい。腕を目いっぱい伸ばしてとるようなキャッチだと取りづらい。パスの進行方向に、自分の身体を入れることができればボールを手にしやすい。脚を動かして身体全体でボールをとらえるように。慣れてくれば身体から遠い位置のパスを片手でキャッチしたり、パスをとりやすい位置まで身体を瞬間的に反応させることもできてくる。ツーメンでのレイアップだって、みんなはじめは難しい。

両手キャッチの基本形。手のひらをパッサーに向け腕を軽く伸ばし、親指と人差し指で三角形を作ってボールを迎え入れる準備をあらかじめする。側面から挟むのではなく、両手でキャッチャーミットをあらかじめ作っておこう。いきなり速いパスが来ると腰が引けるかもしれない。ゆっくりと、少しずつ慣れていく。

自宅でできるハンドリング練習の動画

ハンドリングの自主練習の方法。下の動画ではメジャーなドリルがいくつかの種類、紹介されている。まず正確さを大切に、だんだんスピーディにできるように訓練していこう。はじめはボールを見てもいい、だんだんヘッドアップしてボールを見ないようにして。回数や時間でこなしてしまわないように。身体の感覚を確かにしていくためのものだと忘れないように。





軍手やゴム手、スーパーのお惣菜コーナーのビニールなどを手につけて練習すると、身体ははっきりとした感じを求めて注意をボールの感触に向ける。脱いだ後に素手でやってみると、普段ないくらいにボールをつかめている感じがして楽しいだろう。その感じがあれば、ゲーム中にもっといろいろ出来そうだと感じるはずだ。そうなればきっと楽しいだろう。
sponsored link

関連する記事

シュートマジック

ディレイオフェンス